AbemaTVトーナメントから伊藤沙恵女流三段の攻める右玉を紹介!

プロの右玉

2019年5月26日に公開された第2回AbemaTVトーナメントにて、伊藤沙恵女流三段が右玉を採用してくれた。

AbemaTVトーナメントとは、持ち時間5分、一手指すごとに5秒追加されるフィッシャールール採用の超早指し戦(非公式戦)。

伊藤沙恵女流三段は女流の大会を制し、今回大会に参戦。奨励会出身で、女流タイトルこそないが、タイトル戦は6回の経験がある女流の強豪だ。

対する八代弥七段は朝日杯優勝の実績がある若手のホープ。棋士レーティングも上位だ。

↓以下から視聴できます
第2回AbemaTVトーナメント 予選Cブロック<前編>

棋譜は以下からどうぞ
2019-05-26 その他の棋戦八代 弥 七段 vs. 伊藤沙恵 女流三段 第2回AbemaTVトーナメント予選

右玉作戦勝ち

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 飛 ・|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=38  △6二玉  まで

伊藤沙恵女流三段の作戦は右玉。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀v桂v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| 歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 飛 ・|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 玉 金 ・ 金 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=45  ▲2五歩  まで

端は詰められたが6筋の位も取り、右玉作戦勝ちといってもよいだろう。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v銀 ・v歩v歩 ・v歩|四
| 歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=52  △6二銀  まで

右玉は銀多伝の形。理想形に組み替えることに成功した。

後手、5四角を放つが……

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v銀v角v歩v歩 ・v歩|四
| 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=56  △5四角  まで

後手は5四角打
5四歩を保留した効果でこの角が打てる。
ただ、玉頭と桂頭を狙っているが、ソフト的には悪手だったようだ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v銀v角v歩v歩 ・v歩|四
| 歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=57  ▲6七金  まで

6七金と形良く受けられて、評価値は先手有利になった。

右玉、角を犠牲にして玉頭にプレッシャーをかける

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v銀v角v歩 歩 ・v歩|四
| 歩v歩 ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 歩v歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=63  ▲5五歩  まで

少し進み、先手が5五歩と角の行き先を問うた場面。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v銀 ・v歩 歩 ・v歩|四
| 歩v歩 ・v角 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 銀 ・ 歩v歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=64  △6五角  まで

後手は6五角の勝負手!

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・ とv歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩v歩 ・v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ 歩v歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 桂 
手数=68  6六歩  まで

先手の3三歩成は放置して、6六歩打。後手有利の局面に。
先手は先に6六歩と打ったほうが良かったかもしれない。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩v歩 ・v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・v銀 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 桂 歩 
手数=72  △6七銀  まで

3三金、3六銀のあとに、後手は6七銀の打ち込み。
先手として受けにくい局面になってきた。

後手、痛恨の一手パスの悪手

後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩v歩 ・v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ 歩 歩v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 銀 桂 歩三 
手数=80  △8五歩  まで

局面は後手が継ぎ歩をしてきたところ。次の先手の一手は善悪はともかく勝負手だった。

後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩v歩 ・v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 歩 歩v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 銀 歩三 
後手番
手数=81  ▲9六桂  まで

9六桂打!
8六歩の取り込みは歩の連打で飛車先を止めようとする作戦だ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩v歩 歩v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 歩v金v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角二 銀 歩四 
手数=84  △7六金  まで

後手は7五歩、同歩に7六金!

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩v歩 歩v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 歩v金v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 角 ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩四 
後手番
手数=85  ▲4九角  まで

先手は4九角打で粘る。持ち時間が超短いだけに焦る一手。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩v歩 歩v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 歩 ・v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ ・ 玉v金 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 角 ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 銀 歩四 
手数=88  △6七金  まで

7七金、同玉に6七金打で玉が逃げ出すことを防ぐ(上図)。
先手は8八玉と逃げて、7六銀と進出するが、これが痛恨の悪手だった。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩v歩 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 歩v銀v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ ・ ・v金 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| 角 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 角 ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩四 
後手番
手数=91  ▲9八角  まで

9八角打!
これが受けの好手。
後手は進んだばかりの銀を戻るしかなく、形勢は一気に逆転、先手優勢に。

右玉再逆転でチャンス到来

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ 歩 ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 金v桂 ・v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ 銀v金v銀 ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩 ・ ・v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 ・ ・v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ 玉 桂v金 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| 角 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=111  ▲7七桂  まで

その後玉頭を巡る戦いを経て、右玉にチャンスが周ってくる。6八歩打と金取りに対して、7七歩成、同桂とした局面。

ここで先手勝勢となる一手があったので考えてみてほしい。
金取りが残っており、忙しいが……。

変化図1

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ 歩 ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 金v桂 ・v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・v金 ・v銀 ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩 ・ ・v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 ・ ・v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ 玉 桂v金 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| 角 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=112  △8四金  まで

8四金!
ここで金駒の補充が好手。
先手は同金とする余裕はなく6七歩で金を外すしかないが、そこでさらに8三金! で金を補充しつつ自玉が安泰に。

変化図2

後手の持駒:金 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ 歩 ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v金v桂 ・v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・ ・ ・v銀 ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩 ・ ・v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 ・ ・v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ 玉 桂 歩 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩三 
手数=114  △8三金  まで

この局面は後手右玉の勝勢だ。


後手の持駒:銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ 歩 ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 金v桂 ・v歩 ・v金v歩 ・|三
| ・v金 ・v銀 ・v歩 ・ ・v歩|四
| 歩 ・ ・v銀 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 ・ ・v歩 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ ・ 玉 歩 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩四 
手数=116  △8四歩  まで

本譜は7六打、6七歩、7七歩成、同玉を入れてから8四金としたが、玉の逃げ道が開けてしまった。

先手、確実に寄せる

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・v香|一
| ・ 歩 歩v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・ 角v銀 ・v歩v金 ・v歩|四
| 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 桂 ・ ・v全 ・ 歩 銀 ・ 歩|六
| ・ ・v圭 ・ ・ 玉 桂 ・ ・|七
| 角 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 銀 歩四 
手数=136  △6三金  まで

最終盤。先手は中盤に放った角が見事に働いた。後手は6三金打で頑張るが、この局面から7一銀打が、必死級の手。同飛以外は詰みなので後手投了となった。

なお、この局面は13手詰みもある。自信のある人はチャレンジしてみてほしい。
正解はこちら

というわけで、対局は八代七段の勝利に終わったが、伊藤女流三段の右玉からの攻めも強烈で、一時は勝勢まで持ち込んでいた。右玉党にとっても参考になる指し回しだっただろう。

右玉NOWは今後も伊藤沙恵女流三段を応援します!