女流王座戦準決勝で伊藤女流二段が右玉を採用して勝利!

プロの右玉

最近では公式戦での右玉は珍しくなくなったが、女流棋戦も例外ではない。
8月29日には、リコー杯女流王座戦本戦トーナメント準決勝で、伊藤女流二段が右玉を採用してくれた。

棋譜は以下を参照してほしい。

2018年8月29日 第8期リコー杯女流王座戦本戦トーナメント伊藤沙恵女流二段 対 加藤桃子奨励会初段

スマホなので見られない、という方は以下

2018-08-29 女流王座戦加藤桃子 初段 vs. 伊藤沙恵 女流二段 第8期リコー杯女流王座戦本戦トーナメント

棋譜解析の結果は以下の通り。

右玉 vs 矢倉の戦いへ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v銀v角v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 角 玉 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=34  △6二玉  まで

先手矢倉に対して、後手は右玉へ!
右玉党注目の一局となった。

相手の陣形を見て、右玉から仕掛け

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v角v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩v歩|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=40  △1五歩  まで

1五歩と後手の右玉から仕掛け。
先手の玉が入城する前に攻めたいという一手だ。

この手が成立するかどうかは非常に興味深いところ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v角v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩 歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=43  ▲2四歩  まで

同歩、同香に対して、2四歩は手筋。
しかし、ここはじっと1七歩打とされるほうが右玉は辛かったか。
ソフト的に、やや先手有利となる。

とはいえ、2四歩も悪い手ではない。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩v角 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=44  △2四角  まで

伊藤女流は同角と取る。
2四歩は論外だが、ここでは1九香成もあったかもしれない。

1九香成、2三歩成と攻め合いになるが、そこで1五角と飛び出す。

後手の持駒:香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ と ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v角|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・v杏|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=46  △1五角  まで

さらに、3二と、3七角成、2二飛成、4七馬の激しい攻め合い。

後手の持駒:銀 桂 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ と 龍 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 金 ・v馬 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・v杏|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩二 
手数=50  △4七馬  まで

局面は互角だ。

本譜では以下の局面に。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩v角 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 香 香|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=49  ▲2六香  まで

端攻めでよくある変化。
先手目線では、糸谷流右玉でもあり得る。

以下は、1六歩、2四香、1七歩成、2六飛、2四歩

後手の持駒:香二 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩v銀v歩v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 飛 ・|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・vと|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=54  △2四歩  まで

右玉は角香交換となるかわりに、と金を作ったことが主張だ。

先手が決め手を逃して右玉優勢に

少し進んで以下の局面。

後手の持駒:香 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 角 ・|一
| ・ ・v玉 ・v銀 ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・v桂 ・ ・|三
|v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩 ・|四
| ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・v龍|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩v香 ・|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 飛 ・|七
| ・ ・ 金 角 ・ ・ ・ 歩 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 歩 
手数=72  △5二銀  まで

難しい局面だが、ここでのソフトのみは2六飛と強く香車を取って、同龍に対して、2七金打!というもの。
大事な金を辺境で使ってしまうのはいかにも筋が悪いが、これで先手が指せると見ている。
実戦は1六歩打から龍の場所を動かしつつ、4五桂の勝負手を放ったがが、これが悪手。以降は右玉側に評価値が傾いていく。

最後は華麗に寄せ

以降は伊藤女流が詰めろ詰めろで迫り、以下の局面。

後手の持駒:桂 香 歩八 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・|一
| ・ ・ ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩 角 ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ ・ 歩 ・ 金 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ ・v角 ・v杏 ・|七
| ・ 玉 金v銀 ・ ・ ・ 歩 ・|八
| 香 桂v龍 ・v龍 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 桂 
手数=106  △7九龍  まで

7九龍が読み切りの一手で、先手玉は詰み。
9七玉と逃げても、同金でも詰み。本譜は、同金、同龍と進んで、以下の局面で加藤初段が投了。

後手の持駒:金 歩八 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・|一
| ・ ・ ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩 角 ・|四
| ・v桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩v桂 ・ 歩 ・ 金 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ ・v角 ・v杏 ・|七
| 玉 ・ ・v銀 ・ ・ ・ 歩 ・|八
| 香 桂v龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 金 銀 桂 香 
手数=114  △8六桂  まで

8六桂打。同歩は7八龍、同銀は8八金打までとなる。

以上、伊藤女流の右玉でした。

コメント