A級順位戦で佐藤九段が雁木右玉で勝利!

プロの右玉

2018年11月22日に開催されたA級順位戦の大舞台で、佐藤康光九段が雁木右玉を採用した。
佐藤九段は現将棋連盟会長。羽生世代の強豪で、独創的な序盤が魅力。
対する三浦九段もA級の強豪。ソフト冤罪事件で被害も受けたが最近は復調中。

棋譜は以下からどうぞ。
2018-11-22 その他の棋戦三浦弘行 九段 vs. 佐藤康光 九段 null

佐藤九段、雁木右玉へ

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・v金v角 ・|二
|v歩 ・v歩v歩v銀v銀 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 ・ 歩 ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 銀 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=20  △4三銀  まで

序盤は後手の佐藤九段が角換わりを拒否し、雁木模様に。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v金 ・ ・v金v角 ・|二
|v歩 ・ ・ ・v銀v銀 ・v歩v歩|三
| ・ ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ 銀 歩 歩 歩 ・|六
| 歩 歩 角 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=27  ▲4八飛  まで

対する三浦九段は右四間飛車で対抗する。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 角 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=36  △6二玉  まで

佐藤九段は玉を右へ。雁木右玉となった。この局面はほぼ互角。

右四間飛車からの仕掛け

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩 歩v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 銀 ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 角 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=37  ▲4四歩  まで

三浦九段が4四歩と取り込んで仕掛ける。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金 ・v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v銀v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 角 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=39  ▲4五銀  まで

同銀に4五銀とぶつけるのが継続手。
勢い同銀と取ってしまうと、2二角成、同金、4五桂と攻められる。
仮に4四歩と受けても5三銀打からゴリゴリ攻められて敗勢だ。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金 ・v銀 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v銀v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・v歩 銀 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 角 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=40  △5五歩  まで

というわけで、角筋を止める5五歩が好手。対右四間ではよくある手筋なので覚えておきたい。

後手の持駒:銀 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉 ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v桂v金 ・v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・v銀v歩 ・v歩|四
| ・v歩 ・ ・ 角 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩二 
手数=44  △4三歩  まで

4四銀、同銀、5五角に4三歩打。これでいったん先手の攻めが止まった。

三浦九段の攻め

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・v金 ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・v歩|五
| 歩 ・ 歩 角 ・ ・ 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
後手番
手数=57  ▲6六角  まで

続いては角交換から、6六角打とした局面。非常に受けにくい。

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v歩 ・v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・v歩|五
| 歩 ・ 歩 角 ・ ・ 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩 
手数=58  ▲3二金  まで

佐藤九段は1一角成を甘受する3二金。

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v歩v桂v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・v歩|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 香 歩 
手数=60  △3三桂  まで

1一角成に対して、3三桂。これが飛車で馬取りになる。というわけで、三浦九段は1五香とした。この時点ではやや先手有利か。

佐藤九段、両端から攻める異筋の攻め

後手の持駒:角 銀 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v歩v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
|v歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 香|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・ ・ 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 香 歩二 
手数=62  ▲7九角  まで

佐藤九段は9五歩と端歩で攻める。玉が近いだけに、右玉からは攻めにくい筋だが、相手の弱点でもある。

後手の持駒:角 銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v歩v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 香|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ ・|七
| ・v歩 金 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 香 歩三 
手数=64  △8八歩  まで

同歩に8八歩打。
同玉は危険地帯に誘えるし、同金なら壁になる。端歩とセットにしたい。

ここで右玉の次の手が非常に難しいが、佐藤九段らしい手が出た。

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・v桂v金v銀v歩v桂v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・|四
| 歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・ 香|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 歩 ・|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・v角|七
| ・ 金 ・ 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 香 歩四 
手数=66  △1七角打  まで

