順位戦で山崎隆之八段が角交換型右玉!

プロの右玉

順位戦B級組の谷川九段vs山崎九段戦で、山崎九段が右玉を採用してくれた。

棋譜は以下の通り。
2018-09-20 順位戦谷川浩司 九段 vs. 山崎隆之 八段 第77期順位戦B級1組6回

山崎九段といえば、元祖西の王子。関西の強豪で、飄々とした解説でも人気だ。
一方の谷川九段は言わずとしれた棋界の大スター。山崎九段同様、関西所属でもある。

山崎八段、一直線右玉!

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=28  △6二玉   まで

序盤、角交換のあと山崎九段は右玉へ。
プロの右玉と言えば、ギリギリまで態度を決めないことが多いので、少し珍しい。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩v歩|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=32  △8一飛  まで

少し進んだ局面。8一飛と引いて右玉の完成。アマチュア同士の対局でもよく見かける局面だ。
ソフトの評価はほぼ互角。

山崎八段、手待ちして先手の出方を伺う

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・v金v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=36  △4二金  まで

36手目から後手は金を4ニと5ニの間で移動して手待ちをする。
右玉の陣形としては、この形で完成と見ているのだろう。

先手、6筋に攻めを集中。右玉は早逃げ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 ・ 玉 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=50  △5二玉  まで

先手は6筋に戦力を集中して攻め態勢に入る。
対して、右玉は早逃げ。戦場となる6筋から遠ざかりたいところ。

仕掛けは右玉から

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
|v歩v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 玉 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=52  △9五歩  まで

右玉は徹底して耐久と思いきや9筋から先に仕掛ける。
同歩、7五歩として、9五香と走って歩を補充して、7六歩。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香v歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・v歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 銀 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ 玉 ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩二 
手数=58  △7六歩  まで

香車を犠牲に桂頭への歩が入った。
局面はまだ互角のようだ。

右玉から飛車切りの強襲!

さらに少し進んだ局面。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・v飛v歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ 銀 桂 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ ・ 玉 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
後手番
手数=63  ▲8七銀  まで

右玉から飛車先の歩を交換したところに、8七銀と立って受けたところ。
ここで思い切った手が出る。

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・v歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・v龍 桂 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ ・ 玉 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
手数=64  △8七龍 まで

8七飛成!
後手陣はお世辞にも飛車打ちに強い陣形じゃないだけに気合の手。
ソフト的にも第一候補。さすがの踏み込みだ。

同金は当然だが、次の手も鬼手。

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
|v角 ・v歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ 金 桂 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ ・ 玉 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 香 歩三 
手数=66  △9六角  まで

9六角打!
これが飛車成からの継続手。この手が見えてないと、飛車切りはできなかっただろう。
この角を取ってしまうと、7七歩成で右玉勝勢。

というわけで、先手は8ニ飛打と王手をかけつつ8筋を受けた。

先手、馬を取らない勝負手も……

後手の持駒:金 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v金v玉 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・v歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・v馬 桂 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
手数=72  △8七馬  まで

この局面は、龍で馬が取れる。
当然取るものと思ったが、次の手は違った。

後手の持駒:金 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ 龍 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v金v玉 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・v歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・v馬 桂 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩三 
後手番
手数=73  ▲2九飛  まで

なんと、取れる馬を取らずに飛車を逃げつつ攻めに活を入れる2九飛!

恐らく、同龍とした場合、7七歩成、同龍、8五桂という展開が嫌だったのだろう。

後手の持駒:金 銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v金v玉 ・ ・|二
| ・ ・ ・v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香v桂 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ ・ 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ 龍 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 香 歩四 
手数=76  △8五桂  まで

以上が変化図。これなら評価はまだまだ互角に近い。先手はこちらを選ぶしかなかったかもしれない。

気がついたら戦型が入れ替わっている?

後手の持駒:金 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v銀 ・v金v玉 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・v馬 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ ・vと ・ 歩 玉 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:香 歩四 
後手番
手数=81  ▲4七玉  まで

81手目の局面。
まるで先手が右玉、後手が矢倉のような形になっている(笑)
忘れてはいけないが、後手が右玉である。

後手の持駒:金 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v銀 ・v金v玉 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 香v歩|四
| 香 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ ・v馬 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ ・vと ・ 歩 玉 桂 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩四 
後手番
手数=83  ▲2四香  まで

先手は2四香打。
桂馬でよくある手筋だが、香車でも代用が可能。
かなり厳しい一手に見えるが、7一歩打として右玉が耐えている。

ここからは山崎九段の流れるような攻めが決まって、以下の局面で先手投了。

後手の持駒:金 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| 龍 ・v歩 ・ ・v玉 ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v銀 ・v金 ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v歩v歩v桂 と ・|三
| ・ ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| 香 ・ 歩 ・ ・ 歩 ・v桂 ・|五
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・vと ・v馬 ・ ・ 玉 ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 金 銀 香 歩五 
手数=104  △5七馬  まで

2六歩打からの詰めろ。投了もやむなしか。
以上、山崎隆之九段の右玉。
右玉らしい早逃げが生きた一局で、参考になる手筋も多い。

なお、山崎九段と言えば、一手損角換わりの本も出しているので参考にしてほしい。

コメント