王将戦リーグで現役最強の豊島二冠が右玉を採用!

プロの右玉

王将戦の挑戦者決定リーグの広瀬章人八段 vs 豊島将之二冠の一局で、豊島二冠が右玉を採用してくれた。

2人は棋士レーティングの1位と2位。
現将棋界最高峰の戦いで右玉が登場したことは喜ばしいところ。

豊島二冠は、現在唯一となる複数タイトル保持者。才能は若い頃から期待されていたが、ついに開花したと言ってよいだろう。

一方の広瀬八段はレーティング1位棋士で、タイトル経験者。
竜王戦で、羽生竜王に挑戦中だ。

というわけで、棋譜は以下からどうぞ。

2018-10-19 王将戦広瀬章人 八段 vs. 豊島将之 二冠 第68期王将戦挑戦者決定リーグ戦

戦型は腰掛け銀模様から穴熊 vs 右玉となる。

出だしは腰掛け銀模様

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂 ・v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=37  ▲2五角  まで

序盤は角交換腰掛け銀模様の出だしに。プロらしく、一直線に右玉とはならない。
また、4五桂への警戒もできている形だ。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金v玉 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=40  △5二角  まで

後手は6三銀、5二玉として、同型になる可能性は低くなった。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v金 ・v玉v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=42  △4二玉  まで

玉が再び4二へ。相手の動きを見ている感じ。千日手は歓迎だろう。

後手、右玉へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=48  △7二玉  まで

4五歩を見てから、後手は右玉へ。
アマチュア同士の対局でも見かける、人気の局面となった。
最強棋士・豊島二冠はここからどんな構想を見せてくれるのだろうか?

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=54  △5三銀  まで

先手は穴熊でさらに堅く進める。
一方の、右玉も左銀を寄せて堅い守りに。

この局面でのソフト評価はまったくの互角。右玉党としては文句のない展開だ。

4六角打 vs 右玉の戦い

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 角 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=55  ▲4六角  まで

先手は4六角打。
この形ではよくある角打ちで、ソフトの最善手でもある。右玉にとってのテーマ図とも言ってよいだろう。右玉NOWでも今後研究していきたい局面だ。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀v歩 ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 ・v歩 角v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=59  ▲2四角  まで

右玉は待機策の5二金。
対して、先手は2四歩、同歩、同角と歩交換。

ちなみにここで同飛と取ってしまうと、1三角打がある。
実際はそれでも難しいが、右玉がやや有利となる。

少し形は違うが、以下のエントリも参考にしてほしい。

角交換右玉 vs 穴熊で飛車先の歩を切ってきた場合の対策
右玉にとって、相手が飛車先の歩を切ってきたときはチャンス。 素直に歩打ちで収めないのが、右玉の極意になる。 (そのうちケース別にまとめたいところ) 今回は相手が穴熊場合を検討してみよう。テーマ図は以下の通り。 安全な手は当然ながら8七歩打ではあるが、チャンスを逃してしまう。 穴熊のように金銀が一方に固まっている場合は、角打ちのスキがあることが多い。
後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀v歩 ・ ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 角v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=60  △5五歩  まで

右玉としては2三歩打も考えられるが、豊島二冠は5五歩で反撃。
同銀は4七角打があるため、この歩は取れない。
ただし、ソフトの検討によるとこの手が若干緩手だったようだ。
素直に2三歩打のほうが、互角を維持できたかも知れない。

後手の持駒:角 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v銀v歩v桂 ・ ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 角v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 銀 桂 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=62  △3三桂  まで

4七銀と引いた手に対して、3三桂。
やはり素直に2三歩とは打ちたくないところ。

広瀬八段の隙のない攻め

後手の持駒:角 銀 桂 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v桂 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金v歩 ・|二
| ・ ・v金 ・v銀 ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ 歩 桂 ・ ・ ・ ・|五
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 角 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩三 
手数=94  △5一桂  まで

少し進んで、次の局面。
右玉は崩壊間近、先手は安泰ということで、先手優勢の局面。
が、ここからも攻めは難しいと思われた。
しかし、広瀬八段の華麗なる攻めが決まる。

後手の持駒:角 銀 桂 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v桂 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・ ・v金v歩 ・|二
| ・ ・ 銀 ・v銀 ・ ・ ・ ・|三
| ・v金 ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 歩 歩 桂 ・ ・ ・ ・|五
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 角 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=99  ▲7三銀  まで

7四歩、同金、7五歩、8四金としてから、7三銀打!
銀を犠牲にして、玉を角筋に入れる一手。
厳しいが、後手は取るしかない。

後手の持駒:角 銀二 桂 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v桂 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v歩 ・|二
| ・ ・v玉 ・v銀 圭 ・ ・ ・|三
| ・v金 ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 角 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=101  ▲4三桂  まで

4三桂成の空き王手。
6三玉、5三成桂、同玉とするが、次の手も好手。

後手の持駒:角 銀二 桂二 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・v桂 ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ 銀 ・ ・ ・v金v歩 ・|二
| ・ ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・|三
| ・v金 ・ ・ ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 角 ・ ・|七
| 香 ・ 金 金 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 玉 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=105  ▲7二銀  まで

7二銀打!
飛車が詰んでいる。後手は飛車を取らせてる間に攻め合いにしたいが、ちょっと厳しいか。

豊島二冠が粘るも広瀬八段が攻め切る

後手の持駒:角 銀二 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 龍|一
| ・ ・ ・ ・v桂 ・v金v歩 ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|三
| ・v金 ・ 角 ・v玉v歩 ・v歩|四
| ・v歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|五
|v桂 ・ 金 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 桂 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 香 歩 
手数=130  △5二桂  まで

後手が5二桂と攻め駒を攻めつつ、4四にも効かせた場面だが、後手玉に詰みがあった。

後手の持駒:角 銀二 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 龍|一
| ・ ・ ・ ・v桂 ・v金v歩 ・|二
| ・ ・ ・ 銀 ・v桂 ・ ・ ・|三
| ・v金 ・ 角v玉 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 歩 歩 ・ 香 ・ ・ ・|五
|v桂 ・ 金 ・ ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| 桂 歩 ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・|七
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=133  ▲6三銀  まで

4五香打、5四玉に6三銀打が好手。
この手を見て、豊島二冠は投了した。
以下、同玉に6一龍、6二合、7二銀不成、5四玉、5二龍、5三合、6六型打まで。

序盤は右玉も互角だったが、広瀬八段の攻めをうまくつなぎ、決めきった感じ。
一局を通して、右玉が有利となる局面はなかったかもしれない。

しかし、右玉が悪かったわけではないと思うので、豊島二冠は今後も右玉を採用してほしいものです。