現代右玉の著者・青嶋未来五段が右玉で勝利! 最後は長手数の詰みを読み切る

プロの右玉

右玉党にとって、今年もっとも話題の本が青嶋未来五段による「変幻自在! 現代右玉のすべて(以下、現代右玉本)」。

その著者である青嶋未来五段が、新人王戦の対佐々木勇気六段戦で右玉を披露した。

2018-08-23 新人王戦佐々木勇気 六段 vs. 青嶋未来 五段 第49期新人王戦トーナメント戦

青嶋五段が右玉を採用するのは、現代右玉本発売後では、おそらく初めて。
右玉ファン注目の1局となった。

2二金保留の角交換型風車右玉へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v銀 ・v金 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=12  △2二金  まで

上図は先手から角交換してきて2二金と取ったところ。
現代右玉本の第一章で紹介されている「角交換型風車右玉」だ。
特徴は、2二金を保留したまま進めること。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v歩v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=27  ▲4七銀  まで

27手目の4七銀の局面は、現代右玉本19ページの途中図と比べ、9筋の歩の突き合いがない以外は同じ局面。
先手はいつでも2筋の歩を切れるが、保留中。
形勢は互角。なお、この作戦を採用するためには、先手からの棒銀の対応方法を知っておく必要がある。
そこらへんは、現代右玉本に詳しく書かれているので、参考にしよう。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=34  △6二玉  まで

後手は右玉へ。右玉党歓喜の一瞬。

先手は飛車を6筋へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=43  ▲6九飛  まで

右玉は5四銀型に組み、先手は飛車を6筋へ。
右玉対策としてよくある手筋だ。
ここから佐々木六段の指し回しがうまく、右玉はやや作戦負けに。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩 歩 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩三 
後手番
手数=55  ▲4五歩  まで

この局面まで、ソフトは3三桂や1五歩を推奨していたので、右玉がやや動きすぎだったかもしれない。
4五歩に対して、強く同歩と取ったのが勝負手。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 角 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩v歩 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=57  ▲4四角  まで

王手香取りの4四角打は当然のように見えるが、この手が悪手(ソフト的に)というから将棋は難しい。
先に2二歩と叩いておけば、同金は王手金取りだし、同桂は3四歩が残るので、先手優勢を維持できた。
感想戦では2四歩打が示されたそうだが、そちらでも4三角打よりはよさそう。しかし、2二歩打の方が上か。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩v歩 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
手数=60  △3三桂  まで

7二玉と逃げて、1一馬に対して、3三桂。
この手が馬に当たる。
ただ、ソフトは4六歩、同銀を入れてから3三桂という読み。

先手を惑わせた5六角打

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ 馬|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩v角v歩 銀 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
手数=64  △5六角  まで

右玉は4六歩、3六銀を入れたあと、5六角打の勝負手。
先手の立場として考えてみると、対応は難しい。
ソフトの候補手は4八歩打。3八角成を許すようで打ちにくいが、それには、3九角打!に5六馬、4七金で馬が死ぬ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ 馬|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩v馬v歩 銀 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 金 ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 飛 ・ ・ 香 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
後手番
手数=69  ▲6七金  まで

4七金までの参考図。

というわけで、本譜では3九飛と受けたが、これが緩手。
形勢が右玉側に振り動いた。

青嶋五段の読みの深い好手

少し進んで右玉が角をバッサリと切った以下の局面。右玉側が指しやすいが、まだまだ互角。

後手の持駒:金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ 馬|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩v桂 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・v歩 銀 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩二 
後手番
手数=69  ▲7八玉  まで

ここで指しにくい好手があるが、青嶋五段は見事の指してみせた。
次の一手とその後の進行を考えてみてほしい。
実戦なら平凡に3七桂成としてしまいそうだが、別の手がある。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ 馬|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩v桂 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・v歩 銀 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・v金 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩二 
手数=70  △2八金  まで

正解は、2八金打!
金がそっぽにいき、かなり打ちにくいが、ソフト的にも好手。

以降4九飛、3七桂成、4六飛、3六桂成、同飛、1九金、4四桂打、8六歩、同歩、1一香打が青嶋五段の狙い。

後手の持駒:銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ 馬|二
| ・ ・v桂v銀 ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 桂 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 歩 歩 歩 ・ ・ 飛 ・ ・|六
| ・ ・ 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩四 
手数=80  △1一香  まで

この手で馬が死ぬ。
ただし、この局面は5二桂成なら先手優勢だった。

後手の持駒:銀 桂二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v飛|一
| ・ ・v玉 ・v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・v歩v桂 ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 香v歩v歩v銀 角 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・v歩v角 歩 ・ ・|五
| 歩 歩 歩 歩 ・ ・ 飛 ・ ・|六
| ・ ・ 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 香 歩四 
手数=88  △4五角  まで

飛車取りに対して、王手飛車の角打ちで対抗する派手な局面。
そして、ハイライトは次の局面。

青嶋五段、長手数の詰みを読み切る

後手の持駒:飛 金 銀 桂 香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v桂 金 ・v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・v玉v桂 ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 玉 ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩四 
後手番
手数=99  ▲7二金  まで

先手は7二金と必至をかけてきたところ。右玉は相手を詰ますしかない。
かなり難解な29手詰めがあるが、読みきれるだろうか?

後手の持駒:桂 香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v桂 金 ・v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・v玉v桂 ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
|v桂 ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 玉 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・|八
| 香v龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 香 歩四 
手数=108  △9五桂  まで

正解は、7九銀打、同玉、6九飛打、8八玉、8七金打、同玉、8九飛成、8八銀打に9五桂打!
この桂馬を取ると、6九馬から簡単に詰む。というわけで、桂馬は取れない。

後手の持駒:香 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v桂 金 ・v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・v玉v桂 ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
|v桂v桂 ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| 玉 ・ 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・|八
| 香v龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 香 歩四 
手数=110  △8五桂  まで

8五桂打が追撃。同歩、同桂に8六玉と逃げたのが次の局面。

後手の持駒:香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v桂 金 ・v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
|v桂v桂 ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 玉 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・|八
| 香v龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 香 歩四 
後手番
手数=113  ▲8六玉  まで

この局面でもまだ難しい。

後手の持駒:香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v桂 金 ・v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・v桂 ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 玉 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・v圭 銀 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・|八
| 香v龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 香 歩四 
手数=114  △8七桂成  まで

8七桂成!
これが好手。
(実際は7六馬でも詰みますが……)

同銀、同龍、同玉に7七桂成、同玉。

後手の持駒:銀 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v桂 金 ・v銀 ・v金 ・ ・|二
| ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀 ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・ ・|五
| 歩v銀 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ ・ 玉 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・v馬 ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v金|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 金 桂三 香 歩四 
手数=120  △8六銀  まで

8六銀打までで、佐々木六段は投了。
青嶋五段の右玉の勝利となった。

以下は、同玉、8五香打、7七玉、8六銀打、8八玉、8七銀成、7九玉、8八銀成まで。

次戦は藤井七段の可能性もあるので、再び右玉が躍動する姿を見たい。