石井健太郎五段が角換わり右玉で渡辺棋王に勝利!

プロの右玉

王位戦予選トーナメント、渡辺明棋王と石井健太郎五段の一局で、石井五段が角換わりから右玉を採用してくれた。

渡辺棋王と言えば、永世竜王の資格を保持するトップ棋士。羽生竜王と藤井七段と比較すれば、世間の知名度は低いかも知れないが、将棋ファンであれば誰もが知っている人気棋士だ。

一方の石井五段は、若手棋士の強豪。デビューから5割以上の勝率を続けているが、最近はとくに好調で、ここ14戦だけを見れば12勝2敗という好成績。今年度も23勝9敗と勝率は7割を越えている。振り飛車を指すことが多いが、この一局では右玉で戦うことになる。

棋譜は以下からどうぞ。
2018-10-25 王位戦渡辺 明 棋王 vs. 石井健太郎 五段 第60期王位戦予選

角換わり右玉のスタンダードな局面へ

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩v銀v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 玉 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=34  ▲6二玉  まで

角換わりから、後手の石井五段は右玉へ。
非常にスタンダードな右玉で、渡辺棋王相手にどれだけ通用するのか? 右玉党にとっては興味深い局面となった。

後手の右玉から仕掛ける

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v銀 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
手数=40  △3五歩  まで

3五歩と、右玉からの積極的な仕掛け。この手が成立するかどうかは、右玉党にとっても大きなテーマ。
後手からは、4五歩と攻め合う手、4七銀や2六飛で桂頭を受ける手も考えられる。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v銀 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩v歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 
後手番
手数=41  ▲4五歩  まで

対する渡辺棋王は4五歩。
こうなると、数手は一直線。

後手の持駒:角 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ 歩 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ ・ 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
後手番
手数=45  ▲2六飛  まで

3六歩、4四歩、3七歩成に対して2六飛。
銀桂交換ながら、後手はと金作りに成功。
局面は互角だが、右玉側も指しやすく不満はない。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ 歩 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v角 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ ・ 飛 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
手数=46  ▲3五角  まで

4四歩も考えられたが、石井五段は4五角打。
ソフトも最善手なので、覚えておきたい手だ。

後手の持駒:桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v角 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
後手番
手数=49  ▲3九飛  まで

続いては、先手が3八飛として、対応を打診した手。
後手としては、3八歩打と先手を取るか、3六歩打にするか悩ましい。
石井五段は時間を使って3六打を選択。ソフトの最善手でもある。

左桂の活用で攻めを継続する

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・v角 歩 歩|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
手数=52  △3三桂  まで

先手の端攻めは手抜いて、3三桂。
右玉としても左桂は活用したい。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩 ・ ・ 歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v桂v角 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 歩 
手数=54  △4五桂  まで

1四歩の取り込みに、さらに4五歩。先手はこのまま5七桂成を許すわけにはいかないので、受ける必要がある。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v歩 ・ ・ 歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v桂v角 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 銀 歩v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
後手番
手数=55  ▲4六歩  まで

渡辺棋王は4六歩打。
角を呼び込んでから銀を取ることで、4四桂打ができる効果がある。
一方で、歩切れにもなるので両刃の剣でもある。

後手の持駒:銀 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ 桂 ・ ・ 歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・v角v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 
後手番
手数=59  ▲4四桂  まで

同角、4五銀、同歩、4四桂打。
この局面でのソフト評価値は-400程度。右玉有利だ。

矢倉崩しの8六桂打

後手の持駒:銀 桂二 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・ 角 ・ 歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・v角v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 
後手番
手数=63  ▲3四角  まで

先手は3四角打と角を手放す。
ここで先手の手は広い。攻めるか、陣形整備するか。

後手の持駒:銀 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・ 角 ・ 歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩v桂 歩 歩 ・v角v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 銀 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 
手数=64  △8六桂打  まで

石井五段は矢倉崩しの手筋である8六桂打を敢行。

後手の持駒:銀二 桂 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・ 角 ・ 歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩v飛 歩 歩 ・v角v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 ・ ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 桂 歩 
後手番
手数=69  ▲8七銀  まで

渡辺棋王は銀桂交換は感受し、8七銀打と堅く受ける。

後手、踏み込む手を逃す

後手の持駒:金 桂二 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v銀 ・ 角 ・ 歩|四
| ・ ・ ・ ・v角v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 金 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 桂 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩 
後手番
手数=85  ▲5六金  まで

少し進んで次の局面。後手が5五角と天王山に出たところに、先手は5六金打と堅く受ける。
非常に難解な局面で、石井五段も熟考。ソフト評価値は右玉わずかにリード。

後手の持駒:金 桂二 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v銀v角 角 ・ 歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 金 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 桂 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩 
後手番
手数=86  ▲4四角  まで

石井五段の選択は4四角。緩手とまではいかないかもしれないが、評価値は急落。
7七角成と切る手もあったかもしれない。
以下は変化図。

後手の持駒:金 桂二 歩四 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v桂v銀 ・ 角 ・ 歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 金 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 金 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 銀 桂 歩 
手数=88  △6四桂  まで

