2020年2月更新! 現在最強将棋エンジン白ビールこと「Kristallweizen改0.4」を導入する

将棋ソフト
2019/09/06追記
新しい評価関数「Kristallweizen改」が公開されています。
https://github.com/Tama4649/Kristallweizen/
※Githubのリンクも修正しました。

2020/01/04追記
2019/12/27にリリースされた「Kristallweizen改V0.4」に合わせて書き直しました。1/5に探索部の導入方法を修正。
2020/02/14追記
2020/02/14にやねうら王アップデートを取り込んだバイナリが公開されたので、合わせて修正しました。

ロタ氏の計測によれば、第29回世界コンピュータ将棋選手権(WCSC29)で準優勝した白ビールこと「Kristallweizen」がレートを更新したとのこと。

以下は作者様のツイート。

レーティングがR4436とは驚き……。

2020/01/04追記
KristallweizenのREADME.mdより

Kristallweizen改(評価関数のみ)その4 リリース

Kristallweizen_kaiV0.4.zip

2エンジン対局用のスクリプトのテストのために即席で作った評価関数ですが、水匠改2とほぼ同等の
結果が出たみたいなので、参考までにこっそり公開しておきます。
作成方法については来年の選手権のこともありますし、現在は非公開でw

というわけで、最新のKristallweizen改0.4の導入方法を紹介したい。

探索部をインストール

はじめに、探索部をインストールしておこう。

KristallweizenのGitHubのページを開き、「Kristallweizen-200214-avx2.exe」をクリックする。

CPUがAVX2に対応していない場合は「Kristallweizen-200214-sse42.exe」をダウロードしよう。よくわからない場合は、「Kristallweizen-200214-avx2.exe」を試してみてエラーが出るなら「Kristallweizen-200214-sse42.exe」にすればよい。




「Download」をクリックすれば、「Kristallweizen-200214-avx2.exe」がダウンロードされる。


任意のフォルダを作成し、「Kristallweizen-200214-avx2.exe」をコピーしておく。ここでは、Cドライブの下に「engine」フォルダを作成し、さらにその中に「Kristallweizen」フォルダを作り、その中に、「Kristallweizen-200214-avx2.exe」を保存している。

以上で探索部のインストールは完了だ。

評価関数Kristallweizen改v0.4をインストール

続いて評価関数Kristallweizen改v0.4をインストールしよう。


KristallweizenのGitHubのページを開き、「Kristallweizen_kaiV0.4.zip」をクリック。


右下の方にある「Download」をクリックすれば「Kristallweizen_kaiV0.4.zip」がダウンロードされる。


「Kristallweizen_kaiV0.4.zip」を解凍しよう。WinRARのほか、Lhaplus、Windows標準機能でも解凍できる。「eval」フォルダが作成され、中には「nn.bin」が入っている。


先ほどのフォルダに「eval」フォルダをコピーする。「eval」と「Kristallweizen-200214-avx2.exe」が同じフォルダ内にあればOKだ。




「eval」フォルダを開くと、「nn.bin」というファイルがあるので「beer.bin」というファイル名に変更する。

以上で評価関数の準備は完了だ。

ShogiGUIにエンジンを登録する


ShogiGUIを起動し、メニューから「ツール」→「エンジン設定」を選択する。
※ShogiGUIをインストールしていない場合は、以下のエントリを参考にしてほしい。

将棋ソフト「ShogiGUI」をインストールする
ShogiGUIの詳細なインストール手順を解説


「追加」ボタンをクリックする。


ファイル「Kristallweizen-200214-avx2.exe」選択し、「開く」をクリックする。


「エンジン名」はわかりやすいものに変更してもよいが、このままでもよい。「OK」をクリックする。


最後に「OK」をクリックして設定は完了だ。

Kristallweizen改v0.4で局面を検討する


検討したい局面で、「検討」をクリックする。


エンジン設定で「Kristallweizen TOURNAMENT」を選択し、思考時間等を設定して「検討開始」を選ぶ。


検討がはじまる。対局や棋譜解析でもエンジンを「Kristallweizen TOURNAMENT」にすればOKだ。

以上、Kristallweizen改v0.4の導入方法でした。

「初期化エラー」が出る場合

上の画面写真のような「初期化エラー」が出る場合、まずはフォルダ名・ファイル名を確認したい。ファイル名が1文字でも間違っていると動作しない可能性がある。

  • 「Kristallweizen-200214-avx2.exe」と同じフォルダ内に「eval」フォルダがあるか。名前は正しいか。
  • エンジンの設定は「Kristallweizen TOURNAMENT」になっているかどうか。
  • 「eval」フォルダ内のファイルは「beer.bin」になっているかどうか。

ファイル名が正しい場合は、探索部を「Kristallweizen-200214-avx2.exe」ではなく、「Kristallweizen-200214-sse42.exe」にしてみてほしい。

タイトルとURLをコピーしました