糸谷哲郎八段、朝日杯将棋オープンで一手損角換わり右玉!

プロの右玉

2020年1月20日に行われた朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメントで、後手番の糸谷哲郎八段が右玉を採用してくれたので紹介したい。

糸谷八段は関西の強豪棋士。竜王の経験があり、一手損角換わりを得意とする。対振り飛車の糸谷流右玉や、ネット番組でのDJダニーとしても有名だ。

対する先手番は永瀬拓矢二冠。渡辺明三冠、豊島将之竜王・名人と並ぶ現役最強の棋士だ。

本譜は後手番一手損角換わりから先手は早繰り銀、後手が右玉という展開となった。

朝日杯将棋オープン中継サイト
※棋譜は朝日新聞有料会員のみ閲覧可能

スマホアプリ「日本将棋連盟モバイル」でも閲覧できます。

独占!第13回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント ベスト4が出揃う!
※解説なし

一手損角換わりから7ニ金型ではない5ニ金型右玉へ

糸谷八段の作戦は一手損角換わり。対する先手は常套手段である早繰り銀。
先手は7ニ金型右玉対策にもなる8八銀・6八銀型のまま攻める作戦もあったと思うが、▲7八玉を選択。8八銀型のまま右銀を繰り出して銀交換となった。後手は7ニ金型は選ばず、一般的な5ニ金型。銀交換後のソフト評価値は互角だ。

47手目▲3八飛の局面は難解

47手目、先手は▲3八飛としたが、この局面が本局最大のポイントとなった。
ソフト評価値は少し読んだ程度なら後手よりの互角と出るが、深く読んでみたり局面を進めてみるとそう簡単ではないようだ。

ソフトの読みは、△5四角打や△6五角打で角で3ニの金にヒモをつける手。
ちなみに△5四角打の読みは千日手。

△6五角打は飛車取りでもあるので、▲5六歩、△4九銀打(モバイル中継だと△5九銀となっているが恐らくミス)。このコースなら互角以上の可能性は高い。

また、△3三歩打で収めるのも一局と思われる。

本譜は△4ニ金左。これも悪くなさそうだが、次の▲2ニ歩打が再び難解な局面。
△4九銀打には飛車が逃げてくれれば良いが、▲3ニ飛成の強襲があるようだ。
本譜の△3三桂はソフトに深く読ますと最善手となるが、最善手で進めていっても先手寄りになっていく。

永瀬二冠、正確な指し回し

有利になってからの永瀬二冠の指し回しは素晴らしい。ほとんどがソフト最善手と一致し、糸谷八段にスキを与えなかった。早指し棋戦でのこの正確さは驚異というほかない。

というわけで、本譜は永瀬二冠の勝利となってしまったが、一手損角換わり右玉には十分可能性はあるとおもう。

右玉NOWは今後も糸谷哲郎八段を応援します!

タイトルとURLをコピーしました