島朗九段、相掛かりから右玉へ変化して千日手へ導く

プロの右玉

2019年8月6日に行われた順位戦C級1組の対局で、後手の島朗九段が右玉を採用してくれたので紹介したい。

島九段といえば初代竜王であり、羽生九段や佐藤会長、森内九段も参加していた研究会「島研」でも有名。また、伝説の序盤研究書「角換わり腰掛け銀研究」は伝説になっている。

対するには小林裕士七段。巨漢であることから愛称は「デカコバ」。

本局は相掛かりの序盤から後手が右玉に変化し、千日手となった。
棋譜は以下からどうぞ。

2019-08-06 順位戦C級1組 小林裕士七段 vs 島朗九段

相掛かりから後手は右玉へ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・v銀v桂v香|一
| ・v飛v銀 ・v玉 ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ 玉 ・ 銀 飛 ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=13  ▲2四歩(25) まで

序盤は相掛かり。相掛かりから右玉に変化することはマレだがある。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v銀v金v玉v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=39  ▲6八銀(79) まで

後手が仕掛けるとしたらこの局面だったようだ。

変化図1

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v銀v金v玉v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂 ・v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ 飛 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=40  △6五歩(64) まで

6五歩が成立するらしい。仮に同歩とした場合は、同角成、4四角打で後手やや有利。
以下、7七銀、8五桂と攻めていける。

先手の候補手は6七銀や4八金など。歩は取り切れない。
これなら後手もやる気が出るだろう。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉v銀v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 銀 玉 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=40  △6三銀(72) まで

本譜は右玉も視野に入れた6三銀。

後手、右玉へ組み替えて千日手へ

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=54  △7二玉(61) まで

後手は右玉へ。ソフトの候補手を見ても仕掛けはなさそう。というわけで、先手は5八玉。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・v玉 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ 玉 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=56  △6一玉(72) まで

先手は6一玉として手待ち。ソフト評価値は「-1」。これは千日手という読み。
本譜もこの局面から動かせず千日手となった。後手としては満足行く結果だろう。

先後入れ替えとなった指し直し局は角換わりとなって、堅い守りから攻め切った先手の島九段の勝利。千日手とした勝ちがあったということだろう。

というわけで、右玉NOWは島朗九段を応援します!