プロの右玉

プロの右玉

畠山鎮七段、相掛かりから右玉へ変化!

2018年12月3日に開催された朝日杯将棋オープンの二次予選山崎隆之八段-畠山鎮七段戦で、畠山鎮七段が相掛かりからの右玉を採用してくれた。 畠山鎮七段といえば、双子の棋士として有名。「マモルは攻める」という言葉がある通り、攻め重視の棋...
プロの右玉

A級順位戦で佐藤九段が雁木右玉で勝利!

2018年11月22日に開催されたA級順位戦の大舞台で、佐藤康光九段が雁木右玉を採用した。 佐藤九段は現将棋連盟会長。羽生世代の強豪で、独創的な序盤が魅力。 対する三浦九段もA級の強豪。ソフト冤罪事件で被害も受けたが最近は復調中。 ...
プロの右玉

竜王戦5組昇級戦で青嶋未来五段が右玉!

2018年11月7日に行われた竜王戦5組昇級者決定戦船江六段 vs 青嶋未来五段戦で、後手の青嶋五段が右玉を採用してくれた。 青嶋五段と言えば、「現代右玉のすべて」で右玉党にはお馴染みの右玉のホープ。 対船江六段には、2016年の叡...
プロの右玉

新人王戦トーナメントで伊藤匠三段が対振り右玉を採用!

新人王戦の谷合廣紀三段と伊藤巧匠三段戦で、伊藤三段が振り飛車相手の右玉を採用したので紹介したい。 新人王戦は、26歳六段以下の若手棋士、奨励会三段成績上位者と赤旗名人、女流枠がある公式棋戦。昨期は藤井聡太七段が優勝したことにも話題となった...
2018.11.19
プロの右玉

第二回叡王戦五段予選決勝から青嶋五段の8二金保留型右玉を紹介!

以前紹介した以下のエントリの続きとなる、青嶋五段の右玉を紹介したい。 叡王戦五段予選の準決勝で船江恒平五段を先手右玉で下した青嶋五段は、千田五段に対しても右玉で対抗した。 対局相手の千田五段はコンピュータ将棋に精通した若...
2018.11.07
プロの右玉

石井健太郎五段が角換わり右玉で渡辺棋王に勝利!

王位戦予選トーナメント、渡辺明棋王と石井健太郎五段の一局で、石井五段が角換わりから右玉を採用してくれた。 渡辺棋王と言えば、永世竜王の資格を保持するトップ棋士。羽生竜王と藤井七段と比較すれば、世間の知名度は低いかも知れないが、将棋ファ...
プロの右玉

加古川青流戦決勝で藤井聡太七段のライバル大橋貴洸四段が4七金型右玉!

加古川青流戦の決勝三番勝負第2局、大橋貴洸四段 vs 梶浦宏孝四段戦で、大橋四段が4七金型の変則右玉を採用してくれた。 大橋四段は現時点(2018/10/22)で勝数ランキングが藤井七段と並ぶ2位の若手ホープ。藤井七段との対戦成績は2...
プロの右玉

王将戦リーグで現役最強の豊島二冠が右玉を採用!

王将戦の挑戦者決定リーグの広瀬章人八段 vs 豊島将之二冠の一局で、豊島二冠が右玉を採用してくれた。 2人は棋士レーティングの1位と2位。 現将棋界最高峰の戦いで右玉が登場したことは喜ばしいところ。 豊島二冠は、現在唯一となる...
プロの右玉

王位戦で阿久津主税八段が変則的右玉を披露!

2018年10月18日に開催された王位戦予選で、阿久津八段が右玉を採用してくれた。 阿久津八段と言えば、実力トップクラスのA級棋士。A級リーグでは大苦戦しているが、トップ棋士であることは間違いない。余談だが、阿久津八段とはミギーがかつて所...
プロの右玉

第二回叡王戦予選から青嶋五段の先手右玉を紹介!

今回は2016年8月3日に行われた叡王戦五段予選準決勝の船江恒平五段 vs 青嶋未来五段の一局を紹介したい。 船江五段(当時)は「ふなえもん」の愛称で人気。電王戦参加棋士でもある。 一方、青嶋五段は右玉党にお馴染み「現代右玉のすべて...
2018.10.17
スポンサーリンク