糸谷流右玉 vs 三間飛車次の一手

右玉次の一手

糸谷流右玉 vs 三間飛車で、振り飛車側が浮き飛車に構えた場合、大きなスキが生まれることがある。
糸谷流右玉を指すならば見逃してはならない。具体的には次の局面だ。

問題図 次の一手は?

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v角 ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v金v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀v歩v飛 ・v歩|四
| ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| 角 ・ 桂 ・ 歩 銀 桂 金 ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=56  △4四歩  まで

三間飛車側が4四歩と突いた局面。しかし、この手は危険だった。
8四歩は入るのでこの手も正解だが、別の手を考えてみてほしい。

次の一手、正解手

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v角 ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v金v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀v歩v飛 ・v歩|四
| ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 銀 ・ ・ ・ 歩|六
| 角 ・ 桂 ・ 歩 銀 桂 金 ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=57  ▲3五歩  まで

正解は狭い飛車を狙う3五歩。
同飛と取るしかないが……。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v玉v桂v金 ・v角 ・ ・ ・v香|一
|v香v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v金v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・v歩|四
| ・ 歩 歩 ・ ・ 歩v飛 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 金 歩|六
| 角 ・ 桂 ・ 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=59  ▲2六金  まで

2六金が継続手。3六金や3六銀は飛車を切られてやや危険。
振り飛車側は、飛車を引くと3五歩打と手持ちの一歩を活かせるので、3七飛成と飛車を着るか、3六歩打しかない。
というわけで、飛車桂交換となるので、先手が優勢だ。

というわけで、この手筋は覚えておきたい。
なお、歩が手持ちにないと成立しないことは注意しよう。