対早繰り銀

対早繰り銀

右玉党が知っておきたい一手損角換わり対早繰り銀からの四間飛車・初級編

一手損角換わりに対して、先手が早繰り銀で最短に攻めてきた場合、即右玉にするのは苦しい。具体的には以下のエントリを参考にしてほしい。 具体的な局面は以下。 後手の持駒:角 9 8 7 6 5 4 3 2 1 ...
2019.11.08
プロの右玉

渡辺大夢五段、一手損角換わり右玉を採用! 右玉党テーマの序盤に

2019年11月1日に行われた王位戦予選で、渡辺大夢五段が右玉を採用してくれたので紹介したい。 (ちなみにこの日に指された右玉は公開されている棋譜だけで3局! 右玉デーである) 渡辺大夢五段は、奨励会三段リーグで2回の次点を取ってフ...
対早繰り銀

一手損角換わり右玉 vs 8八銀・6八玉型早繰り銀 右玉にするのは厳しい?

一手損角換わり7二金型右玉に対して早繰り銀で攻めるのは常套手段だが、8八銀・7八銀型で攻めてくる作戦はかなりやっかいだ。
2019.11.05
7二金型

阿部光瑠六段、先手番で3八金型右玉採用! 銀矢倉に引っ越しするも最後は力尽きる

2019年10月4日に行われた叡王戦六段予選で、先手の阿部光瑠六段が3八金型右玉を採用してくれたので紹介したい。 阿部光瑠六段は16歳でプロ入りした俊英。オールラウンダーで右玉の採用も比較的多い。対するのは村中秀史六段。最近、YouT...
7二金型

羽生流7二金型右玉を斉藤慎太郎王座が採用! しかも対局者は羽生九段!

2019年7月20日に行われた将棋日本シリーズで、斎藤慎太郎王座が右玉を採用してくれた。 この対局で驚くべきことは、羽生九段が2回採用ししたことがある対早繰り銀7二金型右玉を、斉藤王座側が持ったこと。そして、その対局相手が羽生九段本人とい...
7二金型

稲葉陽八段が7二金型右玉を採用! 課題局面ならずも最後は見事に寄せる!

2019年7月19日に行われた棋王戦挑戦者決定トーナメントで、稲葉陽八段が7二金型の右玉を採用してくれた。 稲葉八段といえば、順位戦A級のトップ棋士。タイトル獲得こそないが、2017年度には名人挑戦も果たしている。8月には新型雁木のす...
プロの右玉

A級順位戦で糸谷哲郎八段が後手番一手損角換わり右玉を採用!

2019年7月4日のA級順位戦ので、後手番の糸谷哲郎八段が一手損角換わり右玉を採用してくれた。 糸谷八段といえば、右玉使いの代表格。A級の大舞台で右玉を期待していたが、見事に応えてくれた。本年度はここまで4勝0敗と好調だ。 対す...
プロの右玉

青嶋未来五段、早繰り銀に対して後手右玉で受け切って快勝!

2019年7月2日に行われた順位戦C級1組の対局で、青嶋未来五段が後手右玉を採用してくれた。 青嶋五段といえば、「変幻自在! 現代右玉のすべて」の著者として知らぬ者はいない棋士。その青嶋五段の右玉といえば、注目せざるを得ない。 ...
プロの右玉

2019年1月の順位戦より豊川孝弘七段の対早繰り銀7二金型右玉を紹介

先日、羽生九段が早繰り銀に対して7二型の右玉を2局指して右玉党の話題になったが、今年1月の順位戦で、豊川孝弘七段も7二金型の右玉を指しているので紹介したい(形はだいぶ違うが)。 豊川孝弘七段といえば、かつては「ファイター」の愛称だった...
2019.07.03
プロの右玉

叡王戦予選、阿部光瑠六段が先手角換わり右玉で形勢を悪くするも逆転勝利!

叡王戦予選で、阿部光瑠六段が先手で角換わり右玉を採用してくれた。 阿部光瑠六段は5月にも右玉で勝利したばかり。 この対局は後手セカステ右玉だったが、今回は先手右玉。 前日の羽生九段も採用したように、プロでも先手右玉が増えて...
スポンサーリンク