右玉破り雀刺しへの対策

対矢倉

右玉の強敵となるのが、香車と飛車の連携によって端を狙う雀刺し。
気が付いたら収拾不能になっていることが多々あるので、常に意識してケアする必要がある。

テーマ図は以下の通りだ。

右玉に対する雀刺しの意思表示

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=45  ▲7七桂  まで

飛車の横効きを通し、雀刺しを狙ってきた局面。9八香、9九飛を狙っている。

飛車で対抗は桂跳ねが好手で右玉不利

ここで、7二玉など悠長に構えた場合はどうなるか。
七二玉に対して、矢倉側は9八香、対抗して9二香、9九飛、9一飛。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| 香 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=50  ▲9一飛  まで

これで9筋は受かったように見えるが、敵は甘くない。
8五桂と跳ねるのが好手。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
|v香 ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| 香 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
後手番
手数=51  ▲8五桂  まで

同桂と一瞬桂馬を得するが、8六歩から取り返され、歩切れの右玉側が不利となる。この局面は避けたい。

銀を引いて端攻めの受けにする手筋

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v銀v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・ ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩
手数=49  △7二銀  まで

7二銀と引き、端攻めに備えるのが雀刺しへの対策。「とっておきの右玉」でも似た局面が触れられている。

7二銀に対して端攻めを強行してきた場合は、以下のようになる。
9二香、8三銀、9九飛、8四銀。以上で受かる。
以降は、6三金などで上部を補強しておきたい。

9筋を捨てて、玉の大移動もあり

一方、端攻めを察知したら、早めに玉を移動させるのも手だ。やばくなったら、右玉を捨てるという右玉ならではの感覚が必要になる。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v玉 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=49  △5一玉  まで

5一玉と、玉の早逃げ。右玉をあきらめる一手。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| 香 銀 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=52  ▲9九飛  まで

図は、5一玉に対して、9八香、4二玉、9九玉と構わず端攻めを敢行してきた局面。
9筋が崩壊寸前で怖いが、ソフト的な評価値はまったくの互角。

以降、ソフトの最善手を紹介すると、8六歩、同歩、同飛、8七銀、8一飛、8六歩、8三飛。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・v飛v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 桂 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| 香 ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=56  ▲8三飛  まで

8筋の歩を交換して、相手に歩を打たせてから8三飛と浮き、9筋に備える。人間的に指しにくいが、これで互角のようだ。このような手順もあることは覚えておきたい。