プロの右玉

セカステ右玉

中澤沙耶女流初段、先手セカステ右玉で攻め切り快勝!

2019年6月15日は、モバイル中継された対局のうち、3局が右玉という右玉党にとっては歴史的な日になった。 これで、人類は右玉を指す人間とそうでない人間の2種類に大別できるといっても過言ではないだろう。 今回は3局の右玉のうち、YA...
セカステ右玉

木村一基九段、A級順位戦でセカステ右玉を採用!

2019年6月14日、A級順位戦1回戦 渡辺明二冠 vs 木村一基九段戦で、後手の木村九段が右玉を採用してくれた。 木村一基九段といえば、「おじさん」や「おじおじ」の愛称でも人気。 先日の王位戦挑戦者決定戦では羽生九段を破り、タイト...
2019.06.16
セカステ右玉

阿部健治郎七段が珍しい先手セカステ右玉を採用!

2019年6月11日に行われた王将戦一次予選 阿部健治郎七段 vs 西尾明七段戦で、先手の阿部七段が右玉を採用してくれた。 阿部健治郎七段といえば、序盤研究家として有名で、三浦九段との共著もある。 1月の竜王戦では、羽生九段に対して...
プロの右玉

右玉の手筋も! 羽生九段を破った米長邦雄永世棋聖の右玉(1996年将棋日本シリーズ)

今回も少し古い右玉の名局を紹介したい。 舞台は1996年の将棋日本シリーズの羽生善治六冠(当時) vs 米長邦雄九段(当時)。 後手の米長九段が右玉を採用し、積極的に攻めていった一局で、右玉党にとって参考になる手筋もあり、並べる価値...
プロの右玉

もはや伝説とも言える升田-大山戦でも右玉が指されていた!(1956年王将戦)

大山康晴と升田幸三。 昭和を代表する大棋士の2人だが、実は右玉も指している。 1956年(昭和31年)の王将戦だ。 右玉を採用したのは後手の大山康晴名人(当時)。言わずとしれた昭和の大名人で、公式タイトル80期、通算1433勝とい...
プロの右玉

90年前にも右玉があった! 1919年に指された右玉を解析

記録に残る一番古い右玉の棋譜はなんだろう? と思い立って調べてみたら、将棋DB2に1919年(大正8年)に指された右玉の棋譜が残っていた。 今から90年前にも右玉は存在したのだ! これが右玉最古の棋譜というわけではないかもしれないが...
プロの右玉

伝説のネット棋士dcsyhi(デクシ)の攻める角換わり右玉

ネット上の伝説の棋士dcsyhi(デクシ)。 あまりも有名なので詳細は他のサイトを見てもらうとして、簡単に説明すると2002年~2004年ごろにネット将棋の将棋倶楽部24に出現し、あまりの強さから伝説となった謎の棋士のことである。 ...
プロの右玉

佐々木大地五段、右玉から飛車捨ての鬼手も実らず

右玉ファンにはお馴染み、佐々木大地五段がまたしても右玉を採用してくれました! 舞台は王将戦一次予選。勝てば藤井聡太七段と決勝を争うことになる。 佐々木大地五段は前日に24歳になったばかりの若手ホープ。おそらく、現在のプロ棋士の中で一...
プロの右玉

佐藤康光会長の糸谷流右玉風の指し回し

2019年5月28日に行われた竜王戦1組出場者決定戦で、佐藤康光会長が対振り飛車で糸谷流右玉に似たユニークな作戦を採用した。 似ているだけで右玉ではないが、糸谷流右玉使いの人に役に立つ手筋もあるので紹介したい。 棋譜は以下からどうぞ...
プロの右玉

AbemaTVトーナメントから伊藤沙恵女流三段の攻める右玉を紹介!

2019年5月26日に公開された第2回AbemaTVトーナメントにて、伊藤沙恵女流三段が右玉を採用してくれた。 AbemaTVトーナメントとは、持ち時間5分、一手指すごとに5秒追加されるフィッシャールール採用の超早指し戦(非公式戦)。...
スポンサーリンク