石井健太郎五段が後手右玉を採用し千日手に持ち込む

セカステ右玉

2019年4月26日に行われた竜王戦5組ランキング戦で、石井健太郎五段が後手み玉を採用してくれた。
石井五段は居飛車と四間飛車を指す少し変わったタイプで、四間飛車の棋書もある。
対する都成竜馬五段はこの春から将棋フォーカスの司会を担当。イケメン棋士としても有名だ。
本局の見どころは中盤の歩の好手、右玉のお手本となる攻め。一方で先手の受けの技術にも注目してほしい。

というわけで、棋譜は以下からどうぞ

2019年4月26日竜王戦5組ランキング 都成竜馬五段-石井健太郎五段

セカステ右玉から一般的な右玉へ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v玉 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v銀v角v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・ ・|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 歩 ・ 角 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=37  ▲3七角  まで

序盤は角換わり拒否の相腰掛け銀。ソフトによるとこの局面はやや後手がよいらしい。9筋の歩突き越しを評価しているのだろうか?

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v銀v角v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 歩 歩 角 歩|六
| 歩 歩 銀 金 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=46  △6二玉  まで

後手は右玉へ組み換え。最近たまに目にするセカステ右玉の形。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v角v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 角 歩|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=52  △6三銀  まで

後手はさらに組み替えて一般的な右玉の形になる。

右玉、歩の好手によって互角局面へ引き戻す

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v角|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ 歩 銀v歩v歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 銀 金 ・ ・ ・ ・ 角|七
| 香 玉 金 ・ ・ ・ 飛 ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 
後手番
手数=75  ▲3八飛  まで

少し進んで上の局面。後手の右玉側に好手があった。石井五段は逃さず指す。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v角|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ 歩 銀v歩v歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・v歩 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 銀 金 ・ ・ ・ ・ 角|七
| 香 玉 金 ・ ・ ・ 飛 ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 
手数=76  △4六歩  まで

4六歩の垂らし!
この手が好手。後手は長考の末、3筋に寄ったばかりの飛車を戻す。結果、わずか1歩で3手稼いだことになった。

参考になる右玉の攻め

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v角|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ 歩 銀v歩v歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 銀 金 ・ ・ ・ ・ 角|七
| 香 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 
後手番
手数=79  ▲4六飛  まで

上図からの石井五段の攻め筋は右玉党にとって参考になる。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v角|三
|v桂 ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ 歩 銀v歩v歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 銀 金 ・ ・ ・ ・ 角|七
| 香 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 
手数=80  △9四桂  まで

まずは歩の突き越しを活かした桂馬の設置。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v角|三
|v桂 ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 銀v歩v歩 ・|五
| ・v歩 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 銀 金 ・ ・ 桂 ・ 角|七
| 香 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=82  △8六歩  まで

先手も3七桂打から打開を目指すが、そこで、8六歩。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v角|三
|v桂 ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ 歩 銀v歩v歩 ・|五
| ・ 歩 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 ・ 銀 金 ・ ・ 桂 ・ 角|七
| 香 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=84  △8五歩  まで

同歩に同桂とは取らず、8五歩と継ぎ歩をすることがポイントだ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v角|三
|v桂 ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 銀v歩 桂 ・|五
| ・v歩 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ 角|七
| 香 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=86  ▲2五桂  まで

先手は相手すると攻めが加速してしまうため、2五桂と攻め合いに。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
|v桂 ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩vと 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩四 
手数=90  ▲8七と  まで

1三桂成、同香、3五角と進んだところで、香取りは放置し、8七歩成と軽妙な成り捨て。

後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
|v桂 ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・v歩 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 金 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩五 
手数=92  △8六歩  まで

同金に8六歩打が痛打。

後手の持駒:金 銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・v飛 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩六 
手数=96  △8六飛  まで

同銀、同桂、同金、同飛で一気に相手の守備駒を剥がすことに成功した。

右玉、一気に寄せに入る

後手の持駒:金 銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・v飛 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩五 
後手番
手数=97  ▲8七歩  まで

図は8七歩打としたところ。ここで8一飛と大人しく引くてもありそうだったが、石井五段は寄せを選んだ。

後手の持駒:金 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・v飛 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩五 
手数=98  △7九銀  まで

7九銀打。ギリギリの攻めだ。同玉は先手の持駒に金がなく、後手優勢。

後手の持駒:金 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・v飛 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩五 
後手番
手数=99  ▲7七玉  まで

というわけで、先手は7七玉と逃げる。
大人しく8一飛と引いて後手がわずかに良さそうだったが、ここで8五桂跳ねの勝負手を選択した。

先手、ギリギリの受けで千日手へ

後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
| ・v金v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩v桂 ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・ 玉 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 桂 歩五 
手数=102  △8四金  まで

上図は8六玉と飛車を取ったところで、8四金と押さえた局面。
次の9四桂がぱっと見で受けにくい。受けの好手はを考えてみてほしい?

後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
| 桂v金v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩v桂 ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・ 玉 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ 桂v銀 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 歩五 
後手番
手数=103  ▲9四桂  まで

9四桂打!
敵の打ちたいところに打て、の格言を地で行く桂捨てが好手。
同香は9八飛があるため、同金とするしかないが……。

後手の持駒:桂二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉v金v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・ ・v香|三
|v金 ・v歩v歩 ・ 歩 歩 ・v歩|四
|v歩v桂 ・ ・ 歩 銀 角 ・ ・|五
| ・ 玉 歩 歩 ・ 飛 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 桂 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 歩五 
後手番
手数=105  ▲7七桂  まで

7七桂打がさらなる受けの好手。
後手は7三桂打と繋ぐが、8五桂からの千日手コースに入り、117手で千日手が成立した。

指し直し局は相振り飛車となり、糸谷流右玉風の指し回しで石井五段が勝利した。

というわけで、右玉NOWは石井五段を応援します!