畠山鎮七段、相掛かりから右玉へ変化!

プロの右玉

2018年12月3日に開催された朝日杯将棋オープンの二次予選山崎隆之八段-畠山鎮七段戦で、畠山鎮七段が相掛かりからの右玉を採用してくれた。

畠山鎮七段といえば、双子の棋士として有名。「マモルは攻める」という言葉がある通り、攻め重視の棋風だ。
一方の山崎八段は、元祖関西の王子。過去にはNHK杯で羽生竜王相手に右玉を披露したこともある(参考棋譜)。

というわけで、棋譜はこちらからどうぞ。

2018年12月3日 第12回朝日杯将棋オープン戦二次予選山崎隆之八段 対 畠山鎮七段

Flashが開けない人はこちら。
https://migigyoku.com/kifu/kf.php?kifu=20181203_1000.kif

序盤は相掛かり模様

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・v飛v銀 ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩v歩 ・ ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 歩 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ ・ 銀 飛 ・|八
| 香 桂 銀 ・ 玉 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=14  △8六歩  まで

序盤は相掛かり。このあと右玉になるとは思えない局面。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金v玉 ・v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v角 ・|二
| ・ ・v歩 ・v歩v歩 ・v歩 ・|三
|v歩v飛 ・v歩v銀 ・v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 ・ 玉 金 ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=30  △5四銀  まで

後手は腰掛け銀に。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・ ・v玉 ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・v金 ・ ・v角 ・|二
| ・ ・ ・v銀 ・v銀v金v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 銀 飛 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 銀 玉 ・ 金 ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
後手番
手数=53  ▲4六銀  まで

相手の手を受け流しつつ、右玉的な感じになる。

後手、右玉へ

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v飛 ・v玉v金 ・ ・v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v金v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 銀 飛 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 銀 玉 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=56  △6二玉  まで

ついに玉が右へ。対して先手は中住まい。局面は互角。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・ ・v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・v角 ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v金v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 銀 飛 ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 銀 ・ 金 ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=58  △8一飛  まで

後手、ついに右玉へ。金が3三に上ずっている以外はオーソドックスなスタイルだ。局面はやはり互角。後手としては悪くない。

先手にスキができるが見逃す

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v角v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v金v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 飛 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
後手番
手数=67  ▲7七銀  まで

先手が7七銀と上がったところ。ソフトによると、ここで先手陣にスキがあったようだ(+500ほどの評価になる)。
後手を持って次の一手を考えてみて欲しい。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v角v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v金v歩 ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 飛 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ 金 ・v歩 ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=68  △3八歩  まで

正解は、3八歩打!
ぱっと見て2五桂と跳ねるのが幸便のように見えるが、2四金とされると2八の歩を払う暇がない。
3八歩に対するソフトの最善手は、なんと6八銀! 7七に移動したばかりの銀を戻す手。
以下、3九歩成、4五桂!とするのがソフトの読み。

本譜は3八歩ではなく、2四歩だった。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v角v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・v桂v銀 ・v銀v金 ・ ・|三
|v歩 ・v歩 ・v歩v歩 ・v歩v歩|四
| ・ ・ ・v歩 ・ ・ 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ 銀 飛 ・ 歩|六
| ・ 歩 銀 歩 ・ 歩 桂 ・ ・|七
| ・ 角 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 ・ 玉 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩二 
手数=68  △2四歩  まで

ソフト的には次善手で、これも悪くはなさそう。

右玉優勢も痛恨の悪手

後手の持駒:銀二 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v角v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀 ・ ・v金v歩 ・|三
| ・v歩v歩 ・ ・v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩v歩 ・ 歩 歩 ・|五
|v歩 ・ 歩 飛 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 桂 ・ ・|七
| 歩 ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ 角 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩 
後手番
手数=107  ▲6六飛  まで

少し進んで、先手の飛車が6筋に回った局面。この場面の評価値は右玉に+700以上。しかし、次の手が悪手だった。

後手の持駒:銀二 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v角v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v金v歩 ・|三
| ・v歩v歩 ・v銀v歩 ・ ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩v歩 ・ 歩 歩 ・|五
|v歩 ・ 歩 飛 ・ ・ ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 桂 ・ ・|七
| 歩 ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ 角 ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 桂 歩 
手数=108  △5四銀  まで

4六桂と打たれてしまい、再び6二銀とバックすることに。評価値は互角に戻る。

後手の持駒:歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v角v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀 ・v銀 ・v歩 ・|三
| ・v歩v歩 ・ 歩v歩 歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ 歩v歩 ・ ・ 歩 ・|五
|v歩 ・ 歩 飛v銀 桂 ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 歩 桂 ・ 角|七
| 歩 ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
後手番
手数=117  ▲6七銀  まで

続いては、先手が6七銀打としたところ。

後手の持駒:歩三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v飛 ・ ・ ・ ・v角v桂v香|一
| ・ ・v玉v金 ・ ・v金 ・ ・|二
| ・ ・ ・v銀 ・v銀 ・v歩 ・|三
| ・v歩v歩 ・ 歩v歩 歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・v銀v歩 ・ ・ 歩 ・|五
|v歩 ・ 歩 飛 ・ 桂 ・ ・ 歩|六
| ・ 歩 ・ 銀 ・ 歩 桂 ・ 角|七
| 歩 ・ 金 ・ 金 ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=118  △6五銀  まで

右玉は6五銀としたが、これも悪手。
形成は一気に先手に振れてしまった。

以降は、お互いに緩手はあったものの、先手が優勢を維持したまま勝利となった。

しかし、相掛かりから右玉にする発想は面白いし、中盤まで優勢だったので作戦としてはよかったとおもう。