広瀬新竜王に対して糸谷八段が右玉で迎え撃つ!

プロの右玉

2018年12月25日に行われたA級順位戦広瀬竜王-糸谷八段戦で、糸谷八段が右玉を採用してくれた。
糸谷八段は角換わりの名手で、右玉もちょくちょく採用することでも有名。右玉党としては、対振り飛車用右玉・糸谷流右玉で知っている人も多いだろう。
対する広瀬竜王は、羽生九段から竜王を奪取したばかり。レーティングもトップクラスで現代最強棋士の1人と言えよう。

というわけで、棋譜は以下からどうぞ。
2018-12-25 順位戦広瀬章人 竜王 vs. 糸谷哲郎 八段 第77期順位戦A級6回戦

一手損角代わり vs 早繰り銀へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・v馬 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=6  △8八馬  まで

対局は糸谷八段の一手損角代わりでスタート。
糸谷八段は、現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~という著書もあるくらい、一手損角換わりのスペシャリストだ。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=17  ▲4六銀  まで

対する広瀬竜王は早繰り銀で対抗。
というのも早繰り銀は一手損角代わりの天敵ともされていて、それが一手損角代わりの減少の理由の1つになっている。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=23  ▲3五歩  まで

最小限の囲いで広瀬竜王が仕掛け。この歩は素直に取るしかない。この局面はほぼ互角。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=26  △8一飛  まで

糸谷八段は8一飛と引く。
ここで先手の攻めの手は3四歩と2四歩がある。
気になるのは、2四歩の進行。

一例を上げると2四歩、同歩、同銀、同銀、同飛、2三歩打、2八飛と進む。

変化図
後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩二 
後手番
手数=33  ▲2八飛  まで

この局面で右玉に囲うのが一局だが、6五桂か8五桂が成立しそう。評価値はほんのわずかに後手だが、ほとんど互角だ。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=27  ▲3四歩  まで

というわけで、広瀬竜王は3四歩打を選択した。

後手は右玉へ

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=30  △6二玉  まで

先手が7八金とした局面で、後手は6二玉と右玉へ。
これで早繰り銀 vs 右玉の戦いになった。

この時点での評価値は互角だが、先手が200点ほどよし。

歩交換後に反撃のタイミングがあるかもしれない

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=33  ▲2四銀  まで

先手から2四歩、同歩、同銀と歩交換してきた場面。ここで糸谷八段は2三歩打と収める。

ここは意外と勝負どころで、2三歩打、3五銀と引いた局面は先手がよさそう。
というわけで、この局面をソフトに深く読ませてみた。

変化図
後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=34  △5五角  まで

ソフトの候補手は5五角打! 同じ局面になったらぜひ指してみてほしい手。
先手の対応は4六角打しかなく、ほかの手は後手有利になる。
具体的には、1八飛は2七歩打、3七角打は同角成、同桂、3六歩打だ。

4六角打に対しては、同角、同歩、3七歩と垂らす。

変化図
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 ・v歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=38  △3七歩  まで

同桂は3六歩打がある。
先手の対応は4七角打が最善手だが、先手としても打ちにくい角だろう。
いずれにしても先手は角を手放す手が必要になるので、後手としても面白い。

なお、この歩を放置してしまうと、2七歩打、同飛、3八歩成があって後手成功だ。

先手がじりじりと優勢を広げる

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩 銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 角 歩 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
後手番
手数=47  ▲5六角  まで

少し進んで先手は5六角打
この角打ちは対右玉の常套手段。この時点でソフトの評価値は先手よりの+500超え。右玉作戦負けの局面と言えるかもしれない。

先手確実に受ける

後手の持駒:歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v玉v歩 ・v歩 ・v歩|三
|v歩v飛v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩v角 歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 飛 歩|七
| ・ ・ 金 金 ・v全 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 角 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩二 
後手番
手数=83  ▲6五銀  まで

終盤戦。糸谷八段は鋭い手を連発するが、広瀬竜王は確実に受ける。

後手の持駒:歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v玉v歩 ・v歩 ・v歩|三
|v歩v飛v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩v角 歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 飛 歩|七
| ・v歩 金 金 ・v全 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 角 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩二 
手数=84  △8八歩  まで

まずは、8八歩打
この歩を取ってしまうと、一気に逆転。同たまなら6八角成が空き王手。
同金は、6八角成、同玉、8八飛成で先手崩壊だ。

後手の持駒:歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v玉v歩 ・v歩 ・v歩|三
|v歩v飛v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ 歩 ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩v角 歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 飛 歩|七
| ・v歩 金 金 ・v全 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 角 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩 
後手番
手数=85  ▲8五歩  まで

広瀬竜王は8五歩打。これがソフトも推奨の上手い切り返し。局面は8九歩成、同玉で6八角成と勝負。

後手の持駒:金 桂 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v玉v歩 ・v歩 ・v歩|三
|v歩v飛v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ 歩 ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 飛 歩|七
| ・ ・ 金v馬 ・v全 ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ 角 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩二 
手数=88  △6八馬  まで

先手が馬を取ってくれれば逆転模様だが、8四歩と飛車を取るのが冷静だ。

広瀬竜王、華麗に決める

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v玉v歩 ・v歩 ・v歩|三
|v歩 歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|六
| ・ 金 ・ ・ ・ ・ 歩 飛 歩|七
| 玉 ・v金v馬 ・v全 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 角 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 銀 桂 歩四 
手数=96  △6四歩  まで

後手は玉を追ったところで6四歩打と受ける。後手玉に詰みはない。
広瀬竜王はどのように寄せたか考えてみて欲しい。3手目を見て糸谷八段は投了した。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ 飛v桂v玉v歩 ・v歩 ・v歩|三
|v歩 歩v歩v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|六
| ・ 金 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|七
| 玉 ・v金v馬 ・v全 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 角 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩四 
後手番
手数=99  ▲2四飛  まで

8三飛打、7三桂打に2四飛!
盤上の駒を活用する好手で先手に受けはない。6五歩は6四歩打から17手詰み

というわけで、広瀬竜王の快勝になってしまったが、右玉NOWは糸谷八段を応援します!