右玉の教科書とも言える一局! 羽生竜王の右玉

プロの右玉

言わずとしれた将棋界のスーパースター羽生竜王。
オールラウンダーである羽生竜王は右玉も指しており、その棋譜は右玉党としてもバイブルになるはずだ。

羽生の右玉は、渡辺竜王(当時)を圧倒した2008年の竜王戦が有名だが、ここでは2016年の王位戦対木村八段戦を紹介したい。

当時の中継サイトがまだ残っているので、こちらから再生してみよう。

2016年9月12日~9月13日 第57期王位戦七番勝負 第6局羽生善治王位 対 木村一基八段

角換わりから左に玉を寄せるが、相手の動きを見て右玉に移行。53手時点が以下の局面である。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 角 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=52  △5三銀  まで

ここで先手の木村八段は2四歩。同歩に対して、同角と取った。これが疑問手だったようだ。

後手の持駒:角 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 角v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=55  ▲2四角  まで

自然のように見えるが、次の一手が機敏。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 角v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂v歩 ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=56  △2七歩  まで

同歩は5九角打が好手。馬作りを防ぐには5七角とバックすることだが、2六歩が激痛。

この展開は先手マズいだろう。というわけで、2七歩の叩きは取れない。これで後手が優勢となった。

以下、2九飛、4八角打、4六角、2八歩成。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 角 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 金 ・ 銀 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・v角 ・vと ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=60  △2八と  まで

同歩、2九角成で馬を作ることができた。
そして、ハイライトは次の場面。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀 ・v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 桂 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 角 歩 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 金 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・v馬 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
後手番
手数=67  ▲2五桂  まで

2五歩に対して、同桂と取ったところだが、ここからの手順が素晴らしかった。
4五桂と跳ね違って5八金と引いたところに、5七桂成!

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀 ・ ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 角 歩 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 ・v圭 銀 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・v馬 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩三 
手数=70  △5七成 桂  まで

この手が決め手。同角は同馬、同金、4八角打が飛車金両取り。同金は4五歩打、2四角、2一飛で角が死ぬ。というわけで、この桂成が取れないということではゲームセットといえるだろう。

以下はリードを広げた羽生王位(当時)の勝利。
右玉の理想とも言える、素晴らしい一局だった。