ミギー

右玉次の一手

右玉次の一手 飛車先交換の大きなスキを見逃さない

久々に右玉次の一手を紹介。右玉初心者向け。 アマ同士の対局からで、テーマ図は以下の通り。 後手の持駒:角 銀 歩 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香...
プロの右玉

斎藤明日斗四段、角換わりなしの右玉を採用! 最後は長手数の詰みを読み切り勝利

2019年12月5日に行われた順位戦C級2組で、後手番の斎藤明日斗四段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 斎藤明日斗四段は2017年に19歳でプロ入りした若手棋士で、現在は21歳。現役棋士では藤井聡太七段の次に若い棋士となる。 ...
コラム

「棋譜利用に関するお願い」で個人情報の取扱いへの同意が追加されていた

2019年9月13日に日本将棋連盟の公式ホームページで通知された「棋譜利用に関するお願い」。 公益社団法人日本将棋連盟と各社が主催する棋戦で作られる棋譜は両者の共通の財産であり、棋譜の無断使用は両者の財産を損なう恐れがあります。 商業...
2019.12.07
右玉対策の対策

角換わり右玉に対し、積極的に▲6六銀としてきた場合の対策

角換わり右玉に対して、先手が積極的に▲6六銀としてくる対策だ。▲6六歩とするのが普通で、右玉側からしても?となる手だが、たまに見かける。意外とやっかいな相手でもあるのだ。
ソフトの右玉

水匠改2 vs Kristallweizen(白ビール)の超次元将棋で右玉登場!

先日、水匠改の作者であるたたやんさんが以下のようなツイートをされていた。 第二局、水匠改2の先手。相掛かり6八玉に対し、後手は右玉の構え。私には全くわからないやり取りの末、201手にて先手の勝ち。これで1勝1敗。 たややん@水匠+NN...
プロの右玉

佐藤康光会長の独創的な右玉! 最終盤は千日手の筋もあった!?

2019年11月22日に行われた順位戦A級で、先手の佐藤康光九段がかなり変則的な右玉を採用してくれたので紹介したい。 佐藤康光九段は現在、日本将棋連盟会長。羽生世代の一流棋士で、独創的な序盤戦術でファンに人気だ。右玉の採用も多いが、一...
2019.11.23
7二金型

糸谷哲郎八段、再び一手損角換わりの課題局面へ! 7ニ金型右玉は羽生九段で始まって羽生九段で終わる?

※2019年12月7日に毎日新聞社様から局面図の許諾をいただけましたので追記しました。 2019年11月19日に行われた王将戦挑決リーグ、羽生善治九段 vs 糸谷哲郎八段戦で、一手損角換わりの課題局面となったので紹介したい。 ちなみ...
2019.12.07
プロの右玉

舟囲いから右玉へ!? 梶浦宏孝五段の自由過ぎる右玉! 最終盤には恐るべき罠が

2019年11月14日に行われた順位戦C級2組の対局で、後手番の梶浦宏孝五段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 梶浦宏孝五段は24歳の若手棋士。師匠は振り飛車党の鈴木大介九段だが、本人は居飛車党。相掛かり系の将棋が多い。 対...
プロの右玉

飯塚祐紀七段、順位戦で角換わり右玉を採用して勝利!

2019年11月13日に行われた順位戦B級2組の対局で、飯塚祐紀七段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 飯塚祐紀七段は居飛車党のベテラン棋士。棒銀を得意とし、「最強棒銀戦法」は名著といわれる。解説者としても人気が高い。奨励会は羽生...
プロの右玉

木村一基王位、A級順位戦で右玉を採用! 超難解な玉頭戦を経て、最後は三手詰の見逃し!?

木村一基王位が2019年11月15日に行われたA級順位戦の大舞台で右玉を採用してくれたので紹介したい。 木村王位といえば、最年長初タイトルを獲得し世間の話題をさらった人気棋士。受けに強く、右玉の採用率も高い。王位獲得後、最初の対局も右...
2019.11.17
スポンサーリンク