新人王戦準決勝で藤井聡太七段に対して、青嶋五段が先手右玉採用!

プロの右玉

新人王戦の準決勝という大舞台で右玉が採用された。
採用したのは、現代右玉のすべての著者でもお馴染み、若手強豪の青嶋未来五段。
対するは、将棋界の超新星・藤井聡太七段である。
期待しか持てない一局だ。

棋譜は以下からどうぞ。
2018-09-25 新人王戦青嶋未来 五段 vs. 藤井聡太 七段 第49期新人王戦トーナメント戦

プロでは珍しい先手右玉

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v玉v角v桂v香|一
| ・v飛 ・v銀 ・ ・v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・v金v銀v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 銀 歩 ・ 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ ・ 玉 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=27  ▲4八玉  まで

青嶋五段、はやくも右玉の態度を表明。
プロ棋戦で先手の右玉は珍しく、現代右玉のすべてでも触れられてない。
結果的には少し早かったかもしれない。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・v玉 ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v角v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v銀v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=41  ▲8七歩  まで

先手右玉の完成。いわゆる矢倉右玉 vs 後手矢倉というという格好になった。

先手右玉、積極的に仕掛ける

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v角v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・v銀v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 銀 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=43  ▲5五歩  まで

青嶋五段、はやくも動く。5五歩突き。
実はこの攻め、現代右玉のすべてでも似た局面があり、解説されている。

具体的には152ページの第5図(見やすいように上下反転してます)。

先後逆、端の歩突き、銀の位置、飛車先の歩の位置の違いがある。
この局面は、ほとんど互角だ。

一方で、本譜の5五歩の時点では、すでにソフトの評価値は後手有利(-400以上)。
相手が6四銀型だと、少し苦しい仕掛けだったかもしれない。

藤井七段、絶妙の歩垂らし

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・v角v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・v歩 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
手数=48  △5六歩  まで

歩銀交換のあと、藤井七段の手は5六歩打。この手が右玉崩しの好手で、ソフトでの最善手でもある。
右玉党としては流行してほしくなかったりする(笑)

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛v角v金 ・ ・|二
|v歩 ・v歩v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ 角 ・ 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩v歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 玉 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=54  △3六歩  まで

青嶋五段は堂々と同歩と取ったが、5二飛、5七歩打、3五歩、同歩、3六歩打と流れるように攻めが決まってしまった。

右玉、端攻めを敢行するが藤井七段の鬼手炸裂!

後手の持駒:銀 桂 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛v角v金 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金v銀v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・v歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 金 玉 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩三 
後手番
手数=61  ▲1五歩  まで

桂損に加え、形を大きく崩されて厳しい右玉だが、1五歩と端攻めを敢行。
同歩に対して、1三歩打と端攻めのセオリー通り攻める。
しかし、藤井七段の次の手は予想しにくい手だった。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・v飛v角v金 ・ ・|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金v銀v歩 歩|三
| ・ ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・v歩 ・ ・ ・ 歩 歩v歩|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 金 玉 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=64  △5四銀  まで

5四銀打!
非常に打ちにくい手だが、これが好手だった。
何もせずに次の5五歩打をくらってしまうとゲームセットなので、何かしら対応が必要だが、意外と難しい。
本譜は仕方がなく、3六金と対応した。

端攻めを逆襲して、右玉敗勢に

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・ ・ ・v玉v桂 ・|一
| ・ ・ ・ ・v飛v角v金v銀 歩|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v金 ・v歩v香|三
| ・ ・ ・ ・v銀 銀 ・ ・ ・|四
| ・ ・v歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 歩 金 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 玉 ・vと|七
| ・ 角 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=72  △1七と  まで

本譜は端攻めを逆用されてしまい、右玉がさらに苦しくなる。
広さを生かして早逃げをするが、敵陣は堅い。

後手の持駒:金 銀 香 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ 馬 ・ ・ ・ ・v玉v桂 ・|一
| ・ ・ ・ ・v飛v角v金v銀 歩|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v銀 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| 歩 ・v歩 歩 銀 歩v桂 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・vと ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ ・ ・v杏|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 香 歩三 
後手番
手数=87  ▲8一馬  まで

少し進んで、上図の局面。
右玉は広さに期待したいが広い形。すでに勝勢に近いが、次の藤井七段の手も絶品だった。
ぜひ、予想をしてほしい。

後手の持駒:金 銀 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ 馬 ・ ・ ・ ・v玉v桂 ・|一
| ・ ・ ・ ・v飛v角v金v銀 歩|二
|v歩 ・ ・v歩 ・v銀 ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| 歩 ・v歩 歩 銀 歩v桂 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・v歩 金 ・ 玉 ・ ・vと ・|八
| 香 桂 飛 ・ ・ ・ ・ ・v杏|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 香 歩三 
手数=88  △8八歩  まで

8八歩打!
逃げ道に刺さる好手。
さらに進んで次の局面。

後手の持駒:金 桂二 香 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・v銀v玉v桂 ・|一
| ・ ・ ・ ・v飛v角v金v銀 歩|二
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・v銀 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|五
| 歩 ・v歩 歩 銀 歩 馬 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 玉 ・ ・vと ・|八
| 香 飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v杏|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 香 歩五 
後手番
手数=94  △8九飛  まで

一見手がかりがなさそうだが、藤井七段は自玉の堅さを生かして寄せに入る。
流れるような攻めを棋譜で堪能してほしい。

※95手目からの棋譜リンク

以降は、長手数の詰みを藤井七段が読み切って快勝。
右玉の見せ場なかったが、藤井七段の恐ろしい切れ味が見られたのでよしとしよう。
青嶋五段は、今後も右玉を採用してほしい。

ちなみに、ソフト検討の結果が以下。

藤井七段の一致率は70%!
ネット対局だったら、相手のソフトを疑ってしまうところだ(笑)

形勢グラフは以下の通りである。

これを見ても藤井七段の完勝といえるだろう。

これで、藤井七段は新人王戦決勝進出。
ぜひ、優勝して棋界をさらに盛り上げてほしい。