「おうちでAbemaTVトーナメント2DAYS」で谷合廣紀四段の右玉談義

コラム

2020年5月1日に放映された「おうちでAbemaTVトーナメント2DAYS」で谷合廣紀四段の右玉談義が面白かったので紹介したい。

「おうちでAbemaTVトーナメント2DAYS」とは、世界初というビデオチャット対局番組。

2日目の放送は以下からどうぞ
世界初ビデオチャット生中継!おうちでAbemaTVトーナメント 羽生九段登場!
※9時間の長丁場です!

この中で行われた糸谷哲郎八段 vs 谷合廣紀四段戦の対局後のトークで、谷合四段が興味深いことを話されていた。
(ちなみに1局目の糸谷八段の作戦は糸谷流右玉風だったので、そちらも注目!)

谷合廣紀四段は2020年4月にプロ入りした新四段。奨励会在籍中に東京大学に合格、現在は博士課程に在籍中という超エリートである。

第1局後のトーク

山口女流「谷合先生、右玉も得意という風な話を伺ったんですけども」

谷合四段「私は右玉ばっかり指してたんですけど、気づいたら振り飛車党になっていて」

戸部七段「ちょっと似てますもんね、感覚がね。王様が右に」

谷合四段「あ、ほんとですか」

戸部七段「違いますか(笑)」

糸谷八段「そうなんですか。僕は振り飛車下手ってよくいわれるんで、学びたいですね、その感覚を」

山口女流「谷合先生は振り飛車で三段リーグを抜けたという感覚があるんでしょうか?」

谷合四段「そうですね。三段リーグ一期目の頃はほんとに全部右玉指してたんですけど、今回上がった期は全部振り飛車でしたね。四間飛車とかばっかで」

第2局後のトーク

山口女流「(大学受験の話になって)その間、将棋ってどうされていたんだすか?」

谷合四段「三段リーグだけだったので対局が。その手前くらいに24で指すとか。その頃ほんとに右玉しかやっていなかったので、あんまり序盤の最新形とか追わなくて良かった身だったので、なんとか両立できていたかなって感じですね」

山口女流「なるほど、自分の得意戦法を持つというのが……」

谷合四段「そうですね。それが大きかったですね。ほんとに横歩取りとか最新形を追っていたんだったらちゃんと毎日勉強しないと研究で負けてしまうと思うので、右玉という自分の型を持っていたからそこらへんは融通が効いたかなと思います」

谷合四段が右玉のスペシャリストだったという話は掲示板でも聞いてましたが、本当だったんですね……。現在は振り飛車党ということですが、右玉もまた指してほしいものです。
聞き手の山口女流も「右玉を勉強したい」とのことなので、公式戦で山口女流の右玉が見られるかも!?

ちなみに初日は谷川浩司九段が右玉を採用しています。
以下のリンクから対局のみ再生できるので、こちらも併せてどうぞ。

第3回AbemaTVトーナメント – おうちで – 第1局 谷川浩司九段 対 森内俊之九段 | 将棋 | 無料で動画&見逃し配信を見るなら【ABEMAビデオ】

タイトルとURLをコピーしました