妖刀・福崎文吾九段の風車右玉!

プロの右玉

叡王戦の福崎文吾九段 vs 佐藤康光九段戦で、福崎九段が風車右玉を採用した。

公式の棋譜は以下
2018年9月15日19:00 福崎 文吾 九段 対 勝者

将棋DB2の棋譜は以下
2018-09-15 叡王戦佐藤康光 九段 vs. 福崎文吾 九段 第4期叡王戦段位別予選九段戦

ニコ生のタイムシフトは以下
【将棋】第4期叡王戦 九段予選 福崎・佐藤・先崎
【niconico】プレミアムなら終了した番組を後から視聴です!

福崎九段は妖刀の異名で有名。最近では、ゲーマーとの一面もクローズアップされており、「ふくちゃん」のニックネームでも人気だ。

一方の佐藤九段は羽生世代の超強豪。現在は棋士会長も務める

風車右玉 vs 菊水矢倉へ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀v角v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ 角 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=35  8八角  まで

後手右玉に対して、先手は銀を引いて菊水矢倉を志向。右玉対策として、よくある作戦だ。この時点ではソフト的にまったくの互角。
ただ、次の5四銀はあまりよくなく、1四歩のほうがよかったようだ。
ソフトの読みは、1四歩、1六歩に4四角。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・v角v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 歩 ・ ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ 角 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=38  △4四角  まで

ここで先手は手が広いが、いずれも後手悪くない。
仮に先手が2四歩と歩交換してきたら、同歩、同飛に対して、3五歩が手筋。
以下、同歩、同角、2八飛、3三桂は後手ややよしだ。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v桂v銀v歩v銀v桂 ・ ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩v角 ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| 歩 歩 ・ 金 銀 歩 ・ ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ 角 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=46  △3三桂  まで

以上まで、3三桂までの分岐図だ。

右玉、積極的に攻める

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金v金 ・ ・v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 銀 歩 角 歩|六
| ・ 歩 桂 金 ・ ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=55  ▲4八飛  まで

上図は飛車が4筋に回って、4筋を巡る争いになったところ。
評価的には先手わずかによし。
ここで4三歩と謝る手もあったようだが、右玉側は積極的に仕掛けていく。

6五歩、同歩、6六歩打、5七金、6五桂、同桂、同銀。、

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金v金 ・ ・v角 ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v銀 ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩v歩 歩 銀 歩 角 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ 金 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 
手数=62  △6五銀  まで

後手好調に見えるが、この局面でも先手がわずかながらよさそう。
しかし、右玉にも楽しみが多く、実戦的には右玉を持って悪くないだろう。
先手の最善手は4四歩、次善手は4四角で、それ以外なら右玉に形勢が触れる。先手も4四歩は指しにくそうだ。

実戦は2四歩。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金v金 ・ ・v角 ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩 歩v歩|四
| ・v歩 ・v銀 ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩v歩 歩 銀 歩 角 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ 金 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 
後手番
手数=63  ▲2四歩  まで

この局面は右玉にとって最後のチャンスだったかもしれない。
本譜は同歩としたが、手抜いて強く7六銀と出る手があった。

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金v金 ・ ・v角 ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩 歩v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・v銀v歩 歩 銀 歩 角 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ 金 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩 
手数=64  △7六銀  まで

先手は2三歩成とする余裕はない。
2三歩成に6七歩成、2ニと、7七桂打、9八玉、7八と、同飛は以下の図

後手の持駒:金 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金v金 ・ ・ と ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・v銀 ・ 歩 銀 歩 角 歩|六
| ・ 歩v桂 ・ 金 ・ 桂 ・ ・|七
| 玉 銀 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 桂 歩三 
後手番
手数=71  ▲7八飛  まで

この局面は右玉がかなりよさそうだ。

佐藤九段、重厚な銀打ち

少し進んで以下の局面。

後手の持駒:角 金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・v歩 ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v桂v歩 歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 銀 ・ ・v歩 桂 ・|五
| 歩 歩 歩v桂 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀二 歩五 
手数=90  △3五歩  まで

お互い角を手持ちにした局面。ここで、先手の手を予想してほしい。

後手の持駒:角 金 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v飛 ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・v歩 ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v桂v歩 歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 銀 ・ ・v歩 桂 ・|五
| 歩 歩 歩v桂 歩 ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 銀 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ 銀 ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩五 
後手番
手数=81  ▲8七銀  まで

8七銀打!
ソフトも第一候補。この手で先手陣は安泰。
8筋からの攻めや、5九角打からの攻めも緩和している。

最後、右玉も攻めるが、佐藤九段は長手数の詰みを見逃さず、先手の勝利となった。

以上、福崎九段の右玉でした。