右玉次の一手 飛車先交換の大きなスキを見逃さない

右玉次の一手

久々に右玉次の一手を紹介。右玉初心者向け。
アマ同士の対局からで、テーマ図は以下の通り。

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩v飛 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
手数=48  △8六飛(82) まで

先手角換わり右玉で、左銀を交換済み。先手は飛車先を交換してきたが、重大なスキが生まれていた。
後手の形がここまで甘いことは滅多にないが、見逃さないようにしたい。
正解手と呼ばれる手は3つほどある。

やってはいけない手

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩v飛 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
後手番
手数=49  ▲8七歩打 まで

▲8七歩打は自然に見えて、大きなチャンスを逃している。一応この手でも互角ではあるが。
相手の構えによっては▲8七歩打が良い手のケースも十分にあるが、最後に考えたい手だ。

正解手1

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ 歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩v飛 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
後手番
手数=49  ▲5四歩(55) まで

▲5四歩は、玉の位置を見た好手。
△同歩は、▲9七角打が間接王手飛車で、先手勝勢。

同金は▲5五歩が激痛(以下図)。

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v金v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩v飛 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
後手番
手数=51  ▲5五歩打 まで

△同金は▲6四角打が飛車金取り。
△6四金は▲9七角打が間接飛車金取り。これは先手一本あった。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ 歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩v飛 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
手数=50  △4二銀打 まで

というわけで、後手最善手は△4二銀打(ソフト検証)。
これはいかにも後手が苦しい。
ここで、▲8七歩打でもよいし、▲5四歩打、△同金、▲6三角打でもよさそう。

正解手2

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩v飛 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 角 ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=49  ▲9七角打 まで

先に▲9七角打も正解。ただし、飛車が逃げたあとの次の手が見えてないとダメ。

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩v飛v歩 ・ 銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 角 ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=51  ▲5四銀打 まで

△8四飛に、▲5四銀打が好手。
△同歩とは当然取れず、後手は対応が難しい。

△8六歩打や△8六銀打で角先を止める手は、▲6三銀成で先手よし。
△8六歩打からの△8七歩成は▲5三角成、△8六銀打△9七銀は▲同桂で先手の攻めが速い。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩v飛v歩 ・ 銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩v銀 歩|六
| 角 ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=52  △2六銀打 まで

△2六銀打は後手の鬼手だが、これも▲6三銀成で大丈夫(▲同飛は△8九飛成)。
以下、△2七角打は▲2八玉と寄って怖い形だが耐えている。

正解手3

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩 ・v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ 銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩v飛 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=49  ▲5四銀打 まで

最後は▲5四銀打。この手も十分にあり、正解と言ってよいだろう。
△同歩は▲9七角打。△6四角打など角で受ける手は、一瞬、飛車と角銀交換になるが、▲8一飛打が王手角取り。が、これよりも▲6一飛打の王手金取りの方がさらによさそう。

というわけで、右玉次の一手でした。
今回は後手が3一玉型というスキのある形なので成立した手筋。似た形でも成立しないことはあるので注意しよう。