広瀬竜王が中村太地七段に対して右玉を採用!

プロの右玉

2019年3月25日に行われた棋聖戦予選で、後手の広瀬竜王が右玉を採用してくれた。
広瀬竜王はいわずと知れたトッププロ。振り飛車から居飛車への転生も華麗にこなした。
対する中村太地七段は王座経験のある実力者。将棋フォーカスでもお馴染み。
両者はともに早稲田大学出身で、早稲田OB対決でもある。

というわけで、棋譜は以下からどうぞ。

2019-03-25 棋聖戦中村太地 七段 vs. 広瀬章人 竜王 第90期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント

同型腰掛け銀から広瀬竜王が右玉に

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=37  ▲5六銀  まで

序盤は角換わり腰掛け銀の同型。プロ間でもかなり指されている流行型だ。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=46  △6二玉  まで

先手は入場、後手は飛車を4筋に回ってから右玉へ。
いわゆるオーソドックスな右玉ではなく、6三金型。いわゆるセカステ右玉とも呼ばれる形だ。
ソフトの評価値はわずかに先手よりの互角。後手としても十分といえるだろう。

右玉崩しの角打ちとその対策

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 ・ 角 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=67  ▲4七角  まで

少し進んで先手は4七角打。対右玉ではこの筋が急所になることが多く、右玉側としてもきちんと対策をしなければならない。
将来的には、7四歩の桂頭攻めと9二歩打の筋がある。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v銀v歩 ・ ・v歩|四
| ・v歩 歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・ 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 ・ 角 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=70  △6五歩  まで

7五歩に対して、右玉は6五歩。これが基本的な対策方法で覚えておきたい。
7五歩を同歩と取ってしまうと、5五歩、同銀、7四歩で攻めが決まってしまう。

十字飛車を防ぐ

後手の持駒:角 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v銀 ・ ・ ・ ・ 歩v歩|四
| ・v歩v歩 ・ 歩v歩v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 ・ 角 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=79  ▲2四歩  まで

先手は2四歩。この手も油断はならない。同歩ととってしまうと危険だ。

具体的には、同飛に2三歩打とすると7四飛、同金、同角で投了級。
同飛に対して6四歩打としても、2三歩打とされて厳しい。

右玉に悪手が出て形成は先手に

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・v歩|四
| ・v歩v歩 歩 ・ 歩v歩 ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 銀 ・ 角 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
後手番
手数=73  ▲4五歩  まで

少し進んで、先手が4五歩と突いた局面。
この場面はバランスが取れているようだ。評価値もわずかに右玉より。

後手の持駒:角二 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ と ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v銀 ・ ・ ・v金 ・ ・|四
| ・v歩v歩 ・ 歩v歩v歩v歩v歩|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 銀 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=93  ▲2九飛  まで

さらに進んで先手はと金を作り、2九飛と引いた場面。ソフトによると、次の一手が悪手だったようだ。

後手の持駒:角二 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ と ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v銀 ・ ・ ・v金 ・ ・|四
| ・v歩v歩 ・ 歩 ・v歩v歩v歩|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 銀 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
手数=94  △4六歩  まで

4六歩の突き出し。次の4七歩成を見て厳しそうだたが、これが緩手だったようだ。
ソフトの推奨手は感想戦でもでていた3六角打など。
本譜は4七歩成が実現したものの、攻め合いで先手が速かった。

後手の持駒:角 金 銀 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ と ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v玉v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v銀 全 ・ ・v金 ・ ・|四
| ・ ・v歩 ・ 歩 ・v歩v歩v歩|五
| 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 金v馬 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩四 
後手番
手数=119  ▲7九金  まで

後手は6九馬とするが、最後の金を投入する7九金打が冷静。

後手の持駒:角 金二 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ 角 と ・ ・ ・ ・ ・|二
|v玉 ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・ 全 ・ ・ ・v金 ・ ・|四
| ・ ・v歩 ・ 歩 ・v歩v歩v歩|五
| 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・vと ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩四 
後手番
手数=126  △7四全  まで

最後は7四銀成で投了。先手玉は危険なようだが、8六銀と4八飛がよく利いていて詰みはない。

というわけで、右玉は負けてしまったが中盤まではよい勝負だったと思われる。
広瀬竜王は今後も右玉を指していってほしいところ。
というわけで、右玉NOWは、今後も広瀬竜王を応援します!