【コラム】ミギーと右玉との出会い

コラム

ミギーが将棋をはじめたのは30歳を過ぎてからとだいぶ遅め。
高校時代の友人が将棋倶楽部24にはまり、それから自分も指すようになった。
もちろん、将棋のルールをまったく知らなかったというわけではなく、駒の動かしかたは知っていたし、矢倉という囲いがあることもなんとなくわかっていた。
そんなミギーが右玉と出会い、右玉党となった話を紹介したい。

将棋倶楽部24の高すぎる壁

当時のネット将棋といえば、将棋ウォーズ将棋クエストはまだ存在せず、初心者はYahoo!将棋、本格的にやるなら将棋倶楽部24という感じだった。

というわけで、ビビリつつも将棋倶楽部24へ登録を行う。
将棋倶楽部24では、最初に棋力を申告する項目があるが、控えめに14級にしておいた。
15級が駒の動かしかたを覚えた人、ということで問題ないと思っていたのだ。

しかし、将棋倶楽部24は初心者に甘くなかった。
なすすべなく、4連敗。
将棋倶楽部24ではレーティング(R)制を採用しており、強さの指針になるが、200から始まったRは急落してしまったのである。

藤井九段の本で四間飛車を勉強

「なにか戦法を1つ覚えなきゃな……」
と考えて、ネットで調べると藤井九段の「四間飛車を指しこなす本」の評判がよい。
というわけで、将棋の第一歩は四間飛車の真似事からはじまった。

「四間飛車を指しこなす本」で基本を学び直してから、再デビュー。
苦戦しながらもポツポツと勝利をあげることができ、R400台には上がれるようになっていた。
それでも、級でいえば12級。将棋倶楽部24のカテゴリ分けで言えば「低級」。
初心者をギリギリ抜けたというところだろう。

忘年会で「右玉使い」と出会う

そんなある日、当時所属していた事務所の忘年会で、周囲がわいわいと飲んでいるなか、ミギーは友だちと将棋を指していた。

そこに、「お、将棋ですか~」と仕事関係の知り合いであるZさんが話しかけてきた。
「Zさんも指しますか?」と聞いたところ
「ぜひ、おねがいします」ということで一局指すことに。

ミギーは唯一知っている四間飛車で挑む。
すると、Zさんは見たこともない陣形に。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v金v玉 ・v金 ・v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 角 ・ 歩 金 桂 歩 ・|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=36  △8一飛  まで

お、糸谷流右玉か」という声がギャラリーから漏れる。

糸谷流? なんぞそれ?

いま考えれば、一目見て糸谷流右玉とわかるギャラリーがいたことがすごいがそれどころではない。
攻めどころがわからないミギーはなすすべくもなく敗勢となり、そして投了。
「いやー、強いですねZさん、ネット将棋とかもやってます?」と聞いてみると
「24で2級です」と恥ずかしそうに答える。
「え? 2級!? すごいっすねー自分は12級ですよ!」
これは本心で、Rが1300を越える2級は雲の上の存在だった。

ミギー、右玉党になる

その後、話してみると、Zさんは根っからの右玉党。
ミギーはZさんを将棋の師とあおぎ、将棋倶楽部24のIDを教えてもらい、棋譜を参考にさせてもらった。
さらには、当時手に入りにくかった「右玉伝説」も頂くことに。
(現在は棋界に伝わる二つの秘法 雁木・右玉伝説で手に入るよ!)

そこからミギーの右玉人生ははじまったのである。