7二金型右玉で5八金型早繰り銀からの2筋殺到を受ける手順

7二金型

7二金型右玉で5八金型早繰り銀からの2筋殺到を受ける手順

右玉の天敵のひとつが早繰り銀。今回は5八金型で攻めてきた場合の受け方をソフトvs人間の実戦より紹介したい。

テーマ図は以下の通り。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩v飛 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
後手番
手数=0  ▲6五角まで

盤面は見やすいように反転済み。以下、基本的に反転した符号で紹介する。後手番の右玉が下となる。

7二金型(上の図面では3八金)右玉に対し、先手は5八玉(図面では5二玉)と最小限の囲いで攻めてきており、8七銀成の殺到と4七角成、同金、3八銀打が受からないように見える。

しかし、この局面はソフト評価値で後手有利なのだ。ちなみに今回は7二金型としているが、5二金型でもほぼ同じ手順で対応できる。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩v飛 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・v銀 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
後手番
手数=1  ▲4八玉(59) まで

右玉は4八玉で4七角成の筋の方を受ける。

後手の持駒:金 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩v飛 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v馬 ・ 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩二 
手数=4  △8七成(65) まで

8七銀成、同金、8七角成。
これで8筋が突破されそうなため、右玉不利に見えるが……。

後手の持駒:金 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩v飛 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v馬 ・ 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
後手番
手数=5  ▲7五銀打 まで

7五銀打が好手!
6六角打や8五歩打もあるが、こちらが上回る。

後手の持駒:金 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ 銀 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v馬 ・ 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
後手番
手数=7  ▲7四銀(75) まで

8五飛には7四銀! がある。
8六飛及び、8四飛には、6三銀成が5二玉型を咎める好手。

後手の持駒:金 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・ ・ 全v歩v歩 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v飛 ・ ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v馬 ・ 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩三 
後手番
手数=9  ▲6三銀成(74) まで

同玉は8七銀、同飛成、9六角打がある。
したがって5一玉か4一玉と逃げるが右玉優勢だ。

以上、早繰り銀の受け方でした。
今後も対早繰り銀については重点的に紹介したい。