将棋ウォーズの棋譜をSHOGIGUIで読み込む(「リモートサーバーがエラーを返しました」対策)

将棋ソフト
2020年2月5日アップデートのShogiGUI ver 0.0.7.16で新しい将棋ウォーズの形式に対応されています。
ShogiGUI

2020年1月19日現在、将棋ウォーズの棋譜をShogiGUIで直接読み込もうとすると、「リモートサーバーがエラーを返しました」と表示されてしまう。

これは将棋ウォーズ側の仕様変更が原因だ。
そこで、対策方法を紹介したい。

ShogiGUIが新仕様に対応するまでの一時的な方法です。

「将棋ウォーズ棋譜検索」を経由する方法

きなこもちさん作「将棋ウォーズ棋譜検索」はいち早く将棋ウォーズの仕様変更に対応されており、棋譜を読み込むことができる。


将棋ウォーズ棋譜検索」を開き、将棋ウォーズのIDを入力して「検索」ボタンをクリックする。


棋譜のリストが出るので、棋譜解析したい対局の右側にある「棋譜コピー」をクリックする。

※この画面でお気に入りに入れておくと次回からはすぐに検索結果を表示できる。


ShogiGUIで「編集」→「棋譜貼り付け」を選択する。ショートカット「Ctrl」+「V」も簡単でおすすめ。


ShogiGUIに棋譜が読み込まれ、検討が可能になる。

「KENTO」ならWeb上で即検討が可能

将棋ウォーズの棋譜を読み込んで検討をするならば、「KENTO」というWebサービスを活用する方法も便利。ソフトは必要なく、スマホでも利用可能だ。


将棋ウォーズの棋譜一覧から棋譜を選び、右上の「ツイート」をクリックする。


テキストボックスを全選択してからコピーする。ショートカットで、「Ctrl」+「A」から全選択をして、「Ctrl」+「C」でコピーする方法が簡単だ。


KENTOをブラウザで開き、右上の「≡」をクリックして「Load URL」をクリックする。


テキストボックス内でコピーしたテキストを貼り付ける。「Ctrl」+「V」とすればOKだ。


KENTOで読み込まれ、検討ができるようになる。

以上です!

※将棋ウォーズ側が外部での棋譜検討を阻止したいと考えているならば、再び仕様変更があるかも……。できれば棋譜出力の余地は残してほしいところです。

タイトルとURLをコピーしました