プロの右玉

右玉の感覚を身に着けたいならば、プロの右玉を実際に並べてみることが一番。右玉NOWでは将棋ソフトの力を借りて独自の解説を付けているので参考になるだろう。プロだけでなく、女流棋士、トップアマの棋譜も紹介する。

プロの右玉

A級順位戦稲葉-羽生戦はまさかの相右玉。羽生九段の攻める右玉が炸裂!

2019年8月23日に行われたA級順位戦、稲葉陽八段 vs 羽生善治九段戦が相右玉となったので紹介したい。 A級順位戦といえば棋界最高峰のリーグ。そのような場で相右玉が出現するとは感慨深い。 本局は羽生九段の一手損角換わり右玉か...
プロの右玉

飯塚祐紀七段、風車右玉で優勢に進めるも深夜にドラマが!

2019年8月21日に行われた順位戦B級2組の対局で、飯塚祐紀七段が風車右玉を採用してくれたので紹介したい。 飯塚祐紀七段は棒銀を得意とする居飛車党。対振り飛車でも棒銀を使い、棒銀の著書もある。 対するのは若手強豪の近藤誠也六段...
プロの右玉

渡辺明三冠、後手右玉から機敏に仕掛け、圧巻の指し回しで快勝!

2019年8月20日に放送された銀河戦で、渡辺明三冠(対局時は二冠)が後手右玉を採用してくれて、快勝したので紹介したい。 渡辺明三冠は現在、豊島名人と並ぶ棋界のトッププレイヤー。竜王戦9連覇時代を超える全盛期を迎えていると言っても過言...
プロの右玉

佐藤康光会長の矢倉風出だしからの変則右玉

2019年8月13日に行われた王位戦の予選で、先手の佐藤康光九段が変則的ながら右玉を採用してくれたので紹介したい。 佐藤康光九段は現在将棋連盟会長。変態とも称される独特の序盤が特徴。 対するのは真田圭一八段。居飛車党で竜王戦挑戦の経...
プロの右玉

藤井聡太七段が対局した日本シリーズの小学生高学年部門決勝で右玉!

2019年8月11日、将棋日本シリーズの公開対局三浦弘行九段 vs 藤井聡太七段の対局が福岡国際センターで行われたが、それに先駆けて「テーブルマークこども大会」も開催された。 その高学年部の決勝戦で、後手の少年が右玉を指してくれたので紹介...
プロの右玉

中村修九段、先手の雁木右玉で攻め切って快勝!

2019年8月9日に行われた朝日杯オープン戦一次予選で、中村修九段が先手右玉を採用したので紹介したい。 中村九段は王将位の経験があるベテラン棋士。かつては「受ける青春」と呼ばれたことも。強豪ぞろいの55年組の1人。 対するのは宮...
プロの右玉

島朗九段、相掛かりから右玉へ変化して千日手へ導く

2019年8月6日に行われた順位戦C級1組の対局で、後手の島朗九段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 島九段といえば初代竜王であり、羽生九段や佐藤会長、森内九段も参加していた研究会「島研」でも有名。また、伝説の序盤研究書「角換わり...
セカステ右玉

高見泰地七段、セカステ右玉で快勝! 先手は中盤の勝負手を逃したか

2019年8月8日に行われた順位戦で高見泰地七段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 高見泰地七段は初代叡王として一気にスターダムへのし上がった若手のホープ。居飛車党である。 対するのは遠山雄亮六段。はやくから自分のブログを公開し...
プロの右玉

順位戦で都成竜馬五段が右玉を採用! 端攻めへの対応は?

2019年8月6日に行われた順位戦C級1組の対局で、都成竜馬五段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 都成五段は奨励会時代に新人王獲得経験のある実力者。「都成流」と呼ばれる序盤戦術でも知られる。さらにはイケメン棋士としても有名。 ...
プロの右玉

大棋士・中原誠十六世名人、現役最後の対局は先手右玉だった

今回は中原誠十六世名人の現役最後の対局となった一局を紹介したい。 中原誠十六世名人は「棋界の太陽」と呼ばれ、タイトル獲得64期の大棋士。居飛車本格派で、桂使いの名手でもある。林葉直子への突撃(突入)事件でも有名。 対するのは木村...
スポンサーリンク