将棋連盟公式サイトで対振り右玉を紹介

サイト紹介

将棋連盟の将棋コラムのコーナーで、対振り飛車の右玉が紹介されていた。講師は杉本和陽四段。

金の上がり方が相居飛車の場合と微妙に違う?対振り飛車右玉の特徴と組み方とは【玉の囲い方 第55回】

参考棋譜は昭和50年からと古め(笑)

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・v金v玉 ・ ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v桂v銀v銀v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 角 ・ 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ ・ 銀 飛 ・ 金 ・ 銀 香|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ 金 桂 玉|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=3  △8一飛  まで

いわゆる糸谷流右玉に近いが、金が3二にいる場合はそう言わないかも知れない。ちなみにソフトの評価値は互角から右玉やや良し。

次回以降も対振り飛車の右玉の解説ということで期待したい。最近ではプロ棋戦でめっきり見なくなってしまった形なので、そろそろ誰か指してほしいところ。
(対振り飛車右玉が悪いというわけではなく、ほかの対策が優秀なせいだとは思うけど)