1七角打!
戦場から遠くぼんやりとした手。好手とはいえないかもしれないが、本局は結果的にはこの角が生きることになった。

佐藤九段、一気に寄せ切る

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ 杏|二
| ・ ・v桂v金 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・v桂v歩v歩 ・v銀v歩 ・ ・|四
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩v馬 ・|六
|v歩 歩 銀 歩 歩 香 ・ ・ ・|七
| ・ 金 ・ 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:桂 歩四 
後手番
手数=79  ▲4七香  まで

局面は先手が4七香と打ったところ。局面は互角。

後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ 杏|二
| ・ ・ ・v金 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・v桂v歩v歩 ・ 香v歩 ・ ・|四
| 歩 ・ ・v桂 ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩v馬 ・|六
|v歩 歩 銀 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ 金 ・ 銀 ・ 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 金 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩四 
後手番

手数=79  ▲4四香  まで

6五桂、4三香と攻め合いに。

後手の持駒:銀二 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ 杏|二
| ・ ・ ・v金 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 香v歩 ・ ・|四
| 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・v桂 ・ ・ ・ 歩v馬 ・|六
|v歩 歩 金 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ 銀 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂二 歩五 
手数=84  △7六桂  まで

以下、7七桂成、同金、5八歩打!、同金、7六桂。
同金とすると、8七飛成があるので、この桂は取りにくい。

後手の持駒:銀二 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ 杏|二
| ・ ・ ・v金 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 香v歩 ・ ・|四
| 歩 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・v桂 ・ ・ ・ 歩v馬 ・|六
|v歩 歩 金 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ 銀 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩五 
後手番
手数=85  ▲5五桂  まで

というわけで、三浦九段は5五桂打と攻め合いを選択。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・v金 ・ 杏|二
| ・ ・ ・v金 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 香v歩 ・ ・|四
| 歩 ・ ・ ・ 桂 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩v馬 ・|六
|v歩 歩 金 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・v銀 ・ ・ 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀 ・ 玉 ・v銀 ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂二 歩五 
手数=92  △3九銀  まで

8八銀打、6九玉、6八桂成、同玉、7九銀打、5九玉、3九銀打まで決める。
先ほどの5八歩打、同金は5一玉と逃げさせて馬筋に入れる意味だったのだろうか? それならかなりすごい読み。

この局面では後手に詰みはない。

後手の持駒:桂 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v玉 ・ ・ ・ ・v金 ・ 杏|二
| ・ ・ ・ 金 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 香v歩 ・ ・|四
| 歩 桂 ・ ・ 桂 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩v馬 ・|六
|v歩 歩 金 歩 歩 ・ ・ ・ ・|七
| ・v銀 ・ ・ 金 飛 ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀 ・ 玉 ・v銀 ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 歩五 
後手番
手数=99  ▲8五桂  まで

三浦九段は8五桂打まで進めて首を差し出す。先手玉には9手詰めがあるので、考えてみて欲しい。

後手の持駒:飛 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v玉 ・ ・ ・ ・v金 ・ 杏|二
| ・ ・ ・ 金 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 香v歩 ・ ・|四
| 歩 桂 ・ ・ 桂 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩v馬 ・|六
|v歩 歩 金 歩 歩v桂 ・ ・ ・|七
| ・v銀 ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀 ・ 玉 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀二 歩五 
手数=102  △4七桂  まで

正解は、4八銀成(不成も可)、同金、4七桂。
三浦九段はここで投了。

以下、4九玉、3九飛打、5八玉、5九桂成、4七玉、3六飛成まで。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 馬|一
| ・v玉 ・ ・ ・ ・v金 ・ 杏|二
| ・ ・ ・ 金 ・v歩 ・v歩 ・|三
| ・ ・v歩v歩 ・ 香v歩 ・ ・|四
| 歩 桂 ・ ・ 桂 ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v龍v馬 ・|六
|v歩 歩 金 歩 歩 玉 ・ ・ ・|七
| ・v銀 ・ ・ ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂v銀 ・v圭 ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀二 歩五 
手数=108  △3六龍  まで

以上が詰め上がり図。

というわけで、佐藤九段が雁木右玉を採用して勝利した一局でした。
対右四間の受け方としても参考になったかも知れない。