佐々木大地五段、右玉から飛車捨ての鬼手も実らず

プロの右玉

右玉ファンにはお馴染み、佐々木大地五段がまたしても右玉を採用してくれました!
舞台は王将戦一次予選。勝てば藤井聡太七段と決勝を争うことになる。

佐々木大地五段は前日に24歳になったばかりの若手ホープ。おそらく、現在のプロ棋士の中で一番右玉の採用率が高い。
対するのは、千田翔太七段。将棋ソフトに深い造詣を持つ新世代の棋士だ。Twitter@chidanzaでもお馴染み。

この対局は角換わりではない右玉から、佐々木大地五段が飛車を見捨てて攻めるという奇策を用いたが……。

棋譜は以下からどうぞ
https://migigyoku.com/kifu/kf.php?kifu=20190531.kif

矢倉 vs 右玉へ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・v歩 ・v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=10  △6四歩  まで

先手は矢倉志向。対する後手は2筋の歩交換を受けず6四歩。現代調な感じ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=28  △6二玉  まで

先手も歩交換はせず駒組みを進めて、後手は右玉へ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=30  △6五歩  まで

後手は6筋の位を取る。

後手から積極的な攻め

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩v歩v歩 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=34  △7五歩  まで

先手の銀が3五まで進出したところで、後手も7五歩から反撃。角筋が通っていることが前提の攻めだ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ ・v歩v歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=38  △6六歩  まで

同歩、7六歩、8八銀に6六歩と進行。
ここで先手が同歩とすると、8六歩から攻めが加速しそう。なので、先手は5八金。
ソフトの評価値は互角だが、わずかに先手がよい。

後手、飛車を見捨てる攻めを選択!

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・v飛v歩v歩 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
後手番
手数=45  8七歩  まで

後手が8筋で歩交換を狙い、8七歩打。
飛車を8五に引くか、8一に引くか悩むところ、と思われたが……。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・v飛v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・vと ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=46  △6七と  まで

なんと、飛車を見捨てる6七歩成!
たしかに先手は壁銀だし、角筋も通って危険な格好。果たしてこの強手は通るのか?
右玉は飛車打ちに弱いが……。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・vと ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 歩二 
後手番
手数=47  ▲8六歩  まで

先手は堂々と飛車を取る。

後手の持駒:金 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・vと ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 歩二 
手数=48  △5八と  まで

後手は5八と、と玉側ではない金を取ることを選択。これは当然、同飛。

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 金 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 歩四 
後手番
手数=51  ▲8七金  まで

8七歩打、同金と進行。先手もかなり怖い格好だ。が、やはり後手の駒不足は否めないだろうか。

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩 ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 金 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 歩四 
後手番
手数=53  ▲7四歩  まで

後手は6五桂と狙われそうな桂馬を跳ねて迫るが、7四歩! が痛打。

千田七段の着実な攻め

後手の持駒:金 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 金 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩四 
後手番
手数=55  ▲8一飛  まで

6四歩打と角筋を止めるが、8一飛打がやはり強烈で、右玉の弱点を突いている。
先手は持駒が歩しかないが、ここからの先手の攻めが確実だった。

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ 龍 ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・ ・v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v銀v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 金 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩四 
後手番
手数=57  ▲8二龍  まで

7四銀と歩を払うが、8二飛成と王手。歩の合駒はできず、5一玉は香を取られて王手なので、非常に怖いが玉は6三に逃げる。

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ 龍 ・ ・v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v玉v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v銀v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 歩v桂 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 金 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=59  ▲7五歩  まで

ここで7五歩打がやはり厳しい。

後手の持駒:金 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ 龍 ・ ・v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v玉v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・v銀v桂 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩v歩 ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 金 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
後手番
手数=61  ▲7四歩  まで

同銀に7四歩の垂らしが強烈すぎる。仕方なく、虎の子の金を7二に投入して受け。9一龍と香を補充される。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金 ・v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v玉v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・v桂 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩 金v銀 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
後手番
手数=65  ▲7六金  まで

後手も6六銀で勝負をするが、7五金が好手。
6七銀歩成で飛車金両取りがかかるが……

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金 ・v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・v玉v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩 ・ ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・v銀 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 香 歩三 
後手番
手数=67  ▲6五金  まで

6五金!
と桂馬を食いちぎる手があった。この金を取ると7歩成(角成)から詰み
この金を取れないのは厳しい。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・v歩 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v金v玉v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 香 金 ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・ 歩 ・ ・ 歩 角 ・ ・ ・|六
| 歩 ・ ・v銀 ・ 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩三 
後手番
手数=71  ▲7五香  まで

後手は7一歩と受けるが、7三歩成、同金、7五香で投了となった。

角の場所次第では成立したかどうか?

というわけで、飛車捨ての強襲はうまくいかなかった。角が好位置過ぎたのもあるだろう。
それでは、角が5三など違う位置だとどうだろうか?

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| ・v飛v歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・vと 角 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=46  △6七歩成  まで

この局面なら8六歩と飛車を取るのは無理そう。しかし、同金右と取られて後手悪そうだ。
もしかしたら成立する局面が他にあるのかもしれないが、現時点ではわからない。

というわけで、意欲的な作戦だったが、千田七段に咎められて作戦は失敗に終わった。
藤井聡太七段と佐々木大地五段の対局が実現せず残念ではあるが、右玉NOWは今後も佐々木大地五段を応援します!