糸谷流右玉潰し・3三桂&端角への対策 その1(対美濃囲い)

糸谷流右玉

糸谷流を潰すために、3三桂&1三角の形から攻めてくることは常套手段だ。
糸谷流右玉にとって非常にやっかいな相手で、油断するとすぐに潰されてしまう。

そこで対策方法を考えてみよう。

2二角と桂跳ねを見せたら要警戒

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v飛 ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 玉 金 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=28  △2二角  まで

振り飛車側が2二角。これが油断ならない一手で、警戒しなければならない。

角覗きの端歩を早めに突いておく

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v飛 ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 銀 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 玉 金 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=29  ▲9六歩  まで

9六歩は9七角からの攻めを見せた一手。

後手の持駒:なし
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v飛 ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ 銀 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 金 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=31  ▲9七飛  まで

振り飛車は1四歩と端角も見せに来ている。
右玉は受けではなく、攻め合いを目指して、9七角で迎え撃とう。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 角 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 金 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=33  ▲7七桂  まで

6二金と受けた手に対して、7七桂と力を溜める。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v飛 ・ ・v香|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・v金v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ ・|六
| 角 歩 桂 ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 金 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=35  ▲5六銀  まで

5七銀で4筋を補強する

3三桂に対しては5七銀で受ける。この状態なら4五歩はあり得るものの、即潰されてしまう心配はない。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v飛 ・ ・v香|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩v角|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ ・|六
| 角 歩 桂 ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 金 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=36  △1三角  まで

振り飛車は1三角と覗いて最高の攻め態勢に。何も準備せずにこの状態にしてしまうと潰されてしまう。

攻め合いで五角以上の戦いを目指す

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v飛 ・ ・v香|一
| ・v玉v銀v金 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩v角|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 玉 金 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=40  ▲6五桂  まで

6五桂と攻め合いを選ぶ。振り飛車側も守りは堅くない。反動を狙おう。
6四歩と桂頭を狙う手は同角で大丈夫。
この状態で4五歩に対しては無視して5三桂成で糸谷流右玉有利。4二金と受けることになるが、一瞬飛車先が止まる。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v飛 ・ ・v香|一
| ・v玉v銀v金 ・v金 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v桂v歩v角|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ ・|六
| 角 歩 ・ ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ 金 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=39  △5八玉  まで

糸谷流右玉として指しておきたいのが、5八玉。飛車筋を避けて、防御力が増す。
(4六歩打はケアしなければならないが)

この状態はほぼ互角。角先を狙う9四歩は、2九飛と地下鉄飛車を実現させて大丈夫。

5二金と飛車筋を開けてきたら、やはり2九飛。
まだまだ難しい局面は続くが、互角には戦えるはずだ。

以上、3三桂と端角に対抗する手段を紹介した。
今回は振り飛車側も最低限の囲いで攻めているので成立したが、場合によっては、攻め合いで潰されてしまうケースもある。また別の機会で検討したい。