【局面図あり】増田康宏六段、7二金型右玉を採用! 持久戦から中住まいに変化しリードを広げて快勝

7二金型
※主催者のしんぶん赤旗様から一部局面図についての使用許可をいただきましたので再編集して公開します。詳細は最後にて。

2019年9月24日に行われた新人王戦で増田康宏六段が話題の7二金型右玉を採用してくれたので紹介したい。

増田六段は「矢倉は終わった」など、サービス精神旺盛な発言でも有名。「7二金型右玉は始まった」なのだろうか?
対するのはアマ超強豪の早咲誠和アマ。

本局は角換わりから先手が早繰り銀、後手は7二金型右玉へ。
先手は▲3五歩の仕掛けを保留して駒組みへ。一方の右玉も4三銀型に組み換え。
長い駒組みの末、後手は右玉を捨てて玉を左に引っ越しし、最終的には中住まい。一方の先手は銀冠。
お互いに仕掛けにくい局面が続くが、後手が機敏に仕掛け、リードを広げて快勝した。
7二金型右玉といえば、先手が積極的に仕掛ける展開の対局が多かったので、持久戦調になった本局は参考になるだろう。

棋譜は将棋連盟ライブ中継アプリから確認できる。
将棋連盟ライブ中継アプリ

また、しんぶん赤旗にて観戦記が10月11日~19日付で掲載予定だ。

7二金型右玉の課題局面に

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=30  △6二玉(51) まで

戦型は角換わりから先手早繰り銀 vs 7二金型右玉へ。
ここで▲3五歩からの仕掛け気になるところだが、この形では成立しない。

具体的には、▲3五歩、△同歩、▲同銀、△1四歩、▲2四歩、▲同歩、▲同銀の時点で▲2七歩打がある(以下変化図)。

変化図

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀 ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・ ・ 銀v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・v歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
手数=8  △2七歩打 まで

▲同飛は△4九角打、▲3八飛も△4九角打で、はやくも後手優勢。
7二金型右玉を指すなら知っておきたい変化だ。

後手、千日手模様から仕掛けて優勢に

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 桂 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=73  ▲7八玉(88) まで

本譜は先手が仕掛けず、お互いに固め合う展開に。
仕掛けどころがないまま先手は銀冠、後手は中住まいに変化。
後手の組み換え方も面白いので棋譜を見てほしい。

ソフトの評価は千日手。ソフト同士ならお互いの玉が左右運動をして千日手になりそうだ。

が、ここから増田六段は仕掛ける。
▲8五歩から桂交換して以下の局面。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・v香|二
| ・v桂 ・v銀 ・v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|六
| ・ 銀 ・ 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩 
手数=88  △8三桂打 まで

△8三桂打の控えの桂が好手。局面は後手有利。
以下、▲7七金に構わず△7五桂と跳ねて細い攻めを成立させた増田六段の勝利となった。

局面図の使用許可について

しんぶん赤旗様から初の許可

日本将棋連盟が「棋譜利用に関するお願い」という声明を出してから、右玉NOWでは4局ほどお問い合わせをさせていただいた。
返信は新人王戦を主催するしんぶん赤旗様が初めて。

棋譜利用についてはしんぶん赤旗紙が掲載する10月11日から19日付が基本だが、部分的な局面図の解説はOKとのこと。というわけで、本エントリは仕掛けの部分のみ解説させていただいた。
しんぶん赤旗掲載以降は棋譜使用も可能という。

ほかの3局は返信待ち

現在、棋王戦の深浦-羽生戦(2019/9/17)、高見-稲葉戦(2019/9/20)、叡王戦の近藤-佐藤和戦(2019/9/20)も棋譜使用を依頼しているが、1週間以上経って返信なし。こちらについてもしばらく待ちたい。一部局面でも構わないので許可をいただければ幸いだ。

個人情報の扱いはちょっと気になる

棋譜使用の問い合わせは日本将棋連盟のフォームから氏名、電話番号、住所、メールアドレスなどの個人情報を入力して行ったが、返信は日本将棋連盟からではなく、主催社側だった。
個人情報についての取扱説明がなく、第三者(主催者ではあるが)への提供の許可を与えた記憶もないので気になるところ。
個人的には別に構わないが、きちんと明記しておかないと不快と思う人は出てくるはずだ。
まったくの第三者に提供されてしまったら困るけど。

というわけで、右玉NOWは増田六段、新人王戦、しんぶん赤旗を応援します!
しんぶん赤旗様には改めて感謝します!