森内俊之の鉄板流右玉! 菊水矢倉を攻略

プロの右玉

羽生竜王の永遠のライバルと言えば、森内俊之十八世名人資格保持者。
遅咲きではあるが、羽生よりも先に永世名人の資格を有した超一流棋士の一人である。

そんな森内の特徴は、「鉄板流」と呼ばれる強烈な受け技術。
そんな鉄板流が炸裂したのが、2004年の王座戦挑戦者決定戦の渡辺明戦だ。

2004-08-03 王座戦渡辺明 vs. 森内俊之 王座戦

風車右玉に対して、渡辺は右玉キラーとも呼べる菊水矢倉で対抗。

菊水矢倉 vs 風車右玉

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩v歩|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 金 ・ 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ 銀 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=38  △8一飛  まで

菊水矢倉と右玉の戦い。一般的には右玉不利という局面だが、この時点では評価的にまったくの互角。

後手の持駒:歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛v角 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v銀v歩 歩v金 ・v歩 ・|四
| ・v歩v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ 角 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 桂 金 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
手数=84  △7四銀  まで

渡辺の巧妙な攻めに形を大きく乱されたところで、7四銀打! と補強。ソフト的も一致した読み。
このような補強ができるかどうかも、粘り強い右玉が指せるかどうかの分水嶺となるのだろう。なかなか難しいが。

後手の持駒:角 歩八 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v角 金 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v金v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v銀v歩v銀 ・ ・ 飛 ・|四
| ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・ ・v桂 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩 
手数=110  △6六桂  まで

5二金打と張り付かれて嫌なところだが、ここで6六桂打と反撃。

後手の持駒:角 歩八 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v角 金 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v金v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v銀v歩v銀 ・ ・ 飛 ・|四
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 銀v歩v桂 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩v桂 ・ ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 玉 歩 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩 
手数=116  △7七桂  まで

飛車取りを放置して7七桂打と寄せに出る。

後手の持駒:金 銀 歩八 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v角 金 ・ ・ 龍 ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v金v桂 ・ ・|三
| ・ ・v銀v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩v飛 ・v桂 ・ ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀v角 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 歩二 
手数=124  ▲8六飛  まで

次の6二金が見える中、自玉の安全を見切って飛車切り。その後は寄せ切って勝利。見事菊水矢倉を攻略した。
鉄板流らしい早めの補強が好手となった一局。
悪手らしい悪手はなく、攻守の切り替えタイミングも絶妙で、右玉党にとって参考になる部分も多いだろう。