【右玉次の一手】対▲5八金型早繰り銀への対応 素直な歩打ち以外の手は?

右玉の基本・勉強

今回のテーマ図は対▲5八金型の角換わり早繰り銀。
早繰り銀の場合、4九金で保留してくることが多いが、この形もよく見かける。

で、▲5八金型で早繰り銀で攻めてきて、▲3四歩を入れてから▲2四銀としてきたのが今回のテーマ図となる。

テーマ図

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金v銀 ・|二
|v歩v歩v桂v銀v歩v歩 ・ ・v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ 歩 銀 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=33  ▲2四銀(35) まで

テーマ図はこちら。見やすいように上下反転させてもらう。以下、符号も反転する。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩二 
手数=1  △8六銀打 まで

というわけで、反転したテーマ図はこちら。パッと見は▲8七歩で収める手だが、ソフトの推奨手は違うので、別の手を考えてみてほしい。

動画で観たい場合はこちら

ソフト推奨手

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・ 歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=2  ▲7三歩打 まで

ソフト推奨手は▲7三歩打!
▲5五角や▲6六角なども有力のようだが、今回はこの手を考えてみてみよう。

狙いはタイミングを見ての▲7一角打や▲7二歩成、△同飛、▲8三角で馬を作る手順などだ。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・v桂v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 ・ ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=4  ▲7四歩打 まで

△同桂とするのは、▲7四歩で、と金作りか桂馬を取れてこれは先手優勢。しかし、さすがに△同桂はないだろう。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・ 歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v歩 ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ 銀 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=3  △8七歩打 まで

△8七歩は自然な一手。これは当然▲7九銀と逃げる。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・ 歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v歩 ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=4  ▲7九銀(88) まで

ここでやや手が広いが、△5五角は高い確率で有り得そう。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・ 歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v歩 ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
手数=5  △5五角打 まで

この手に対する対策を知らないと、▲7三歩は指せない。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 角 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・ 歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v歩 ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=6  ▲7一角打 まで

ここは狙いの一手である▲7一角打。
△9二飛には、▲8二歩ではなく、▲8四歩!

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 角 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
|v飛 ・ ・ ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・ 歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ 歩 ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v歩 ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=8  ▲8四歩打 まで

この垂らしが重要だ。▲8二歩は△8三桂と桂馬を逃げられて、▲8一歩成に△8五桂で後手有利。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 角 ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ と ・v金v玉v金v銀 ・|二
|v歩 ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v飛 ・ ・v角 ・ ・ ・ ・|五
| ・v銀v歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩v歩 ・ 歩 歩 銀 桂 歩 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 銀 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=8  ▲7二歩成(73) まで

というわけで、後手は飛車を浮くが、▲7二歩成が入る。
△9九角成は残るが、右玉有利だ。
以下の進行例はこちら

以上、右玉次の一手でした。
もっと解きたい方は、右玉次の一手カテゴリからどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました