羽生善治九段が一手損角換わり右玉で勝利!

7二金型

2019年5月20日に行われた王座戦挑戦者決定トーナメントで、後手の羽生善治九段が右玉を採用してくれた。
羽生九段は言わずとしれた棋界のスーパースター。オールラウンダーの棋風もあって、過去に右玉を採用したことも当然ある。

対するのは近藤誠也六段。
若手強豪で本局直前まで5連勝中。22歳の若さでB級2組在籍している。

本局は7ニ金型の変わった右玉 vs 早繰り銀の戦いになった。

棋譜は以下からどうぞ
2019-05-20 王座戦近藤誠也 六段 vs. 羽生善治 九段 第67期王座戦挑戦者決定トーナメント

後手、7ニ金玉型の変則右玉へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=28  △6二玉  まで

序盤は一手損角換わりで先手は早繰り銀を指向。
対する後手は7ニ金型から玉を右を寄せる。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=34  △1四歩  まで

先手は▲3五歩、△同歩、▲同銀と進出するが、後手はじっと△1四歩。
この後、先手は▲4六銀と引いて攻めを自重するが、▲2四歩と突いたらどうなるのだろうか?

変化図1

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀 ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・v歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
手数=35  △2七歩  まで

▲2四歩、△同歩、▲同銀に△2七歩打が痛打(上変化図)。
▲同飛としてしまうと、△4九角打でゲームセット。
▲3八飛とした場合も△4九角打が決まる。

従って、この形でいきなり攻めることはできない。

後手、飛車を3筋に転回

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=36  △3一飛  まで

後手は3筋に飛車を回る。7ニ金型の効果で8筋から飛車が消えてもで8筋、9筋からの攻めには比較的強い。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 角 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=37  ▲5六角  まで

対する先手は右玉崩しの▲5六角打。この時点のソフト評価値は互角。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・ 歩 歩v歩|五
| 歩 ・v歩 歩 角 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=45  ▲7五銀  まで

後手は△2ニ金と飛車先を軽くし、▲3五歩、△1五歩、▲7五歩、△同歩、▲8六銀、△7六歩、▲7五銀と進行(上図)。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ 馬 ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・v銀 ・ 飛 ・|四
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・ 歩 ・v歩|五
| 歩 ・v歩 歩 ・ 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
後手番
手数=51  ▲2三馬  まで

△4四銀に対して、先手は待望の▲2四歩、△同歩、▲同飛、△2三歩打、▲2三角成(上図)。
角を犠牲にする強烈な手。ここで同金しかないようなら、先手優勢だが返し技がある。

後手の持駒:角 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ 馬 ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・v銀 ・v歩|五
| 歩 ・v歩 歩 ・ 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=52  △3五銀  まで

△3五銀!
ソフトの読み筋でもある手。

後手の持駒:角 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ 馬 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・ ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・v龍 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
手数=56  △3九龍  まで

▲同銀、△同飛、▲2ニ馬のあと、△3九龍と王手入り、後手としても成果を得た。

後手、苦心の組み立てで飛車成を防ぐ

後手の持駒:角 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ 馬 ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩v銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 金 金 ・v龍 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
後手番
手数=63  ▲2三馬  まで

先手が▲2三馬と引いて、自陣に効かせた局面。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・v歩 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・ 馬 ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩v銀 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 金 金 ・v龍 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=64  △2二歩  まで

後手は△2ニ歩打。同馬としたら一手損になるだけなので、先手は▲6七馬と引き付ける。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・v歩 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v角 ・ ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|四
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩v銀 馬 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 金 金 ・v龍 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=66  △3三角  まで

後手は△3三角と打って、飛車に当てつつ、飛車成を防ぐ。

先手、好手を逃す

後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・v歩 ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v角 ・ ・|三
|v歩v歩 銀v歩v銀 ・ 飛 ・ ・|四
| ・v桂 ・ ・ ・ 馬 歩 ・v歩|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩v歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・v龍 ・|八
| 香 ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀二 桂 歩三 
手数=88  △5四銀  まで

上図は本局のハイライトともいえる局面。
本譜は▲6三銀と打ち込んだが、これは悪手。この局面では「盤面この一手」とも言える好手があったのでじっくり考えてみてほしい。

変化図1

後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・ ・v歩 ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v角 ・ ・|三
|v歩v歩 銀v歩v銀 ・ 飛 ・ ・|四
| ・v桂 ・ ・ 桂 馬 歩 ・v歩|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩v歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・v龍 ・|八
| 香 ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀二 歩三 
後手番
手数=89  ▲5五桂  まで

正解は▲5五桂打!
同角でも同銀でも取れるが、同角は3ニ飛成がある。
一方、同銀は7ニ馬から寄り筋(取ると詰み)。

従って、△5一玉と逃げるのが最善手だが、そこで▲5四飛と切り飛ばし、△同歩、▲4三桂成が厳しい(以下、変化図2)。

変化図2

後手の持駒:飛 金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金 ・ ・ ・ ・v歩 ・|二
| ・ ・v桂 ・ ・ 圭v角 ・ ・|三
|v歩v歩 銀v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・v桂 ・ ・ ・ 馬 歩 ・v歩|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩v歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・v龍 ・|八
| 香 ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀三 歩四 
後手番
手数=93  ▲4三圭  まで

馬が利いているため、自陣に詰みはない。これは先手勝勢だろう。

後手の持駒:飛 金 銀二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v歩 ・|二
| ・ ・v桂 馬v歩v歩v桂 ・ ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ 歩 ・v歩|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩v歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・v龍 ・|八
| 香 ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 銀二 桂 歩三 
後手番
手数=95  ▲6三馬  まで

本譜は▲6三銀の放り込みから飛車も切って精算をしたが、後手玉はわずかに詰まず。

後手の持駒:飛 角 金 銀二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v桂 ・ ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・v桂 桂 ・v玉 ・ 歩 ・v歩|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩v歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・v龍 ・|八
| 香 ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩三 
手数=102  △5五玉  まで

△5五玉で先手は投了した。
というわけで、終盤は後手にも危険な局面があったが、全体には羽生九段がうまく指しまわして勝利した一局となった。
右玉NOWは今後も羽生九段を応援します!