一手損角換わり右玉 vs 8八銀・6八玉型早繰り銀 右玉にするのは厳しい?

対早繰り銀

一手損角換わり7二金型右玉に対して早繰り銀で攻めるのは常套手段だが、8八銀・6八玉型で攻めてくる作戦はかなりやっかいだ。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=17  ▲4六銀(37) まで

先手のこの形には要警戒。

なお、ショーダンさんの以下の動画も参考にさせていただきました。
合わせて閲覧してもらえれば幸いです。

居飛車早繰り銀VS一手損角換わり【復習研究】

先手、▲7七銀を保留する駒組み

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=17  ▲4六銀(37) まで

一手損角換わりに対し、先手が8八銀型で▲4六銀として早繰り銀を明示した局面。
結論を言えば、この形から右玉を目指すのは少し厳しいかも知れない。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=20  △7三桂(81) まで

あくまで右玉を目指すなら△7四歩、▲7八玉、△7三桂。今回のテーマ図となる。

先手、早くも仕掛ける

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=21  ▲3五歩(36) まで

先手は▲3五歩からの仕掛け。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=25  ▲3四歩打 まで

△同歩、▲同銀、△8一飛、▲3四歩。
この局面で右玉が強く△4四銀とするのはちょっと無理そう。
したがって、素直に△2二銀と引く。

▲7七角打が想像以上に厳しい

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=27  ▲7七角打 まで

△2二銀に▲7七角打!
この手が非常に厳しい。厳しすぎる。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 馬 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=33  ▲2二角成(77) まで

△6二玉に対し、先手の狙いは、▲2四歩、△同歩、▲2四銀、△2三歩打、▲2二角成!
ズバっと角を切ってくる。

後手の持駒:角二 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
後手番
手数=35  ▲2三銀(24) まで

△同金に、▲2三銀不成。
ここから後手も技を駆使して対応していく。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v角 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=36  △4四角打 まで

まずは、△4四角打。
この手には大きな狙いがある。

▲2二銀不成なら△5五飛

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ 銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v角 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=38  △5五角打 まで

▲2二銀不成としてきたら、△5五角打! がある。
飛車銀取りで先手優勢。
しかし、さすがにこうはならない。

先手、▲7九金で受ける

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v角 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
後手番
手数=37  ▲7九金(69) まで

▲7九金が銀にヒモを付けたしっかりとした一手だ。

ソフト推奨は△3六角打だが……

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v角 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v角 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=38  △3六角打 まで

ソフト推奨手は△3六角打。
いろいろな面白い変化もあるが、この手も厳しそう。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v角 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩v馬 ・ 金 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩三 
手数=42  △4七角成(36) まで

▲3八金、△2七歩打、▲同金に、△4七角成。
この局面で、△同角とするのは▲3七金があるのでダメ。

すでに苦しいが、勝負をかけるなら△5五角

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ 銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩v馬 ・ 金 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩三 
手数=44  △5五角(44) まで

この局面で先手の正着は▲3七金打。先手としても金を手放すので打ちにくいかも知れないが。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ 銀 ・|二
|v歩v歩 ・v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 金 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・v飛 ・ ・ 金 ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 銀 歩三 
手数=50  △5八飛打 まで

△6五桂、▲4七金、△2二角成、▲同金、△5八飛打とした局面(上図)は後手もやる気が出るように見えるが、ソフト評価は先手有利。
金は取れるが、▲3七歩成が厳しい。

△5四角打がオススメ

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角v角 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=38  △5四角打 まで

少し戻り、△3六角打の代わりに△5四角打という手のほうがまだ戦えるかもしれない。

2四飛浮きには角を切る

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ 銀v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角 ・ 歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛v銀|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩二 
手数=44  △2四歩打 まで

▲2四飛と浮いた場合は、△8八角成、▲同玉、△1五銀打、▲2五飛、△2四歩打(上図)。
この局面も先手が少し良さそうだが、右玉としてもまだ戦えそう。

2二銀不成からの変化

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ 銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角v角 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・v歩 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=40  △2七歩打 まで

▲2二銀不成、△2七歩打。

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角 ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・v歩 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=42  △2二角(44) まで

▲3八飛に△2二角で銀を外す。
ここで先手がやってしまいそうな手が▲3三銀打の打ち込み。

▲3三銀打の打ち込みなら後手有利

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 銀 ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角 ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・v歩 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩二 
後手番
手数=43  ▲3三銀打 まで

厳しく見えるが、この手は悪手。

後手の持駒:銀二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 と ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ 飛vと ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 歩二 
手数=46  △2八歩成(27) まで

△同桂、▲同歩成に△2八歩成。
この局面は互角だが、わずかに後手寄り。後手がよくなる変化はたくさんある。

▲3五飛と浮くのが最善手

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角 ・ 歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・v歩 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
後手番
手数=43  ▲3五飛(38) まで

先手の最善手は▲3五飛。この手がやっかいだ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角 ・ 歩v銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・v歩 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=44  △2四銀打 まで

▲2五飛と回られると終わりなので△2四銀打だが、ここで▲3八飛と引く。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩v角 ・ 歩v銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・v歩 歩|七
| ・ 銀 玉 ・ ・ ・ 飛 ・ ・|八
| 香 桂 金 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
後手番
手数=45  ▲3八飛(35) まで

ここで後手は難しいところ。
△5二金で守りを固めるか、△7六角で歩切れを解消するか。

一方の先手としてもすぐに攻め潰す手はなさそう。
現状はこの局面を選ぶしかないだろうか?

ここまでの棋譜は以下からどうぞ
先手早繰り銀8八銀・7八玉型 vs 一手損角換わり右玉

四間飛車に振る作戦も視野に

この局面が厳しいとしたら、一手損角換わり右玉自体が厳しいか、四間飛車に振って対抗する作戦に変更しかないかもしれない(以下図)。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v飛v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=18  △4二飛(82) まで

いずれにしても一手損角換わり右玉が成立するかどうかの瀬戸際。今後も右玉NOWでは追っていきたい。