右玉の手筋も! 羽生九段を破った米長邦雄永世棋聖の右玉(1996年将棋日本シリーズ)

プロの右玉

今回も少し古い右玉の名局を紹介したい。
舞台は1996年の将棋日本シリーズの羽生善治六冠(当時) vs 米長邦雄九段(当時)。

後手の米長九段が右玉を採用し、積極的に攻めていった一局で、右玉党にとって参考になる手筋もあり、並べる価値は十分にある。

先手の羽生善治六冠は、前年にタイトル独占の七冠を達成。棋聖を三浦弘行九段に奪取されて七冠独占は崩れたものの、六冠を維持中。

後手の米長邦雄九段は、タイトル獲得19期の超一流ベテラン棋士。全盛期は四冠も達成。2年後の1998年からは現役のまま永世棋聖を名乗っている。破天荒なキャラクタでもお馴染み。2012年没。

なお、将棋日本シリーズは持ち時間10分、切れたら一手30秒の早指し棋戦である。

棋譜は以下からどうぞ
1996-09-22 将棋日本シリーズ羽生善治 vs. 米長邦雄 日本シリーズ

後手、飛車先の歩を受けずに右玉へ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 角 玉 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=26  ▲6二玉  まで

先手は矢倉模様。後手は飛車先を受けずに玉を右へ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・ ・v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩 角 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=30  △4五歩  まで

先手は2筋の歩交換を角で取り、後手は4五歩と角筋を通す。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
| ・v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 銀 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 角 ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=34  △8一飛  まで

後手はここで飛車を引いて右玉を完成させた。

右玉、積極的に仕掛ける

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v歩 ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=44  △6五歩  まで

先手が飛車を引いた形。現代風と比べると、4八の銀と6七銀の位置が逆か。
ここで、右玉が6五歩と仕掛ける。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v桂 ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=48  △6四銀  まで

同歩、同桂、6六銀に6四銀と桂馬を支える。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v桂 ・v歩 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=50  △6三金  まで

3五歩に対して、6三金とし、上部を手厚い格好に。横からの攻めには弱く、間違っても飛車は渡せない。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v銀 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v桂 ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・v歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=52  △3六歩  まで

後手は3六歩と桂頭を狙う。次の一手が羽生六冠らしくない悪手だったか。最善手(評価値は互角)を予想してみてほしい。

変化図

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v銀 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v桂 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・v歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩四 
後手番
手数=1  ▲4五桂  まで

4五桂!
これが好手。同銀でタダやんとなるが、7七桂、同桂成、同角、8六桂打、同歩、同歩、8五歩打、同飛、6五歩がソフトの読み筋。
銀をそっぽに向かせることで、後手玉が弱体化するようだ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v銀 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v桂 ・v歩 ・ 桂 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・v歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ 銀 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=53  ▲2五桂  まで

本譜は2五桂。自然なようだが、形成は大きく後手傾いた。

後手、角切りの強襲

後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v銀 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v桂 ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 歩 銀 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩四 
後手番
手数=61  ▲3七銀  まで

少し進んだ局面。ここで、右玉は対矢倉の手筋というべき、角切りの強襲を行う。

後手の持駒:銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v銀 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v桂 ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩v角 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 歩 銀 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩四 
手数=62  △6六角  まで

6六角! と角をぶった切る。

後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀v銀 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v桂 ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 金 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ ・v銀 歩 銀 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩四 
手数=64  △5七銀  まで

同金に、5七銀打!
これが角金両取り。対矢倉でよくある筋なので覚えておきたい。
本譜は同角、同桂成と進行する。

右玉、さらに手筋で迫る

後手の持駒:桂二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v角 ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀 ・ ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 金 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩v圭 歩 銀 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀二 歩三 
後手番
手数=71  △6七歩  まで

後手の9七角打に、6七歩と金を支えた局面。

後手の持駒:桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v角 ・ ・v金v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v銀 ・ ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・|五
| 歩v桂 歩 金 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩v圭 歩 銀 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀二 歩三 
手数=72  ▲8六桂  まで

8六桂打!
これも矢倉崩しの基本手筋だ。同歩、同歩で先手玉に危険が迫る。

最後は3手詰みまで指して投了

後手の持駒:金 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・v香|一
| ・ 圭 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 桂 ・ ・v金 ・ 歩 ・v歩|四
| ・ 歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・v角 歩 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 銀 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀v角 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛二 金 銀二 桂 歩四 
手数=130  △6九角  まで

終盤は大差が付き、6九角打で先手投了。同玉は頭金。7一玉も頭金。7七玉は、8七右角成まで。
というわけで、米長邦雄九段が右玉から積極的に攻めて勝利した一局となった。