変化図の1つは、7七角成、同金、6四桂打。

この局面は後手有利。先手の指し手はソフトも迷うようで、6六角打や6五桂打という難解な手を候補に上げている。

先手もチャンスを逃したか

後手の持駒:金 桂三 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v角 角 ・ 歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 金 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 桂 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀二 歩 
手数=90  △5四銀  まで

次の局面。
ソフトの評価値は700近く先手に振れて逆転模様。
次の渡辺棋王の手は6三歩打の焦点の歩で悪くはなかったが、決め手が合ったかも知れない。
以下はソフトの予想手。

後手の持駒:金 桂三 歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・v玉v金 銀 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v角 角 ・ 歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 歩 ・ 金 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 桂 ・ 歩 ・vと ・ ・|七
| ・ 玉 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=91  ▲5二銀  まで

5二銀打!
右玉側の受け方も難しい。
ソフトは4二金打を予想。

以下、6一銀打。同金は6一銀、同飛、7三金、6一角成で後手崩壊。なので8三玉と逃げるが、5一銀不成から手が続く。

秒読み中の「事件」

後手の持駒:銀 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ 歩v歩 馬 ・ ・ 歩|四
| ・ 桂v桂 桂 歩v玉 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 ・v桂v銀 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 ・v金 ・ ・vと ・ ・|七
| ・ 玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 金二 歩二 
後手番
手数=139  ▲4四馬  まで

少し飛んで終盤。両者1分将棋に入った状態。
渡辺棋王は、4四馬と勝負手を放つ。

取るか、逃げるの2択だが……。

後手の持駒:角 銀 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ 歩v歩v玉 ・ ・ 歩|四
| ・ 桂v桂 桂 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 ・v桂v銀 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 ・v金 ・ ・vと ・ ・|七
| ・ 玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 金二 歩二 
手数=140  △4四玉  まで

石井五段は、同玉
しかし、この手は大悪手。後手玉に詰み筋が生まれてしまった。
読みきれるだろうか?

脊尾詰によると27手詰め

後手の持駒:飛 角 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ 歩 馬 ・v玉 ・ 歩|四
| ・ 桂v桂 桂 歩 ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 ・v桂v銀 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 ・v金 ・ ・vと ・ ・|七
| ・ 玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金二 銀 歩三 
手数=146  △3五玉  まで

渡辺棋王も順調に手を進めるが、次の局面。
記録係が、「30、40秒」と10秒読み間違えてしまう。
記録係「50秒~」
渡辺棋王「ええ!?」

そして、次の手が4五金打。

後手の持駒:飛 角 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ 歩 馬 ・v玉 ・ 歩|四
| ・ 桂v桂 桂 歩 金 ・ 歩 ・|五
| 歩 歩 ・v桂v銀 ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 ・v金 ・ ・vと ・ ・|七
| ・ 玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ 飛 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀 歩三 
後手番
手数=147  ▲4五金  まで

これで詰み筋から外れてしまう。

石井五段、受けの鬼手炸裂!

後手の持駒:飛 角 金 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ 歩 馬 金 ・ ・ 歩|四
| ・ 桂v桂 桂 歩v銀 ・v玉 ・|五
| 歩 歩 ・v桂 ・ ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 ・v金 ・ ・vと ・ ・|七
| ・ 玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩三 
後手番
手数=151  ▲2九飛  まで

しかし、受ける側も難解な局面。2九飛と回る。
次の石井五段の手はすごかった。
詰みを免れる手は、2種類しかない。1つは2八飛だが、石井五段はもう1つの手を選択する。受けの勉強として考えてみてほしい。

後手の持駒:飛 角 金 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ 歩 馬 金 ・ ・ 歩|四
| ・ 桂v桂 桂 歩v銀 ・v玉 ・|五
| 歩 歩 ・v桂 ・ ・v歩 ・ ・|六
| ・ 銀 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉v銀 ・ ・ ・ ・vと ・|八
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩三 
手数=152  △2八と  まで

2八と!
驚異の移動合。
手の意味は、2六合駒したときに、飛車切りされたときに、3七へ抜けるルートを開けるという意味。
1分将棋でこの手をさせるのは驚異的だ。

後手の持駒:飛 金 歩六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ 歩 馬 金 ・ ・ 歩|四
| ・ 桂v桂 桂 歩v銀 ・v玉 ・|五
| 歩 歩 ・v桂 ・ ・v歩v角 ・|六
| ・ 銀 ・v金 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ 玉v銀 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩四 
手数=154  △2六角  まで

この瞬間に3七とが存在すると、飛車切りから詰んでしまう。
以降は、石井五段が逃げ切り勝利。
渡辺棋王相手にジャイアントキリングとなった。

右玉が超強豪相手に通用した事実は、右玉党の大きな力になるだろう。
石井五段は、今後も応援していきたい。