新人王戦トーナメントで伊藤匠三段が対振り右玉を採用!

プロの右玉

新人王戦の谷合廣紀三段と伊藤巧匠三段戦で、伊藤三段が振り飛車相手の右玉を採用したので紹介したい。
新人王戦は、26歳六段以下の若手棋士、奨励会三段成績上位者と赤旗名人、女流枠がある公式棋戦。昨期は藤井聡太七段が優勝したことにも話題となった。

振り飛車相手には糸谷流右玉という作戦もあるが、本局は雁木右玉に。

第50回新人王トーナメント戦 谷合廣紀三段 vs伊藤巧匠三段戦

四間飛車 vs 右玉の戦いに

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v金 ・v歩v歩|三
| ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 銀 ・ 金 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 飛 ・ ・ 銀 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ 金 玉 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=32  △6二玉  まで

先手は右四間模様から四間飛車に振り直したことに対して、後手は右玉で対抗。7八金型にする糸谷流右玉ではなく、雁木右玉だ。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v金v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 銀 ・ 金 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 角 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=39  ▲5九角  まで

先手はさらに7筋に飛車を振り直して三間飛車に。右玉側は3三桂跳ねで、攻めの態勢を整える。
角筋は止まるが、1三角もあるほか、桂馬を跳ねれば最終的に角筋は通る。

また、先手は一度8六角として8五歩を誘った。この手の意味は、将来的に9五角と飛び出す手を生じさせるということだろう。

右玉の後手から開戦

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v金v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ 銀 ・ 金 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 角 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=40  △4五歩  まで

後手の右玉から4五歩と開戦。ここから、同歩、6五歩、3三歩、6六歩、同銀、4五桂と好調な攻め。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v金 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩 ・v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ ・ ・ 金 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 飛 ・ ・ ・ 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 角 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=46  △4五桂  まで

桂馬を跳ねた瞬間、6六の銀に角が当たる。
感想戦では3三桂のときに、4四歩が指摘されたとのこと。たしかにそれなら角筋が止まるため互角。
現局面は後手が若干良さそうだ。

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂 ・v銀v金 ・v歩 ・|三
| ・ ・ 飛 ・v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・v角 歩 金 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ ・ ・ ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 銀 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 角 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩四 
手数=54  △4八歩  まで

少し進んだ局面。この4八歩打がソフトも推奨するセンスのある一手。
この歩を取ると、角と金いずれでも5七桂成がある。

後手の持駒:銀 桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂 ・v銀v金 ・v歩 ・|三
| ・ ・ 飛 ・v歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・v角 歩 金 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ ・ ・ ・ 銀 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 玉 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 角 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩五 
後手番
手数=59  ▲4九金  まで

少し進んで4九歩成、同金としたところ。
ここが一つの分岐点だったかも知れない。
本譜は5三金と飛車に当てたが、9九角成や1五桂打がソフトの読み。
ここから形成は先手に傾いていく。

最後は25手詰みで終了

後手の持駒:角 歩五 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・v桂v玉v銀 ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・ 歩v銀 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・v歩 ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 金 ・ 銀 玉 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・v金 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 金二 銀 桂 歩 
手数=96  △4五桂  まで

上の局面は4五桂打として下駄を預けたところ。
後手玉には25手詰みがある。豊富な持駒を使って詰みあげてほしい。

脊尾詰みによる詰み結果の一例

実戦は、7三歩成、同玉、7四歩打、同玉、5二角打、6三角打、同角成、同玉、7五桂打で、後手の伊藤三段の投了となった(以下図)。

後手の持駒:角 歩七 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩 ・ ・v玉v銀 ・ ・v歩 ・|三
| ・ ・ ・v銀 ・ ・v歩 ・v歩|四
| ・v歩 桂v歩 ・v桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 ・ ・ 金 ・ 銀 玉 歩|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・v金 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:飛 角 金二 銀 桂 
後手番
手数=105  ▲7五桂  まで

同銀とすると5五桂打から11手詰みとなる。
以上、残念ながら右玉が負けてしまったが、中盤までは後手の右玉が互角~優勢という局面もあった。伊藤三段には、また右玉を採用してほしい。