銀速攻に対する風車右玉の対応方法

風車右玉

角交換をしない風車右玉に対し、後手側が銀を速攻で繰り出してくることがある。正しく応対しないと、角銀交換になってしまうので十分に注意したい。

テーマ図は以下の局面。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v銀v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=46  △6四銀  まで

右玉側の囲みは完成済み。次の7五歩の仕掛けがやっかいだ。

歩を捨てて銀を好位置からずらす

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩v銀v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=47  ▲6五歩  まで

6五歩が右玉の手筋。同銀と取らすことで、銀の位置を遊ばせる。銀を引くようなら、右玉側の得なので悪くない。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金v銀v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v銀 ・ 歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=48  ▲4五歩  まで

右玉の継続手は4五歩。このタイミングで仕掛けよう。同歩、同桂、4四銀と進んだのが、以下の図。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v銀 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=50  △4四銀  まで

4四銀に変えて、2二銀と引く手には、4四歩打があるのでやりにくいだろう。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v銀 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=51  ▲4六歩  まで

右玉は4六歩と支えよう。
ここで後手側の手が広い。

5五歩には5六歩でこじあける

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v銀v歩 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=52  △5五歩  まで

後手の5五歩は、危険な角筋を止める自然な対応だ。この手に対して、5六歩でこじ開けよう。

5六歩、同歩、同銀右、同銀、同銀となった局面は以下。

後手の持駒:銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=57  ▲5六銀  まで

ソフト評価的には互角だが、右玉的には満足だろう。以降は、8六歩からの角交換が予想される。

7二角と日和ったら角切りから強襲

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v角v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v銀 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=50  △4二角  まで

△4二角と固めてくるのは悪手。
4四角と角をきって、同金に5三銀打がある。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v角v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 銀 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩v金v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v銀 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=55  △5三銀  まで

右玉にはよくある筋なので覚えておきたい。

桂を食いちぎる手はない

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v銀 ・v銀 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=50  △4五銀  まで

4六銀と桂を取り、同歩に5五桂を狙ってくるかもしれない。
しかし、この手は悪手。
4五銀の瞬間に1一角成、2二角、同馬、4五歩とすれば、次に5五桂と打たれても、香得しており、右玉優勢だ。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂 ・|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v玉 ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩 ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・v銀v桂 歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 香 
手数=56  △5五桂 まで

後手は7五歩から攻めてくる

後手の継続手は7五歩だ。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金v角v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩v歩v銀 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=50  △7五歩  まで

ここから、同歩、同角と進んだところで、6九飛と回ろう。

後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩v角v銀 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=51  △6九飛  まで

6筋の突破を狙う一手。5五歩と角筋を止めてきたら、6六歩、同銀、同角、同飛とさばいていこう。

後手の持駒:角 銀 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・v歩 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 飛 ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
後手番
手数=56  △6六飛  まで

互角の局面。以降、4四銀で飛車成を止める手などが考えられる。

5五歩ではなく、7六歩の場合はどうか。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩v角v銀 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・v歩 ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=56  △7六歩  まで

これは元気よく、6六銀、7三歩成、7五銀、7二と、6五飛の大捌き。

後手の持駒:角 金 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v金 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・v歩 銀 飛 ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・vと ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
後手番
手数=61  ▲6五飛  まで

正確には、後手やや有利だが、7九角打なども残り、実戦的にはいい勝負になるだろう。