羽生善治九段、先手右玉を採用! 長い長い序盤の末、千日手へ

プロの右玉

王座戦挑戦者決定戦トーナメントで、先手の羽生九段が角交換をしない右玉(風車右玉)を採用してくれた。

この対局の後手は佐々木大地五段。
右玉NOW的には佐々木大地五段得意のセカステ右玉を期待していたが、まさかの羽生九段の先手右玉となった。これは右玉党にとって望外の喜び。
ただ、オールラウンダー羽生九段は右玉を指すことは多く、右玉NOWでも紹介しているので、「羽生の右玉」カテゴリでぜひ見てほしい。

本局の棋譜は以下からどうぞ
2019年6月24日 王座戦挑戦者決定戦トーナメント 羽生善治九段 – 佐々木大地五段

AbemaTVの動画はこちら
第67期 王座戦 挑戦者決定トーナメント 羽生善治九段 対 佐々木大地五段
※13時間34分あります!

駒がぶつからない長い序盤

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v角v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=39  ▲3八玉  まで

先手は玉がやや遠回りをして右玉へ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v角v金v玉v金 ・v香|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 角 金 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=52  △1二香  まで

後手は右玉対策の地下鉄飛車を見せる。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v角v金v玉v金 ・v香|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 角 金 金 ・ 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=53  ▲2八玉  まで

羽生九段は玉寄りで受ける。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・ ・v角v金v玉v金 ・v香|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 角 金 ・ 金 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=55  ▲3八金  まで

1一飛に対して、3八金。これで、1五歩からの仕掛けは成立しない。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・v金v玉v金 ・v香|二
| ・ ・v桂v銀v角v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 銀 桂 金 ・|七
| ・ ・ ・ 角 金 ・ ・ 玉 ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=60  △5三角  まで

後手は8筋に飛車を振り直し、先手も7筋に飛車を転回。この時点で60手となるが、未だ駒はぶつかっていない。形勢も互角。

先手、一歩交換をするが長い序盤は続く

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・v金v玉v金 ・v香|二
| ・ ・v桂v銀v角v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|四
| ・v歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 銀 桂 金 ・|七
| ・ ・ ・ 角 金 ・ ・ 玉 ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=61  ▲7五歩  まで

先手は7五歩。待望の一歩を取ることに成功した。
ここからお互いの玉から遠い左辺で戦いが起こるが、長い序盤は続いた。

先手、有利になるも千日手コースへ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・v歩 ・v角v銀v金v金v玉v香|二
| ・v飛 ・ ・ ・v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 歩v歩|四
| ・ ・v歩 歩 香 歩 ・v歩 ・|五
| 歩 歩 ・ 飛 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 銀 金 ・ 桂 金 ・|七
| ・ ・ ・v圭 ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩四 
手数=110  △6二角  まで

本局でもっとも差がついたと思われるのがこの局面。ソフト評価値は先手勝勢の+1500以上。
馬筋を止められているが、素直に4四桂や5二香成なら有利を維持的かもしれない。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| 馬v歩 ・v角v銀v金v金v玉v香|二
| ・v飛 ・ ・ ・v銀v桂 ・ ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 歩v歩|四
| ・ ・v歩 歩 香 歩 ・v歩 ・|五
| 歩 歩 ・ 飛 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 銀 金 ・ 桂 金 ・|七
| ・ ・ ・v圭 ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩四 
後手番
手数=111  ▲9二馬  まで

羽生九段の選択は馬を生かす9二馬。評価値は+900ほどに。

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・|一
| 馬v歩 ・ ・ ・v金v金v玉v香|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・|三
|v歩v飛 桂 ・ ・v銀v歩 歩v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 香 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・v歩 飛 歩 ・ 歩v歩 歩|六
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ 桂 ・ 金|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩四 
手数=124  △4四銀  まで

さらに進んで上の局面。まだ先手有利だったが、数手で千日手コースに入ってしまう。

後手の持駒:銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・|一
| 馬v歩 ・ ・ ・v金v金v玉v香|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・|三
|v歩 ・ 桂 ・ ・ 馬v歩 歩v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 香 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・v歩 飛 歩 ・ 歩v歩 歩|六
| ・ ・ ・ 金 ・ ・ 桂 ・ 金|七
| ・ ・ ・ ・ ・v龍 銀 玉 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩四 
手数=128  △4八龍  まで

4二角打、8八龍、4四角成、4八龍!
角打ちで飛車銀取りをかけて、4四角成で銀を取ったが、4八龍が好手。
先手が馬取りに対してどう応じても、4七銀打もしくは4九銀打が厳しい。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・|一
| 馬v歩 ・ ・ ・v金v金v玉v香|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・|三
|v歩 ・ 桂 ・ ・ ・v歩 歩v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 香 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・v歩 飛 歩 ・ 歩 馬 歩|六
| ・ ・ ・ 金 ・v銀 桂 ・ 金|七
| ・ ・ ・ ・ ・v龍 銀 玉 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩五 
手数=130  △4七銀  まで

2六馬とするが、4七銀打。先手は4九銀打か2九銀打で応じるほかなく、完全に千日手コースに入った。
ソフトで調べても打開は無理そう。

というわけで、本局は千日手へ。
長い戦いの末、指し直しとなった。

そして、驚くべきことに先後入れ替えとなった指し直し局、後手の羽生九段は再び右玉を採用することなる。
こちらの紹介は次回エントリで行いたい。

というわけで、右玉NOWは今後も羽生九段を応援します!