佐々木大地四段が右玉で広瀬竜王を撃破!

プロの右玉

2019年1月18日の王位戦予選で、佐々木大地四段が広瀬竜王に対して、変則的ながら右玉を採用してくれた。

佐々木大地四段といえば、若手強豪。本対局の直近12戦で11勝1敗と好調だ。
昨年度は王位戦挑戦者決定リーグにも進出している。

一方の広瀬竜王は言わずとしてれた現役最強棋士の1人。

本対局は角換わり腰掛け銀の同型から後手が右玉に変化し、薄い陣形ながら広さを生かす展開に。
厳密には右玉かどうか微妙だが、右玉感覚が重要になってくる一局だったと思われる。

というわけで、棋譜は以下からどうぞ。
2019-01-18 王位戦広瀬章人 竜王 vs. 佐々木大地 四段 第60期王位戦予選

序盤は角換わり腰掛け銀の同型模様

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=37  ▲6八玉  まで

序盤は角換わり腰掛け銀。4八金型と6二金型という最先端の形だ。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=39  ▲7九玉  まで

後手は中住まい、先手は7九玉と変化する。

後手、特殊な形の右玉へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=46  ▲6二玉  まで

先手は入城。後手は飛車を4筋に転回し、6二玉と寄せて右玉へ。
この形が右玉かどうかは微妙なところだが、右玉NOWでは右玉ということにさせてもらおう。
薄い右玉に対して後手のほうが堅いイメージですでに評価値に差がありそうなイメージがあるが、ソフト的にはほぼ互角。後手としては十分な形かもしれない。
ただし、アマチュアがこの形をまとめ切るのは難しいだろう。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・v銀v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=49  ▲4五歩  まで

先手も飛車を4筋に回し、後手が銀を引いたところで先手から4五歩の仕掛け。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v銀v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=52  △4四銀  まで

後手は同歩と取らず、4三銀、4四歩、同銀と進む(上図)。
ここまでは自然の進行だ。
モバイル中継アプリによると、次の広瀬竜王の手が問題だったようだ。
この時点でのソフト評価値は-1。千日手を中心に読んでいる。

自然に見える広瀬竜王の緩手

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v銀v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=53  ▲4五歩  まで

先手は4五歩打。
自然な一手にしかみえないが、この手が緩手。評価値はそのままなので悪手とまではいえないだろう。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=55  ▲6七銀  まで

3三銀引きに対して6七銀。
ソフト的にはこの手が悪手である。4七銀引きならば互角のままだった。
6七銀には、桂頭を狙う3五歩が成立してしまう。

佐々木四段、好手の連続

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ 桂 角 ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=57  ▲2七角  まで

3五歩に対して、2七角打。
ここで角を打たなければならないとなると、先手がかなり苦しいだろう。
この時点ではソフト評価値は後手に600(後手有利)。
次の佐々木四段の一手もさすがの好手だった。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩v角 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ 桂 角 ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=58  △2六角  まで

2六角打!
これがソフトも推奨する好手。
4七金や4七飛は、4六打があるため、先手は3八飛と回って受けるしかない。
続く一手も素晴らしい。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩v歩 歩v歩|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩v角 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ 桂 角 ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=60  ▲1五歩  まで

1五歩!
この手以外は互角に戻ってしまう。2六角打からの継続手だだろう。
同香とすると、1七角成がある。これは先手崩壊。
同歩とする手には、1六歩打。同角が最善手となるが、1五香と走る手がある。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩v歩|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・v角 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ 桂 角 ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=62  △1六歩  まで

広瀬竜王は仕方なく3五歩としたが、1六歩が入った。

広瀬竜王、強手の連続

優勢を築く佐々木四段だが、後手の陣形も薄い。ここから広瀬竜王がさすがの強手連続で迫っていく。

後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 角 歩v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ 桂 ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=67  ▲5四角  まで

1七歩成に対して5四角と角切り。

後手の持駒:角 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 歩v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=69  ▲4五桂  まで

同歩に対して4五桂!
同銀とトルと、3二飛成があるので、これは取れない。
後手としては先手を取る3七歩打と3五歩打で悩ましいところだ。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金 ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 歩v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 銀 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
手数=70  △3五歩  まで

佐々木四段は迷って3五歩打。こちらも正解手だった。
さらに進んで次の局面。

後手の持駒:角 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金 ・v飛 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩 ・v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・v歩 ・ 桂v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 
手数=76  △6五歩  まで

6五歩、同歩とした局面。次の広瀬竜王の手は驚き。

後手の持駒:角 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金 ・v飛 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩 ・v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・ 銀 ・ 桂v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=77  ▲6五銀  まで

なんと6五銀!
銀を犠牲に歩を入手する強手。

後手の持駒:角 銀 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v金 ・v飛 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 歩v歩 ・v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・v桂 ・ 桂v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 
後手番
手数=79  ▲6四歩  まで

同桂に6四歩打がかなりうるさい。後手優勢は間違いないが、少し間違えてしまうと逆転してしまう。

後手の持駒:角 銀 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ 銀v飛 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v金v歩 ・v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・v桂 ・ 桂v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=81  ▲5三銀  まで

佐々木四段は堂々と同歩。5三銀打が継続手。
ここの対応も難しい。

後手の持駒:角 銀二 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v金v歩 ・v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・v桂 ・ 桂v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=82  ▲5三飛  まで

佐々木四段は同飛と精算を選ぶ。後手は飛車の打ちどころが多いだけに怖いが、この手が一番良さそうだ。

佐々木四段が隙きを見せずに完勝!

後手の持駒:角 銀二 桂 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ 飛 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v金v歩 ・v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・v桂 ・ ・v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=85  ▲5一飛  まで

先手は5一飛打。先手陣はまだ遠く、駒割も回復されてしまうのでここからの対応も重要だ。

後手の持駒:角 銀三 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v金v歩 ・v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩v桂 ・ 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 桂 ・ 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ 飛 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 香 
手数=90  △6六桂  まで

4三玉、9一飛成に7六桂成を敢行。同桂に6六桂打と攻め合いを目指す。

後手の持駒:銀三 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v金v歩 ・v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩v桂 ・ 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 桂 ・ 歩v角 ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 金 ・ ・ 飛 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 香 
手数=92  △4七角  まで

6八金に、6八桂成とせず、4七角打と飛車取りをかけた手がまた好手。
先手は飛車を取られると入玉を防げないが、飛車を逃げている余裕もない。

後手の持駒:飛 銀三 桂 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 龍 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v金v歩v玉v銀 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩v桂 ・ 歩 ・v角 ・|六
| ・ 歩 桂 ・ 歩 ・ ・ ・vと|七
| ・ 玉 金 金 ・ ・v馬 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 香 
手数=98  ▲3八馬  まで

以下、4一龍、4二歩打、4四桂打、同玉、3二龍で、3八角成と飛車を取った時点で広瀬竜王は投了。持駒も足りず、投了はやむなしだろう。

というわけで、佐々木四段が右玉で、現在最強とも言える広瀬竜王完勝した一局。
右玉NOWは、佐々木四段を応援します!