角交換型の相右玉・桂頭をめぐる戦い

相右玉

角交換した合右玉で見かける手が3筋からの桂頭攻め(後手から攻める場合)。
強烈な攻め筋とは言えないが、下手に受けてしまうと、一気に崩壊してしまうこともあるので、あらかじめ対策は考えておきたい。

2二金と寄って桂頭攻めを準備

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=37  △2二金  まで

2二金で桂頭攻めを見せる。先手は9筋攻めなどが有力だが、まずは後手側の狙いを見てみよう。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=42  △3五歩  まで

開戦は3五歩の突き捨て。
4四銀を先にすると、4五歩から追われてしまう。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v銀 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=44  △4四銀  まで

突き捨てからの桂頭狙い。単純だが、受けにくい。
しかし、これで後手の攻めが決まったわけではない。

2七玉で受かるが危険度高い

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v銀 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 銀 桂 玉 ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=45  ▲2七玉  まで

2七玉というアクロバットな受け。
これで一応受かっているが、受け切るにはかなりの力が必要になるので、この局面にはしたくない。
後手の継続手は1五歩。7一角打なども注意したい。

2四歩が反撃の手段

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v銀 ・ 歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=45  ▲2四歩  まで

2四歩が対抗の一手。同歩、同飛、2三歩打、2九飛、3五歩。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
手数=50  △3五銀  まで

ここらか3六歩打、同銀、同銀、同飛、7四金、3一飛のときに、手にした一歩で3六歩打と受けることができる。

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・v飛v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 歩 ・ 金 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ 玉 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
後手番
手数=50  ▲3六歩  まで

この局面はわずかに先手よし。4八銀打などの攻めは続かないので、一息はつける。

以上が相右玉の攻め筋の1つを紹介した。
余談だが、ミギーは基本的に相右玉は指さない。
相手が右玉の場合は、腰掛け銀にして、右玉側の指し回しを勉強するようにしている。
たくさん対局できるネット将棋などで、右玉を勉強したいひとにはおおすすめの方法だ。