王座戦二次予選で、郷田真隆九段が7二金型右玉! 難解な終盤の結末は?(局面図あり)

プロの右玉

2021年3月25日に行われた王座戦二次予選で、後手番の郷田真隆九段が右玉を採用してくれたので紹介したい。

郷田真隆九段は羽生世代の超強豪で、タイトル獲得は6期。居飛車本格派で、数は多くないが右玉を採用することもある。若い頃のイケメンぶりでも有名。

対する先手は三枚堂達也七段。若手の実力者で角換わりが得意。Twitterはこちら

棋譜はスマホアプリ「日本将棋連盟モバイル」で観戦できるのでそちらでどうぞ。

本譜は王座戦における棋譜利用ガイドラインに従い、盤面図を利用させていただきます。

第69期王座戦ニ次予選
主催:日本経済新聞社、日本将棋連

角換わり拒否の出だしから7二金型右玉へ

序盤は先手が角換わりを拒否。先手早繰り銀、後手の6筋のちょっかいなどもありつつ、後手は7二金型右玉へ。先手は居飛車のまま戦うことになる。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・v銀v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩v角 ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 角 ・ 銀 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 桂 銀 歩 歩 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=40  △6二玉(51) まで

この後、結局角交換となり、先手は対右玉の定跡▲1八角を放つ展開となった。

ここから

後手の▲1八角の受け方は右玉党にとって参考になるだろう。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・v銀 歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 銀v角 ・ 歩|六
| 歩 歩 桂 銀 歩 歩 桂 角 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ ・ ・ 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=50  △3六角打 まで

△3六歩で▲同角と取らせて、△3五歩。▲2七角に△3六角打(上図)でブロックに成功した。ここで先手の最善手は▲4八金だったが、本譜は▲3七角で右玉有利の展開となった。

右玉リードの展開

本局は攻め合いになるが、右玉リードの展開に。以下の局面は、後手優勢。

後手の持駒:角 金二 銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛v玉 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v金 ・ 角 ・ 龍 と ・|二
|v歩 ・v桂 銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩v圭 銀 歩 金 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ 玉 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩四 
後手番
手数=89  ▲6三銀打 まで

後手玉は▲6一角成などからの詰めろ。先手玉は詰めろではなく、正確な指し回しが必要だ。

△同銀は▲同角成があり、△同金だと詰んでしまうため選びにくい。しかし、△6二桂打で受かっており、結果的にはこちらがよかったかもしれない。

一方、ソフトの候補手は△4九金!

後手の持駒:角 金 銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛v玉 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v金 ・ 角 ・ 龍 と ・|二
|v歩 ・v桂 銀v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩v圭 銀 歩 金 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ 玉v金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩四 
手数=90  △4九金打 まで

金を捨てる手なので読みが入っていないと指せない。
以下、▲同玉に△2七角打、▲3八歩打を入れてから△6三銀。▲同角成に、△同角成と取れるという寸法だ(以下変化図)。

後手の持駒:角 金 銀二 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛v玉 ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v金 ・ ・ ・ 龍 と ・|二
|v歩 ・v桂v馬v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ 歩|六
| 歩 歩v圭 銀 歩 金 ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ 玉 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 桂 歩三 
手数=96  △6三馬(27) まで

この局面は後手優勢。
本譜は△6二金打としたために互角の形勢。以下、詰めろがほどける展開にならず、難解な展開から先手の指し回しが正確で逆転となってしまった。

というわけで、右玉側の負けとなったが終盤までは優勢な展開だった。
右玉NOWは今後も郷田真隆九段を応援します!

タイトルとURLをコピーしました