角交換風車右玉と5四角打の戦い

右玉対策の対策

角交換型6七銀型の右玉(風車右玉)に対し、矢倉側が△5四角打と打ってくることがある。
3筋、7筋の桂頭を狙う手で、初見では受けづらく、対応を間違えると、すぐに潰されてしまうだろう。
実際、△5四角打ちがソフトの推奨手になることも多い。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v角v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
先手番
手数=40  △5四角  まで

これが問題の局面。対応方法を検討していこう。

手筋の▲6五歩

右玉側の対策として推奨するのが、▲6五歩だ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v角v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=65  ▲6五歩  まで

△同歩もしくは△同桂の場合

対応として考えられるのは、△同歩もしくは△同桂。

△同桂に対して、▲同桂、△同歩なら▲7三角打で馬が作れる。△同角なら▲5六歩。いずれも、わずかに右玉がよし。

△同歩は、▲5五角打。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v角v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 角 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
後手番
手数=43  ▲5五角  まで

△8三飛と受けたところで、▲4五歩、△同歩、▲5六銀。

後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・v飛v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v角 ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 角v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 桂 ・ 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=47  ▲5六銀  まで

ソフト評価値的には互角だが、右玉側に楽しみが多い。矢倉側が苦労する展開になるだろう。

△8一飛の場合

さて、▲6五歩の局面だが、実は△同歩や△同桂以外の手も十分に考えられる。最善手はむしろ、その他の手かもしれない。
まずは、△8一飛。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v角v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
先手番
手数=42  △8一飛  まで

のちの▲7三角打が飛車あたりになるのを防いでいる。▲6四歩、△同銀は、狭かった角の行き場が増えているので、矢倉側も悪くない。局面は互角。

▲5六銀ならば、△6五桂、▲5五銀が考えられる進行だ。

△1五歩からの端攻めへの対応

そして、もう1つ。△1五歩と端攻めしてくることも考えられる。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v角v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
先手番
手数=42  △1五歩  まで

▲同歩に対しては、△1八歩打が痛い。▲同香とすると、△3五歩が厳しい。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v角v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・v歩 ・ 歩|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ 香|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
手数=46  △3五歩  まで

取れば当然ながら△1八角成でゲームセット。▲4五歩で対抗した局面は悪くはないが、好んで選ぶ順でもない。

▲2五桂、△2二銀、▲6四歩、△同銀、▲1五歩、△1八歩打、▲同香、△2四歩、▲6五歩打あたりが進行の一例。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v銀v角v歩v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 桂 歩|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ 香|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
先手番
手数=51  ▲6五歩  まで

この局面は複雑ながら右玉有利だ。なお、手順中、△2二銀ではなく、△2四銀とした場合は、▲5五角打が好手となるのでこちらも覚えておこう。

以上が△5四角打との戦い方法だ。

なお、同じ局面は、「とっておきの右玉」でも言及されている。形が少し違う5六歩型に対する△5四角打も触れられているので、参考にしてほしい。

タイトルとURLをコピーしました