糸谷八段が角換わり右玉で羽生竜王に勝利!(糸谷流右玉ではないよ)

プロの右玉

糸谷八段といえば、対振り飛車の糸谷流右玉が有名だが、順位戦A級という大事な舞台で角換わりの右玉を指してくれた。
しかも相手は羽生竜王! 右玉党にとっては興奮が抑えられない一局だ。

まずは、以下の棋譜を並べてみよう

2018-07-26 順位戦羽生善治 竜王 vs. 糸谷哲郎 八段 第77期順位戦A級1回戦

出だしは6二金型角換わり腰掛け銀模様

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=36  △5四銀  まで

序盤は相腰掛け銀。6二金、8一飛の流行型。
このようにいきなり右玉にするのではなく、相手の態度によって右玉に移行するのがプロの指し方といえる。

玉の大移動を経て右玉へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・v玉 ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v銀v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=46  △4一玉  まで

5二玉→4一玉と玉の移動で相手の出方を待つ。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・v銀v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 銀 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=52  △7二玉  まで

玉の大移動を経て、52手目にして右玉に。

4六角打との戦い

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・v銀v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 角 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=59  ▲4六角  まで

先手が4六角を設置。6四銀が狙いだが、受けにくい。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・v銀v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 角 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ ・ 桂v角 ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=60  △2七角  まで

6四銀は甘受して2七角打。右玉側から狙い筋になりやすい一手だ。

緩手から羽生竜王の攻めが冴える

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・v銀v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 銀 歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 角v馬 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=62  △3六馬  まで

角・飛取りになる3六角成。しかし、この手は甘く、先手に形勢が振れてしまう。
6四同銀なら互角だった。
ここからは羽生竜王の流れるような攻め。

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v玉v銀v銀v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ 桂 ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・v馬 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩二 
後手番
手数=69  ▲6五桂  まで

5三歩成、同銀、7三銀成、同金、同角成、同玉、6五桂打で上図。

再び形勢は難解ながら右玉へ

後手の持駒:角 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v馬v銀v玉v歩v金v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・ 龍 ・ ・ ・ 歩 ・ 桂 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩二 
後手番
手数=91  ▲2五桂  まで

少し進んで2五桂。しかし、自然に見えるこの手が悪手で形勢が右玉側に。
しかし、ここからも当然ながら難しい。
糸谷八段の受けの技術は右玉党にとって参考になる。

後手の持駒:角 香 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・v飛 ・v金v桂v香|一
| ・ ・v銀 金 ・ ・ 銀 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v歩 歩v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩v玉v歩 ・v歩|四
| ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v馬|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=100  △7三桂  まで

飛車取りは放置し、7三桂打と攻め駒を攻める一手。

最後はスパっと決め手右玉勝利!

後手の持駒:飛 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v香 ・ ・ 金 ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v銀 ・ ・ ・ と ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・ ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・v歩v玉v歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ ・v角 ・ 桂 ・|五
| 歩 歩 歩 歩 歩v馬 ・ 歩 歩|六
| ・v歩 銀 ・ ・ 銀 ・ ・ ・|七
| 玉 ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩 
手数=120  △7九飛  まで

端歩を入れつつ、最後は7九飛打。同金は同馬が詰めろ。羽生竜王はここで投了した。

コメント