対早繰り銀と対腰掛け銀から右玉次の一手(2問)

右玉次の一手

今回は右玉次の一手。実戦でもあり得る局面だ。
1問目は対早繰り銀だが、ちょっとしたスキがあった。
2問目は対腰掛け銀。相手は強引な攻めだが、受け間違えると通ってしまう。
両方とも難易度は高くないが、その先まで読んでみてほしい。

第1問 対早繰り銀、相手の緩手を咎める

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=47  ▲7九玉(68) まで

何気ない▲7九玉だが、この形では良くなかった。右玉有利となる次の一手とその後の読み筋は?

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩v歩 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=48  △3六歩打 まで

正解は△3六歩打。先手は対応に難しい。

▲同飛の場合は

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 飛 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・v角 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
手数=50  △2八角打 まで

△2八角打。これで香取りが受からず後手有利。

▲4五桂の場合は

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂 銀 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩v歩 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・v角 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=50  △5九角打 まで

△5九角打がある。▲7九玉としたので生まれた一手。この金取りを受けるのは意外と大変。
金が逃げれば△2六角成で飛車を取れる。
▲2八飛は△3七歩成で後手勝勢。

したがって、▲3九角打が粘りのある一手だが……

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金v銀 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ 歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂 銀 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・v角 ・ 角 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=52  △3七歩成(36) まで

△3七歩成で後手良し。以下、▲4九金か▲5八金で逃げつつ角に当ててくるが、△7七角成と切った局面は先手の角が遊び、と金もあって後手有利だ。

第2問 露骨な角打ちに対する手筋

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 角v歩 ・v銀 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=49  ▲5三角打 まで

対腰掛け銀4五桂から、先手は露骨な▲5三角打。下手な受け方をすると、一気に不利になってしまう。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 角v歩 ・v銀 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v角v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=50  △4四角打 まで

△同金は相手の攻めが刺さって敗勢。
△5一飛は▲2ニ歩打が厳しい。

というわけで、正解は△4四角打と角で合わせる手。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 角 ・ ・v銀 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=53  ▲5三角打 まで

先手は▲同角成に、△同歩で再度▲5三角打と打ってくる。

後手の持駒:角 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 角 ・ ・v銀 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=54  △4五歩(44) まで

ここで△4五歩として桂馬を外すのが正解。▲2六角成などで馬を作られるが、桂得は大きく後手有利な局面だ。

以上、右玉次の一手でした。