右玉の天敵・遠見の角対策その1

角換わり右玉

右玉対策として使われるのが遠見の角。
とくに筋違いで放たれる1八角(9二角)には苦戦することが多い。

今回のテーマ図は以下の通り。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 角|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=41  ▲1八角  まで

早繰り銀 vs 右玉模様から、先手は銀交換を避けて9八角と設置。
放置すれば、当然6三角成、同金、7二銀打がある。

気合で右玉にする6二玉、強襲を防ぐ8二飛などが考えられるが……。

右玉にする手もあるが苦労は多くおすすめできない

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 角|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=42  △6二玉  まで

初手貫徹で右玉にした場合。ソフト評価値的には互角だが、先手のちょっかいに対して、慎重な対応が必要だ。
例えば、7五歩。これだけでも手になってしまいまそう。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 角|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=43  ▲7五歩  まで

同歩には7四歩打。同銀とは取れないので、桂馬を跳ねて攻め合いになる。
ほかに、5五銀の突進も厄介だ。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 角|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=43  ▲5五銀  まで

次に6四銀があるため、飛車の位置をずらすことが必要。

右玉をあきらめるのが得策か

遠見の角に対するソフト最善手は8二飛。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 角|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=42  △8二飛  まで

下段飛車を諦めるため、右玉は諦める。
玉も4二に囲って、角打ちを空振りさせることを目指そう。

対して、先手は3五歩、同歩、同銀から再び早繰り銀に来るが、8五飛浮きが面白い一手。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ 銀 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 角|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=46  ▲△8五飛  まで

ソフト指摘の手で、かなり指しにくいがこのような筋があると知っているだけでもよいだろう。

仮に2四歩としてきたら、3五飛と銀を掠め取ってしまう。
2三歩成は3九飛成でゲームセットだ。

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀 とv歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 角|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・v龍 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=50  △3九龍  まで

従って、8五飛には4六銀として、じっくりとした戦いになる。

以上、遠見の角に対して軽く触れたが、右玉にこだわることは捨て、柔軟に対応する必要はあるだろう。
まだまだ遠見の角は深いので、今後も扱っていきたい。

コメント