順位戦・上村四段vs八代六段戦は相右玉戦に!

プロの右玉

2019年2月8日に開催されたC級順位戦・上村亘四段 vs 八代弥六段の一局は、なんと相右玉に! 右玉党にとって見逃せない一局となった。ちなみに相わたる対局でもある。

上村四段はTwitter@kamimurawataruでも有名。ドラマ版将棋めしの監修も務める。
対する八代六段は朝日杯優勝の実績がある若手ホープ。レーティングも上位の強豪だ。

というわけで、棋譜は以下からどうぞ。

第77期順位戦 C級2組 10回戦上村亘四段vs八代弥六段

先手、角交換をしない右玉へ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・v歩 ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=10  △3二金  まで

先手が飛車先を伸ばしても後手は受けず。昔はなかった手だが、最近は飛車先の歩は切らせても問題ないとされている。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=18  △2三歩  まで

飛車を引いたところで、2三歩打。この歩を打たないと2四歩打と垂らされてゲームセットとなる。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・v玉 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 銀 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ 金 玉 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=27  ▲4八玉  まで

先手は早くも右玉の態度を表明。用意の作戦かもしれない。

後手も右玉となり相右玉の戦いに

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=40  △6二玉  まで

はじめは玉を左に寄せた後手だが、右へ移動して右玉へ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=44  △8一飛  まで

後手も飛車を引いて相右玉となった。アマチュアではよく見かけるが、プロでは非常に珍しい形だ。
(プロの相右玉の棋譜がご存知であれば、ぜひ掲示板にお願いしますm(_ _)m)

後手、地下鉄飛車を狙う

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=64  △1二香  まで

後手は3三桂と跳ねたあと、1二香。
これは右玉の天敵である地下鉄飛車を狙った手。

ちなみにソフトはこの手に変えて1三角を推奨していた。1三角から3五歩を狙うことで、後手優勢。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=65  ▲1八香  まで

先手の対策は1八香。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=67  ▲1九飛  まで

1一飛に対して、1九飛と回る。この手を入れておけば、即1五歩から潰されてしまう心配はない。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
後手番
手数=69  ▲2六歩  まで

2四歩に対して、2六歩打としっかり受ける。しかし、ここで歩を打たなければならないは先手が少し苦しいか。

端を巡る激しい攻防

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=70  △3五歩  まで

後手は3五歩から手を作る。
右玉なので戦場から遠く、かつ相手の玉頭なので狙いたい手だ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v銀 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=76  △2五歩  まで

同歩、同銀、3六歩打のあと、2五歩。後手の駒が前進している。
先手は苦しいながら受けるしかない。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩v歩|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩四 
手数=78  △1五歩  まで

同歩に対して、後手は待望の1五歩!

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ 桂 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 歩|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 ・ ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩五 
後手番
手数=83  △2四桂  まで

同歩、2五桂、同桂、同銀に対して、先手は2四桂打で反撃。
金を狙うというよりも、1二の香は外しておきたいところだ。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・v角v香|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ 桂 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 歩|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩v桂 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 金 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ ・ 玉 ・ 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩五 
手数=86  △2六桂  まで

4二金に3七金としたところで、2六桂打。
この手で後手は完全に優勢な局面に。

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v飛|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・v角 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v銀 歩|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩v桂 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 金 ・ 香|七
| ・ 角 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩五 
後手番
手数=91  ▲1七香  まで

3三角と桂に当てて催促し、1二香、同飛、1七香と逃げる。
この局面は後手からの手が豊富で先手は苦しい。

後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v飛|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・v角v香 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 金v銀|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 ・ ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 玉 ・ ・v歩|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 香 歩六 
手数=98  △2三香  まで

1六歩打、同香、1八歩打、2九飛、1六銀、2六金、2三香打。
この香車打ちも厳しい。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v飛|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・v角 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 金 歩|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・v銀|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 ・ ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛vと|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 香二 歩五 
手数=102  △1九と  まで

2五歩打と受けるが、同香と構わず取って、同金に1九歩成。
取ってしまうと金をポロっと取られるので縦に逃げるしかない。

後手の持駒:金 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v飛|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛v角|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀 ・ ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・vと|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 香二 歩五 
手数=106  △1五角  まで

2五銀、同飛に1五角が王手で入る。

後手の持駒:金 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v飛|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀v馬 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・vと|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 香二 歩五 
手数=110  △3七馬  まで

5八玉と逃げるが、2四歩打として、飛車を3筋に移動させてから3七角成。
飛車成も確実で、後手の攻めが決まっている。

八代六段、確実に寄せる

後手の持駒:金 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 飛v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 角 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 銀v馬 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 香 ・ ・v龍|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・vと|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 香 歩六 
後手番
手数=115  ▲3四飛  まで

飛車を五段目が動かして守備力を下げたところで、八代六段は寄せの包囲網に入る。
次の三手一組を予想してほしい。

後手の持駒:金 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 飛v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 角 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 銀 玉 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 香 ・ ・v龍|八
| 香 桂 ・ ・ ・v銀 ・ ・vと|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 桂 香 歩六 
手数=118  △4九銀  まで

4七馬と馬をばっさり切って、同玉に4九銀打!
これで玉は一気に狭い。寄せのお手本のような手筋だ。

後手の持駒:金 香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v金 ・v歩 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v桂v歩 飛 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 角 玉 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 桂 歩 銀 ・v龍 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 香 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・vと|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 桂 歩六 
後手番
手数=133  ▲7七桂  まで

少し進んで以下の局面。ここで八代八段は4七桂成として、上村四段は投了。
しかし、ここでは7手詰めがあった。形勢が大差なので安全に行ったが、贅沢をいえばここは詰み筋にいれてほしかったところ。
どのように詰ますか考えてみてほしい。

正解はこちら

上村四段のTwitterによると、地下鉄飛車を軽視してしまったそう。

というわけで、プロでは珍しい相右玉の一局でした。
右玉NOWは今後も上村四段と八代六段を応援します!