「棋譜利用に関するお願い」について、右玉NOWでの現状と希望

コラム

2019年9月13日、日本将棋連盟から公式ホームページで以下のような通知がされた。

<棋譜利用に関するお願い>
 公益社団法人日本将棋連盟と各社が主催する棋戦で作られる棋譜は両者の共通の財産であり、棋譜の無断使用は両者の財産を損なう恐れがあります。 商業的目的に供する場合など、私的利用の範囲を超えて棋譜(図面を含む)を使用される場合は、事前に下記フォーマットへご連絡をお願いいたします。

日本将棋連盟からこのような発表があるということは、スポンサーから苦情があったのだろう。一定の理解はできる。

右玉NOWとしての方針は、新規対局については許可を得た対局のみ局面図を掲載し、過去の記事についてはとりあえず図面掲載のまま保留。
過去記事についても削除するのが筋かも知れないが、もう少し様子を見させてほしいところ。いずれは全記事について許可を問い合わせる予定だが、現在の対応状況をみるとちょっと心配なところがあるからだ。

というのもの、右玉NOWが問い合わせた対局が以下の8局。

日時 棋戦名 対局者 返信
2019/9/17 棋王戦 深浦康市-羽生善治 なし
2019/9/20 棋王戦 高見泰地-稲葉陽 なし
2019/9/20 叡王戦 近藤誠也-佐藤和俊 なし
2019/9/24 新人王戦 早咲誠和-増田康宏 9/27に返信。一部局面図許可
2019/9/27 朝日杯 阿部健治郎-中村修 なし
2019/10/2 順位戦 大石直嗣-澤田真吾 なし
2019/10/3 叡王戦 森内俊之-木村一基 なし
2019/10/4 叡王戦 阿部光瑠-村中秀史 なし
2019/10/9 新人王戦 高野智史-増田康宏 なし

しんぶん赤旗主催の新人王戦以外は返信すらない。
審査されているかどうかすら不明だ。ちなみに自動返信のメールもないので届いているかどうかも不安。

日本将棋連盟には詳しいガイドラインを作成してほしい

現状についてまとめると、日本将棋連盟は棋譜利用許諾のためのフォーマットを作成し、問い合わせてきたブロガーやYouTuberについては極一部を除き、拒否か無視で対応していることになる。

日本将棋連盟はもう少し詳しいガイドラインを発表してほしい。
恐らく棋戦(スポンサー)によって対応は違うはずなので、

〇〇戦→ブログ、YouTube、SNSでの局面図掲載は一切不可
▲▲戦→公式の観戦記掲載までは不可、それ以降は可
□□戦→局面図2つまでは紹介可能

という風な情報があれば、無駄な問い合わせをする必要がなくなる。「一切拒否」にしたスポンサーのイメージが悪くなりそうなので、問題があるかもだが。

個人的にこんなシステムなら嬉しいというもの

以下は個人的な期待である。目新しい意見ではないが、こうなってほしいなと思うところだ。

まずは、日本将棋連盟がオフィシャルな棋譜データベースを公開する。マネタイズに関してはアドセンスなどの広告が嬉しいが、月額会員制でもよいだろう。

棋譜利用をしたいブロガーやYouTuberは、公式棋譜データベースの対局ページに対してリンクを貼ることを利用の条件とする。
スポンサー側としては、棋譜利用されたくない棋譜はデータベースで公開をしない。もしくは、観戦記掲載後一定期間後に公開をする。ブロガーやYouTuberは、公開されていない対局の紹介は禁止(法的に禁止できるかどうかは置いておいて……)。

逆に、データベースの対局ページに紹介しているブログやYouTubeの記事へのリンクがトラックバック的に貼られればユーザーの利便性も高まる。これは難しいかも知れないが。

日本将棋連盟の今後に期待!

以上「棋譜利用に関するお願い」について、右玉NOWでの現状と希望でした。今後動きがあれば追記します。

右玉NOWは今後も日本将棋連盟を応援します!