森内俊之永世名人資格者の雁木右玉!

プロの右玉

2018年9月13日に行われた竜王戦の2組昇給者決定戦、木村一基九段 vs 森内俊之九段で、森内九段が雁木右玉を採用してくれた。

森内九段と言えば、羽生竜王のライバルにして、永世名人資格者。鉄板流として強靭な受けが特徴。
対する木村九段も、受けの強い棋士で「千駄ヶ谷の受け師」の異名を誇る。

棋譜は以下からどうぞ。

2018-09-13 竜王戦木村一基 九段 vs. 森内俊之 九段 第31期竜王戦2組昇級者決定戦

森内九段、雁木右玉に

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩v銀v銀v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 銀 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=22  △5三銀  まで

先手矢倉模様に対して、森内九段は雁木。
一度は忘れさられて復活した流行の戦法である。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v銀v角v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 歩 歩 角 歩|六
| 歩 歩 銀 金 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=42  △8一飛  まで

森内九段、右玉へ。9筋の歩を突き越していることが主張。
この局面でのソフト評価は互角。後手としてはまずまずだろう。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v銀v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 銀 歩 歩 角 歩|六
| 歩 歩 銀 金 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=46  △3三桂  まで

先手は穴熊を志向。対する後手は手待ちして千日手を狙う筋もあったが、強く3三桂。

森内九段、鬼手6五桂を決行

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v金 ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・v角v歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・v桂 ・v歩 ・ 飛 ・|五
| ・ 歩 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩v歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ ・ ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀二 桂 歩 
手数=64  △6五桂  まで

64手目、森内の鬼手が飛び出す。歩頭に跳ねる6五桂!
ここでは5九角打という筋もあったと、「日本将棋連盟ライブ中継」アプリでも紹介されているので、そちらも参考にしてほしい。
ソフト的には、いずれも候補手の1つだが、本命は8八銀打だった。

森内九段、逃げ間違えたか

後手の持駒:角 金二 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ 桂 ・ 飛 ・|五
| ・ 歩 歩v角 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 玉 桂 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀四 桂 歩四 
後手番
手数=81  ▲4五桂  まで

上図は81手目、先手が王手をかけたところ。逃げ場は多く非常に難解だ。
森内九段は4ニ玉と逃げたが、やや悪手か。
5四玉や4四玉のほうがよかったようで、感想戦でも指摘されたようだ。

後手の持駒:角 金二 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
|v歩 桂 ・ ・ ・ 桂 ・ 飛 ・|五
| ・ 歩 歩v角 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 玉 桂 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀四 歩四 
後手番
手数=83  ▲8五桂  まで

この局面は飛車の強襲に備えて8七桂打としたところだが、これも緩手か。
後手に8九金打がある。

後手の持駒:金 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
|v歩 桂 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ ・|五
| ・ 歩 歩v角 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 玉 桂v角 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・v金 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀四 歩四 
手数=86  △6七角  まで

2九飛と引いて、8九金を狙う手が気になるが、6七角打! という妙手がある。これで後手勝勢だ。
従って、8九金打には、7九銀打や8八銀打などでがんばるが、これは後手に楽しみがある展開だろう。

森内九段、最後のチャンスを逃す?

後手の持駒:金二 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
|v歩 桂 ・ ・ ・ 桂 ・ 飛 ・|五
| ・ 歩 歩v角 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 玉 桂 銀 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ 金 ・ 銀 ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀二 歩四 
後手番
手数=87  ▲5八銀  まで

森内九段が3一玉と早逃げし、木村九段が5ニ銀打と受けに回ったところ。
森内九段にとって、ここが最後の勝負どころだったかもしれない。
実戦は7八角成と金を取ったが、ソフトの候補は別にあった。

後手の持駒:金 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
|v歩 桂 ・ ・ ・ 桂 ・ 飛 ・|五
|v金 歩 歩v角 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 玉 桂 銀 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ 金 ・ 銀 ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・v角 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀二 歩四 
手数=88  △9六金  まで

9六金打!
まさにソフトでなければ、指せないような妙手。

具体的には、同歩、同歩、9三歩打、9五桂打、9六玉、7七角成、6九銀打、8四桂打、9五玉、9四歩打、同玉、8三金打、9五玉、7八馬

後手の持駒:金 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v玉 ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金 ・ ・|二
| 歩v金 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・v桂v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| 玉 桂 ・ ・ ・ 桂 ・ 飛 ・|五
| ・ 歩 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ ・ 銀 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・v馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 銀二 桂 歩五 
手数=102  △7八馬  まで

この馬は取れない。となると、後手玉を詰ますか、8一の飛車と8三の金を両方外すしか無い。
調べてみたら、4三桂打で実現する。

同金は、5三角打!から詰み

2一玉は3一金打で同飛、同桂成。同玉は8一飛が王手金取りで負け、1ニ玉と逃げると2一銀打から詰み

というわけで、9六金打は先手が正確に指せば、ムリだったようだ。

本譜の7八角成、同金以降は、木村九段が優勢を広げて勝ち。
残念ながら雁木右玉が負けてしまったが、穴熊に対しても互角以上に戦えそうな戦法である。
また、プロ棋戦で登場することを願いたい。