糸谷流右玉の駒組みと序盤の注意

糸谷流右玉

対振り飛車の右玉として有名なのが、糸谷八段が奨励会時代に考案した「糸谷流右玉(いとだにりゅうみぎぎょく)」だ。
プロでは滅多に見かけないが、アマチュアでは人気の戦法として確立されている。
今回は対四間飛車の糸谷流右玉の序盤のくみ上げ方と、注意点を解説しよう。

まずは上の盤面を動かしてほしい(表示に時間がかかる場合もあり)。
流れを掴んだら、注意点となる局面をいくつか解説していく。

図1 早めの4五歩突きに対しては糸谷流を断念

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=12  △4五歩  まで

3三桂を見て、4五歩と仕掛けてくる相手は、多くはないものの存在する。
この手を指されたら、糸谷流右玉には組めないので断念し、6八玉と左に囲おう。
4六歩、同歩、同飛と歩交換をしてきたら、そこで3三角成。

後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・v玉 ・ ・ ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ 馬v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・v飛 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ ・ 玉 ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 ・ 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:角 歩 
後手番
手数=17  ▲3三馬  まで

同桂、5五角に、4三飛なら、2四歩が間に合い、先手優勢。
3六飛が最善だが、ここで3三角成と飛びつくと、4七歩打がやや厳しい(それでも若干有利だが)。
というわけで、3六飛でも、2四歩と攻めていくのがおすすめ。

図2 桂馬が利いている状態の仕掛けも注意

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・ ・v玉 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=14  △4五歩  まで

序盤、桂馬が利いていても積極的に仕掛ける手がある。こちらについては、以下のエントリを参考にしてほしい。

糸谷流右玉序盤の注意点の1つ、角交換からの仕掛け
糸谷流右玉の序盤の注意点は以下のエントリ(図2)で紹介しているが、振り飛車からの狙いのひとつ、角交換からの桂跳ねの対応について解説したい。桂馬が効いている中の仕掛け。十分注意したい筋だ。

図3 4七銀時点の攻めは角の取り方に注意

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v玉 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・v角v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=16  △4五歩  まで

4七銀では、3八金も有力だが、ここでは4七銀と上がった場面を。
振り飛車が4五歩と開戦してくるケースもある。
正しい対応は同桂。対して8八角成とした画面。

後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金 ・v金v銀v桂v香|一
| ・v玉 ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・ 歩 ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ 歩 歩 ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 銀 ・ ・ 歩|七
| ・v馬 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 
手数=18  △8八馬  まで

ここで同銀と取ってしまうと、3七角が王手飛車。同飛と取れば、居飛車側が指せるので注意するように。
(3二金を優先すれば、王手飛車はない)

図4 歩を狙う4五歩突きは怖くない

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩 ・v歩 ・v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・v歩v銀 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 桂 ・ 歩 銀 桂 ・ 歩|七
| ・ 角 銀 ・ ・ 玉 金 飛 ・|八
| 香 ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=28  △4五歩  まで

6六の歩が浮いたところで、4五歩の仕掛け。ここでも4五桂と取ろう。6六角は5三桂成がある。
振り飛車が5二金と備えてきた場合は、6六角が成立するが、2四歩と2筋からの逆襲がある。

図5 糸谷流右玉テーマ図

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v桂v金v歩 ・v角v歩 ・|三
|v歩 ・v歩v歩v銀v歩v歩 ・v歩|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩 歩 ・ 歩|六
| ・ 歩 桂 銀 歩 銀 桂 ・ ・|七
| ・ 角 ・ 金 ・ 玉 金 ・ ・|八
| 香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 飛 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
手数=36  △1四歩  まで

図4は糸谷流右玉のテーマ図。右玉側の攻めは、9七角と覗くのが一般的。
対して、振り飛車は銀冠への組み換え、飛車を3筋に展開、1筋の端攻めなどが考えられる。こちらは別記事で今後検証していきたい。

以上、糸谷流右玉の簡単な解説でした。